ゼノサーガ エピソードⅡ(PS2)

■製作会社     ナムコ
■発売日       2004年
■プラットフォーム プレイステーション2
■ジャンル      ロールプレイングゲーム
■評価
・総合         F+
・オリジナリティー C+
・グラフィックス   C+
・サウンド      D+
・熱中度       E
・満足感       E
・快適さ       G
・難易度       7

■プレイ時間
・25時間程度(通常クリアまでプレイ)

■概要
・ゼノサーガ三部作のうちの二作目。
グラフィックやエフェクト、軽快なテンポや戦闘システムをウリにしている、
SFロールプレイングゲーム。

■良いところ
・背景やメニュー画面などのグラフィックの出来は良い。
・前作と比べBGMが使われる部分が増えた。
・熱い展開は無くは無い。

■悪いところ
・通常技が少なくバリエーションに欠け飽きやすい。
・戦闘前に画面が数回止まるためテンポが悪く感じる。
・戦闘時などに処理落ちがあるときがある。
・バランス調整が甘いのか戦闘が非常に長い。
・前作をプレイしないとよくわからない部分がある。
・マップ上の敵配置が悪く確実に倒さないといけないことがある。
・移動速度が遅くテンポが悪く感じられる。
・やや読み込み速度が遅い。

■人を選ぶところ
・癖のある戦闘システムは慣れないと難しいが対策さえとれば簡単になる。
・キャラクターがややリアル化された。
・ほとんどのスキルは誰でも習得可能なためキャラごとの個性は薄れるがカスタマイズ性はある。
・謎解きが多い。
・ショップが存在しないためアイテムが貴重となり戦略性は向上するが初心者には厳しくなっている。
・ゲーム内容が暗めであること。

■総評
・このゲームはテンポをウリにしているわりにはテンポが悪く、
敵の配置や性能などのせいでストレスがたまる構造になっている。
どうしても勝てないバランスというわけではなく敵の体力が異様に高いせいでどうしても時間がかかってしまう。
しかもこのゲームのシナリオは続編のⅢに繋がっているのではなく、
シナリオが改変されたニンテンドーDSのゼノサーガI・IIから繋がっているので、
ストーリーを完全に理解するのであればDS版をやった方がいいだろう。
しかしグラフィックや細かい要素を楽しみたいのであればPS2版がおすすめだ。

■改善策
・DS版で修正されているため必要は無い。

ゼノサーガ I・II(特典無し)



ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]


ポケモンスタジアム2(N64)

■製作会社     任天堂
■発売日       1999年
■プラットフォーム ニンテンドウ64
■ジャンル      対戦&図鑑
■評価
・総合        A+
・オリジナリティー C
・グラフィックス    B
・サウンド      B
・熱中度       B
・満足感       A
・快適さ       C+
・難易度       6

■プレイ時間
・50時間以上?

■概要
・前作のポケモンスタジアムの続編というより完全版である。
前作の全ての不満点を解消しミニゲームやバトルルールなどが大量に追加されている。

■良いところ
・前作の良いところをそのまま引き継いでいる。
・前作の悪いところを全て改善している。
・ミニゲームが追加され息抜きができるようになった。
・対戦モードが多数追加され幅広いゲーム性が生まれた。
・全ポケモンを使用可能になった。
・難易度が高い裏モードも登場しやりこみ度が大幅に上昇した。
・初心者にも優しく表モードが簡単になっているところ。

■悪いところ
・基本的には見当たらない。

■人を選ぶところ
・無いと思われる。

■総評
・前作のポケモンスタジアムの悪いところを全て改善した、
ゲームとして完璧に近い作品である。
もはや何も言うことは無い。

■改善点
・ほぼ完璧なので無い。

ポケモンスタジアム2




ポケモンスタジアム金銀クリスタルバージョン対応


ポケモンスタジアム(N64)

■製作会社     任天堂
■発売日       1998年
■プラットフォーム ニンテンドウ64
■ジャンル      対戦&図鑑
■評価
・総合        E
・オリジナリティー D
・グラフィックス    B
・サウンド      B
・熱中度       E
・満足感       G
・快適さ       E
・難易度       6

■プレイ時間
・10時間未満。

■概要
・ポケットモンスター赤、緑などで育てたポケモンを、
1997年から1998年にかけて行われた公式大会と同じルールで楽しむことが出来る。
特殊な条件を満たすことでポケモンGBを倍速プレイができるモードなどが追加される。

■良いところ
・全てが3Dになり演出面もかなり素晴らしい。
・64カセットにGB版の一部のデータを保存できる。

■悪いところ
・ポケモンを40種類しか使用することが出来ない。
・対戦モードが二種類しかない。
・レベル制限無しのフリー対戦が出来ないなど不便な点がたくさんある。

■人を選ぶところ
・ないと思われる。

■総評
・これは対戦ツールなのだがポケモンを40種類しか使えないという、
重大な欠点があり対戦ツールとして成り立っていない。
さらに対戦にレベル制限というのもありこれも重大な欠点となっており、
もはや自由にプレイさせる気のないゲームである。
これをやるぐらいであれば続編のポケモンスタジアム2以降を手に取ったほうが良い。

■改善策
・続編で全て改善されたので必要はない。

ポケモンスタジアム




ポケモン バトルレボリューション



ファイナルファンタジーXII(PS2)

■製作会社     スクウェア・エニックス
■発売日       2006年
■プラットフォーム プレイステーション2
■ジャンル      ロールプレイングゲーム
■評価
・総合        C+
・オリジナリティー B
・グラフィックス    A+
・サウンド      A
・熱中度       C
・満足感       C
・快適さ       C+
・難易度       5

■プレイ時間
・100時間以上(クリアと多少のやりこみ)

■概要
・戦争を背景に強大な石をめぐり、イヴァリースを駆け抜けた人々の物語。
今までのファイナルファンタジーとは違い戦闘や移動が共存するシステムが採用されている。
今回は主人公が一番重要な役をするのではなく他の仲間達がメインとなり、
ストーリーが進んでいくという画期的な内容にもなっている。

■良いところ
・いろいろなサブダンジョンがありやりこみ要素が多い。
・グラフィックはPS2の中でも非常に高く細かく作られている。
・BGMの中には前作のアレンジ曲があり凄く出来が良く今作のBGMも出来が良い。
・ガンビットシステム(味方CPUの簡易AI)を作れ使いこなすと思い通りに動く。
・ミニゲームやサブイベントなどが非常に多く飽きにくい。
・ステージがほとんど繋がっている為非常に快適に感じる。

■悪いところ
・ガンビットを極めすぎるとオートで勝ててしまう。
・街の中は主人公しか操作できない。

■人を選ぶところ
・一部キャラクターの空耳が面白いかどうか。
・バトルシステムの完全変更。
・キャラクターデザインやストーリーの内容が昔のFFとは大幅に違う。
・主人公の影が薄いこと。
・LPは序盤から終盤にかけて相手からとれるポイントがほぼ同じ。

■総評
・かなり完成度が高く良い出来なのだが今までとは違うFFであった。
強いて悪いところをあげるのであればストーリーがややいびつな形になっているところか。
戦闘部分に関して言えばかなり出来がいいが合わない人には合わない出来ではある。
中身が十分良いがキャラデザやストーリーそして世界観の部分は満足はしきれない出来だ。
次は昔のようなFFをもう少し意識すればよくなるかもしれない。

■改善策
・そんなにはないが最近は作風がずれてきている。
作風がこのままずれすぎてしまうとタイトルのみがFFで別のゲームになってしまう。
戦闘方法がまず今までとは違いすぎて外伝にも見えてしまう。

ファイナルファンタジーXII(特典無し)




アルティメットヒッツ ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム


ブレス オブ ファイアV ドラゴンクォーター(PS2)

■製作会社     カプコン
■発売日       2002年
■プラットフォーム プレイステーション2
■ジャンル      RPG
■評価
・総合         C+
・オリジナリティー  A+
・グラフィックス    D+
・サウンド       C
・熱中度       B+
・満足感        D+
・快適さ       C-
・難易度       7

■プレイ時間
・100時間以上(通常クリア+一周目で1/4【最高ランク】でクリア)

■概要
・今までのブレスオブファイアとはことなり、
一周あたりのプレイ時間は短いがやりこみ要素が深い作品となっている。
たとえばDカウンターという時間制限のようなものから、
シナリオオーバーレイという繰り返しゲームプレイすることによって、
隠されたストーリーや隠し要素などを出すことが出来るといったものである。

■良いところ
・RPGなのに何周も繰り返しプレイできるように作られているところ。
・コツをつかめば非常に楽しめるところ。
・一部アイテムを持ち越すことができるためアイテムを集める楽しみがある。
・技のバリエーションが非常に多く動きが多い。
・やりこみ要素が非常に多い。
・ムービーは少ないが質は良い。

■悪いところ
・PS2としてはグラフィックは微妙なライン。
・登場キャラが前作までと比べ少ない。
・1ターンごとにアイテムを使用できる回数が決められていないことでバランスが崩れているところ。
・主人公の技バランスが悪い。(LV1技が中盤以降強くなりすぎでLV3技が弱い部分が多すぎる。)

■人を選ぶところ
・主人公やゲーム構成などのデザインが前作までとは大幅に違うところ。
・奇抜な戦闘方法が受けるかどうか。

■総評
・ブレスオブファイアの続編で無いように思われるがナンバリングタイトルである。
そのせいか賛否両論の部分が多いのだが単体で見るとそれなりに優れているゲームである。
ストーリーはそこそこ良く戦闘部分はもっとうまく練りこまれていれば大きく化ける。
やりこみ要素が非常に多く飽きにくいがバランスが悪いので一部分さえやれば完璧にすぐなってしまう。
いろいろな問題は抱えているが非常に面白いという人もいればそうでない人がいる、
非常に人を選ぶゲームとなっている。
戦闘などの素材が非常に良いため次が出るとするなら凄く良い出来になりそうだと期待している。

■改善策
・隠しダンジョンに行くとき現在のメンバーでいけるようにしてもらいたい
スポット参戦のキャラをつれてこれればもっと楽しめたのかもしれない。

・装備ごとに服装を変えてほしい
短いゲームなのだから変わってほしかった。

・行動回数などの改善
アイテムの使用回数を1ターンに1回というバランスに調整したほうがスリルがあって楽しそうだ。
あと攻撃回数を1ターンに5回で最大10回までためれるというシステムも追加してほしい。
APの続く限り攻撃じゃちょっと強すぎると思った。

・ゲームバランスの改善
このゲームは主人公の技の技威力がバランスを取れているわけではないので、
LV2技、LV3技を中心に調整すれば使用する価値が増えると思われる。
あと、合成技が主人公に一種類しかないのが非常に気になった。

ブレス オブ ファイア V ドラゴンクォーター



ポケットモンスター緑(GB)

■製作会社     ゲームフリーク(発売会社は任天堂)
■発売日       1996年
■プラットフォーム ゲームボーイ
■ジャンル      ロールプレイングゲーム
■評価
・総合         B-
・オリジナリティー A+
・グラフィックス   C
・サウンド      B-
・熱中度       B
・満足感       B
・快適さ       D
・難易度       3

■プレイ時間
・200時間以上

■概要
・一人の少年とライバルがオーキド博士からポケモンをもらい、
150種類のポケモンを捕まえて図鑑を完成させるゲーム。
基本的なゲームクリア目標は8つのポケモンジムで勝利し、
ポケモンリーグに出ることである。
(実際はもう一種類存在する。)

■良いところ
・ポケモンを集めて戦うという固定の仲間というのは存在しないシステムが斬新。
・ポケモンの種類が非常に多彩で楽しめる。
・ミニゲームが意外と楽しかったりする。
・ポケモントレード(他人とポケモン交換)という斬新な要素がある。
・対戦では戦略があって良い。
・エフェクトやBGMやキャラデザが良い。

■悪いところ
・移動速度やゲームテンポが遅く悪い。
・クリア後のやりこみで資金の増やし方が四天王のみになるところ。
・一度戦ったトレーナーやジムリーダーなどとまた戦うことが出来ない。
・ストーリーが薄すぎる。
・特定の属性のキャラが弱すぎるなどゲームバランスの悪さが非常に目立つ。
・努力値の上限が高すぎて単純なことをする時間が長すぎる。

■人を選ぶところ
・固体値があってやりこみ自体が運でほぼ固められてしまうところ。
・レアモンスターの出現率が非常に低い。

■総評
・昔のポケットモンスターなのだが最近のポケモンよりデザインが非常に良い。
ストーリーはほぼ無いのだが結構楽しめる要素があったので、
対戦ツールとしては非常に楽しめる品ではあるのだが、
強すぎる属性と弱すぎる属性というのがありバランス自体は結構悪かった。
なのだが完成度はこの頃の携帯機にしては最高クラスではあった。

■改善点
・移動速度やゲームテンポの改善
ドードリオGBというポケモンスタジアム2にある隠し要素で、
このゲームの速度を4倍速にすることができるというのがあるが、
これが無いとやりこみなんてやっていられない。
要するにゲームボーイ自体ではちょっと楽しみづらいのでもう少し早くしてほしい。

・悪いところの全改良
基本的に悪いところを全部改良していけば良くはなる。
(後期の作品ほどこれが修正されていっているが別のところが悪くなってしまっている。)

ポケットモンスター 緑




ポケットモンスター 赤




ポケットモンスター ホワイト




ポケットモンスター ブラック


ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君(PS2)

■製作会社     レベルファイブ(発売会社はスクウェア・エニックス)
■発売日       2004年
■プラットフォーム プレイステーション2
■ジャンル      ロールプレイングゲーム
■評価
・総合         C
・オリジナリティー D
・グラフィックス   C+
・サウンド      C
・熱中度       E
・満足感       D
・快適さ       D+
・難易度       4

■プレイ時間
・160時間程度(裏ボスまでクリア)

■ゲーム概要
・スクウェア・エニックスとして初めてのドラゴンクエスト本編の続編である。
いままでのドラクエと違い3Dになったことで全く別のゲームになったと思いきや、
いつものドラクエと同じような雰囲気を保っている。
ストーリーはいつもと同じく王道を貫いている。

■良いところ
・3Dになったとはいえドラクエらしさは健在。
・グラフィックの完成度は当時としては高い。
・ラスボスのBGMが良い。
・全体的なBGMはそこそこ。
・ある程度のミニゲームが完備されている。
・モンスターを使えるシステムが意外と良い。
・技のバリエーションはドラクエの中では多いほう。

■悪いところ
・もはやネタが古すぎて先がわかってしまうところ。
・ドラクエシリーズの中ではキャラデザインがださくてかっこ悪い。
・ストーリー部分が王道だが薄くありがちすぎる。
・魔王の次に真の敵が現れたというような稚拙な内容。
・クリアした後に裏ボスを倒すというありがちなことしかない。
・通常戦闘の音楽の出来が悪いので気分が乗らない。
・戦闘のテンポが悪いためイライラする。
・ゲーム中盤で船を手に入れたときに次の目的地がわかりにくく迷う。
・錬金釜のシステムがうまく練りきれておらず新アイテムを作りづらい。
・仲間が4人しかおらず戦略が固定されるだけではなくキャラ関係も濃密ではない。
・ムービースキップ機能が無い。
・微妙にロード時間が長い。

■人を選ぶところ
・最近のゲームをやっている人にとってはシステムが古くつまらない。
・戦闘システムは古い方式を採用しているのでとっつきやすいが奥が浅い。

■総評
・昔から有名なゲームの代表であるドラゴンクエストシリーズ。
ファミコン時代からプレステ2時代を生き抜いてきた長寿のシリーズなのだが、
そろそろドラクエシリーズは引退する時期にさしかかってきているのだろうか。
その理由はシステムがほとんど変わっておらず特にこの作品においては今までのシリーズとは違い、
3D化したもののこのドラクエには目立つ要素がこれしかないというのがまずかった。
確かにグラフィック部分やBGMや効果音は大幅に向上したがこれは進歩したハードウェアのおかげである。
今回はプレイステーション2のハードウェアの限界を試してみてドラクエの基本部分をつけただけの、
タイトルではなかったのだろうか。
一本のゲームとしては平均的な出来にハイレベルのグラフィックと音響効果をつけたした、
佳作程度の完成度ということだが次のドラクエが大幅に変わらなければ、
ありきたりすぎる内容から逃げられないのではないだろうかと思う。
まぁ低年齢をターゲットにしているのであればこのままでも問題は無いのだろうが。

■改善点
・今の時代を考えてみてはどうだろうか
あの大企業、スクウェア・エニックスならわかるはず。

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君




ドラゴンクエストIX 星空の守り人


最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(3/3現在)

人気PCパーツ2(2/11現在)

人気PCパーツ3(11/11現在)

人気アニメ(12/2現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報やレビューなどの情報を記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(2/21現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数