用途別おすすめ、主流のディスプレイの紹介、まとめ2016年版(性能、仕様別)

■説明
・モニターやディスプレイの数が非常に多くなり分かりづらくなったため、
最新または最近のディスプレイの中で特にお勧めできるものを、
性能や機能、用途別に紹介する事にしました。
(工事中)

■関連情報
液晶モニター、ディスプレイの性能比較表

■22~24インチのディスプレイ、モニターの用途等
・2016年現在の主流の画面サイズとなっておりフルHD(1920x1080)が主流で、
数少ないがWQHD(2560x1440)、4Kのものが存在している。
机に置いて使用するのに向いておりある程度の画面の大きさを求めるのならいいだろう。

BenQ GL2460HM(24インチ、TNパネル、解像度1920x1080、応答速度2ms)
・縦横比16:9、HDMI、DVI、D-Subを搭載しスピーカーも搭載している。
応答速度が早く省電力で基本的な機能を備えており安価となっている。
色の調整が必要な事やスピーカーの音質がそれほどではなく、
音質を求めるときは外部スピーカーを使う必要はあるが、
基本的な用途では十分な性能を持つためこだわりのないユーザーにはお勧めできる。

ASUS VG248QE-J(24インチ、TNパネル、解像度1920x1080、応答速度1ms)
・縦横比16:9、HDMI、DVI、DisplayPortを搭載しスピーカーも搭載している。
144Hz駆動で応答速度も非常に早くゲーミング向けとなっており、
基本的な用途においても滑らかに描写され発色が良いのも特徴となっている。
しかし高度な3Dゲームを144Hzで動作させるには通常よりも、
高いスペックのPCが必要となるため敷居が高いので注意しよう。
ハイエンドの環境を求めるユーザーにお勧めできるが、
そうでないユーザーでも基本的な用途に限れば144Hzの恩恵は得られるだろう。
また3Dメガネによる立体視にも対応している。

ASUS VC239H(23インチ、AH-IPSパネル、解像度1920x1080、応答速度5ms)
・縦横比16:9、HDMI、DVI、D-Subを搭載しスピーカーも搭載している。
応答速度はそこそこだが視野角が広く省電力で発色も良いのが特徴となっている。
ベゼル幅が0.9mmでコンパクトかつ見栄えも良く価格も安めなのも良い。
しかしマルチモニタにした場合はモニターの下側が出っ張っているため、
少し隙間が開いてしまうことやスピーカーの音質が低いのが欠点となっている。
応答速度よりも発色や視野角、デザインを求めるユーザーにはお勧めできる。

■19.5~21.5インチのディスプレイ、モニターの用途等
・2016年現在でやや小さめの画面サイズとなっており、
20.7インチ以上はフルHDが主流でそれ以下はフルHDより、
一回り小さい1600x900が主流となっている。
画面サイズがやや小さいのでフルHDのものであれば、
大型モニターより映像のきめが細かく綺麗に見えるだろう。
コンパクトさを重視するのであればお勧めできるサイズではある。

IODATA EX-LD2071TB(20.7インチ、TFTパネル、解像度1920x1080、応答速度5ms)
・縦横比16:9、HDMI、DVI、D-Subを搭載しスピーカーも搭載している。
応答速度はそこそこで省電力、基本的な機能を備えており安価となっている。
視野角はやや狭くスピーカーの音質もそれほどではないが、
基本的な用途においては十分な性能を持つため、
大きさや性能よりも安価に済ませたいユーザーにはお勧めできる。

IIYAMA ProLite XU2290HS-2(21.5インチ、AH-IPSパネル、解像度1920x1080、応答速度5ms)
・縦横比16:9、HDMI、DVI、D-Subを搭載しスピーカーも搭載している。
応答速度はそこそこだが視野角が広くベゼル幅が12mmなのが特徴である。
またベゼル幅が狭いためマルチモニターにも適しているのも良い。
音質はそれほどではないため音質を求めるときには外部スピーカーを使う必要はある。
マルチモニターにしたいまたはデザインを重視するユーザーにはお勧めできる。

AOC M2060SWD(19.53インチ、MVAパネル、解像度1920x1080、応答速度7ms)
・縦横比16:9でDVI、D-Subのみを搭載したモニター。
19インチ台のモニターでは数少ないフルHD解像度となっているのが最大の特徴。
視野角は広く応答速度も低くは無いがスピーカーを搭載していないので、
音を出すには外部スピーカーを使う必要がある。
小型かつ安価なフルHDモニターを求めるユーザーにはお勧めできる。

■25~27インチのディスプレイ、モニターの用途等
・2016年現在では大きめの画面サイズとなっており、
27インチが主流でフルHDの他にも2560x1440、
3840x2160(4K解像度)といった高い解像度のものが存在している。
また高機能モデルやゲーミングに向いているモニターが数多くあり、
一部は2560x1080(縦横比21:9)と非常にワイドなモニターもある。
インチ数が大きければ大きいほど画素ピッチが大きくなり、
画質が荒くなるので細かい画質を求めるなら2560x1440以上の解像度を選ぶと良い。

LGエレクトロニクス 27MP37VQ-B(27インチ、AH-IPSパネル、解像度1920x1080、応答速度5ms)
・縦横比16:9でHDMI、DVI、D-Subを搭載したモニター。
それなりの応答速度で視野角が広い安価な大型モニターとなっている。
しかしスピーカーが無いので外部スピーカーが必要な事や、
節電モード時の白色LEDの点滅が強すぎるのが欠点となっている。
基本的な用途では十分な性能を持つためこだわりのないユーザーにはお勧めできる。

LGエレクトロニクス 27UD68-W(27インチ、AH-IPSパネル、解像度3840x2160、応答速度5ms)
・縦横比16:9でHDMIx2、DisplayPortを搭載したモニター。
解像度が4Kと高くそれなりの応答速度と視野角の広さで、
ベゼル幅が9.1mmと薄く省電力で高い性能を持つのが特徴となっている。
またHDMI 2.0に対応しているので4Kで60Hz出力に対応しているのも良い。
しかし軽量かつ倒れやすいデザインな事とスピーカーが無いため、
音を出すには外部スピーカーが必要となっている。
またHDMI 2.0に対応していない場合は60Hzにならないので注意する事。
大型でも細かい画質を求めるユーザーにはお勧めできる。

ASUS ROG SWIFT PG279Q(27インチ、IPSパネル、解像度2560x1440、応答速度4ms)
・縦横比16:9でHDMI、DisplayPortとスピーカーを搭載したモニター。
165Hz駆動で応答速度も早い数少ないIPSパネルのゲーミング向けモニターで、
解像度も2560x1440(WQHD)と高く広い視野角も備えているのが特徴で。
また基本的な用途においても滑らかに描写され発色が良いのも特徴となっている。
しかし高度な3Dゲームを165Hzで動作させるには通常よりも、
高いスペックのPCが必要となるため敷居が高いので注意しよう。
またスペックを完全に活かすにはDisplayPortで出力する必要がある。
高いリフレッシュレートと解像度といった性能を求めるユーザーにはお勧めできる。

■モニタの解像度より低い解像度で表示した場合の問題(8/30更新)
・モニタの画面を引き伸ばさない場合は画面が小さくなる。
しかし画面を引き伸ばしていないためくっきりと表示される。

・モニタの画面を引き伸ばした場合は画面が小さくならないがぼやけてしまう。
しかしちょうど2分の1、2倍といった解像度であるなら荒くなるだけでぼやけない。
3840x2160(4K)のモニターに対して1920x1080(フルHD)で出力すると、
画面自体は荒くなる問題はあるもののちょうど半分の解像度なのでぼやけない。

■モニタのアスペクト比とは違う表示をした場合の問題(8/30更新)
・モニタの画面を引き伸ばさない場合は、
モニタのアスペクト比によって横か縦に黒帯が出来る。
16:9のモニタに対して4:3で画面を表示すると横に黒帯ができ、
4:3のモニタに対して16:9で画面を表示すると縦に黒帯が出来る。

・モニタの画面を引き伸ばした場合は黒帯は無くなるが、
横に黒帯があった場合は横に引き伸ばされ縦に黒帯があった場合は縦に引き伸ばされる。

・基本的にはモニタのアスペクト比と同じ表示をすれば黒帯が出来ない。
3840x2160に対して2560x1440や1920x1080と同じアスペクト比で表示すれば黒帯が出来ない。
例として3840x2160(4K)のモニターに対して2560x1600(WQXGA)で出力すると、
左右に黒帯が出るか横に引き伸ばされるが、
同じアスペクト比の2560x1440で表示すれば画面がぼやける問題はあるが引き伸ばされない。

■モニタを選ぶのであればPCが表示できる解像度に合わせて選ぶのが良い(8/30更新)
・PCが出力できない解像度のモニターを選ぶよりも、
PCが出力できる解像度のモニターを選べば画面を引き伸ばしてぼやけたり、
引き伸ばさず画面が小さくなることや上下または左右に黒帯が出る問題が無く綺麗に表示できる。
そのため1920x1080まで表示できるPCの場合は1920x1080、
2560x1440まで表示できるPCの場合は2560x1440、
4K(3840x2160)まで表示できるPCの場合は4Kのモニターを選べばいいだろう。
また4Kのモニタを選ぶ際には27インチ以上を選んだほうが良いだろう。

最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(4/30現在)

人気PCパーツ2(4/30現在)

人気PCパーツ3(4/30現在)

人気アニメ(6/25現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報や、
レビュー等の情報を、
記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

スマートフォン版へ移動
メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
PCパーツ比較2018年版
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(12/22現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数