用途別おすすめCPUの紹介、まとめ2017年版(AMD編)

■現在主流となっているお勧めのCPU(AMD編)
・CPUの種類が非常に多くなり分かりづらくなったため、
最新または最近のCPUの中でお勧めできるものを用途別に紹介しました。

■最近のAMD CPU(Ryzen、FX、Aシリーズ)の方向性
■メリット
・Zenアーキテクチャを採用したRyzenシリーズは、
AMD FXシリーズと比べ大幅なパフォーマンス向上と省電力化を果たしており、
intelのCPUと比べても高いコストパフォーマンスとなっている。
・Ryzen 7シリーズは8コア16スレッドと非常に多い。
・Ryzen 5 1600シリーズは6コア12スレッド、
Ryzen 5 1500以下のシリーズは4コア8スレッドと予定されている。
・Aシリーズは内蔵GPUを搭載している。

■デメリット
・Ryzenを搭載するにはSocket AM4ソケットがあるマザーボードが必要で、
今までのマザーボードを使いまわすことは出来ない。
・RyzenシリーズはWindowsではWindows 10しかサポートされない。
AMD FXシリーズはSocket AM3+、AシリーズはSocket FM2+、FM2、FM1に対応。
・Ryzen 7、5シリーズ、AMD FXシリーズは内蔵GPUを搭載していない。
・AMD FXシリーズは消費電力が非常に高い。

■関連情報
CPUの性能比較表2017年版

■AMDでお勧めできるCPU(性能が高い順)
・用途別にお勧めできるAMDのCPUを紹介します。
(カッコ内の数字はPassMarkスコアを参考にしたもの)

■動画編集、エンコードに向く高性能のPCを組みたい場合
・動画編集ソフトはPCゲームと比べると多くのコアに最適化されているので、
コアクロックよりもコア数が多いCPUの方が向いている。
また基本的なスペックが高いためPCゲームの用途にも向いている。

Ryzen 7 1800X 3.60GHz TDP 95W 8コア 16スレッド(約15500)
Socket AM4のマザーボードに対応しているZenアーキテクチャを採用したCPU。
コア数が非常に多く1コアあたりのクロック数も高いため、
動画編集、エンコードの用途に非常に向き3Dゲームの用途においても、
十分なパフォーマンスを持っているのが特徴となっている。
また電力効率はFXシリーズとは違い高くなっているのも良く、
XFRという機能もありプロセッサの冷却条件が良ければ、
自動的にブーストクロックより高い動作クロックとなり、
さらに高いパフォーマンスを得ることも出来る。
性能あたりのコストパフォーマンスは圧倒的に高いが、
RyzenシリーズではWindows 10しかサポートされないので注意すること。

Ryzen 7 1700X 3.40GHz TDP 95W 8コア 16スレッド(約14600)
Socket AM4のマザーボードに対応しているRyzen 7シリーズ。
8コア、高クロック、高い電力効率を持つ高性能なCPU。

■最新の3Dゲームに向くPCを組みたい場合
・PCゲームは動画編集ソフトと比較すると、
多くのコアに最適化されていないので高クロックで4コア搭載したCPUが向いている。
またCPUに内蔵されているGPUだけでは3Dゲームは快適に動かないので、
別途グラフィックボードを搭載する必要がある。

Ryzen 7 1700 3.00GHz TDP 65W 8コア 16スレッド(約13900)
Socket AM4のマザーボードに対応しているRyzen 7シリーズ。
多くのコアを持ち省電力でハイパフォーマンスなのが特徴となっている。
Ryzen 7 1800X、1700Xと比べると安価で省電力なため扱いやすい。

AMD FX-8350 4.00GHz TDP 125W 8コア 8スレッド(約9000)
Socket AM3+のマザーボードに対応しているAMD FXシリーズ。
多くのコアを持ちコアクロックが高く安価なのが特徴となっている。
しかし消費電力が高いのが欠点となっているため、
省電力を求めるユーザーにはお勧めできない。

■値段と性能のバランスの取れたPCを組みたい場合
・ほとんどの作業を快適にこなす事ができ、
高負荷のPCゲームに対応しエンコードもそれなりに出来る、
性能あたりの値段が安いCPUとなっている。

AMD FX-8320 3.50GHz TDP 125W 8コア 8スレッド(約8200)
Socket AM3+のマザーボードに対応しているAMD FXシリーズ。
多くのコアを持ちコアクロックが高く高めのパフォーマンスを持つが、
消費電力がかなり高いのが問題となっている。
最新の3Dゲームをプレイできエンコードもそれなりにできる。

AMD FX-8320E 3.20GHz TDP 95W 8コア 8スレッド(約7400)
Socket AM3+のマザーボードに対応しているAMD FXシリーズ。
性能あたりの消費電力はそこそこでそれなりのスペックを持つのが特徴。

■安価である程度のパフォーマンスを持つPCを組みたい場合
・ほとんどの作業を快適にこなす事ができ、
高負荷、最新のPCゲーム以外を快適にプレイすることができ、
エンコードも一応こなせる安価なクラスのCPU。

AMD FX-6300 3.50GHz TDP 95W 6コア 6スレッド(約6400)
Socket AM3+のマザーボードに対応しているAMD FXシリーズ。
Phenom II X6 1100T以上のスペックを持ち、
それなりに消費電力も低いためAMD FXシリーズの中では扱いやすい。

A10-7860K 3.60GHz TDP 65W 4コア 4スレッド(約5700)
Socket FM2+のマザーボードに対応しているAシリーズ。
内蔵GPUを搭載しており軽い3Dゲームをプレイすることができ、
エンコードも出来なくは無いCPU性能を持っている。
性能はそれほどいらないまたはサブマシンとしての運用に向いている。
もう少しスペックを上げたいのであればA10-7890Kも悪くは無い。

A8-7600 3.10GHz TDP 65W 4コア 4スレッド(約5400)
Socket FM2+のマザーボードに対応しているAシリーズ。
ある程度のCPU、GPU性能を持っておりサブマシンに向く。

■とにかく省電力で小型のPCを組みたい場合
・省エネまたは発熱が少なく小型なPCを組みたい場合にお勧め。
高負荷のPCゲームやエンコードには不向きだがそれ以外の作業は十分こなせる。

Athlon 5370 2.20GHz TDP 25W 4コア 4スレッド(約2700)
Socket AM1のクアッドコアCPU。
省電力でサブマシンまたはスペックを必要とする作業をしないユーザーにお勧め。

■スペックを考えずとりあえず安価なPCを組みたい場合
・処理能力は低いがとにかく安くPCを組みたい場合に使える。
高度なPCゲームをしない、エンコードもしないまたはたまにする、
他の作業をそこそここなせる程度のスペックを持っている。

Athlon 5150 1.60GHz TDP 25W 4コア 4スレッド(約2100)
Socket AM1のクアッドコアCPU。
省電力でサブマシンまたはスペックを必要とする作業をしないユーザーにお勧め。

Sempron 2650 1.45GHz TDP 25W 2コア 2スレッド(約1000)
Socket AM1のデュアルコアCPU。
最低限のスペックを持っており出来る限り安く済ませたいユーザー向け。

用途別おすすめ、主流のディスプレイの紹介、まとめ2016年版(性能、仕様別)

■説明
・モニターやディスプレイの数が非常に多くなり分かりづらくなったため、
最新または最近のディスプレイの中で特にお勧めできるものを、
性能や機能、用途別に紹介する事にしました。
(工事中)

■関連情報
液晶モニター、ディスプレイの性能比較表

■22~24インチのディスプレイ、モニターの用途等
・2016年現在の主流の画面サイズとなっておりフルHD(1920x1080)が主流で、
数少ないがWQHD(2560x1440)、4Kのものが存在している。
机に置いて使用するのに向いておりある程度の画面の大きさを求めるのならいいだろう。

BenQ GL2460HM(24インチ、TNパネル、解像度1920x1080、応答速度2ms)
・縦横比16:9、HDMI、DVI、D-Subを搭載しスピーカーも搭載している。
応答速度が早く省電力で基本的な機能を備えており安価となっている。
色の調整が必要な事やスピーカーの音質がそれほどではなく、
音質を求めるときは外部スピーカーを使う必要はあるが、
基本的な用途では十分な性能を持つためこだわりのないユーザーにはお勧めできる。

ASUS VG248QE-J(24インチ、TNパネル、解像度1920x1080、応答速度1ms)
・縦横比16:9、HDMI、DVI、DisplayPortを搭載しスピーカーも搭載している。
144Hz駆動で応答速度も非常に早くゲーミング向けとなっており、
基本的な用途においても滑らかに描写され発色が良いのも特徴となっている。
しかし高度な3Dゲームを144Hzで動作させるには通常よりも、
高いスペックのPCが必要となるため敷居が高いので注意しよう。
ハイエンドの環境を求めるユーザーにお勧めできるが、
そうでないユーザーでも基本的な用途に限れば144Hzの恩恵は得られるだろう。
また3Dメガネによる立体視にも対応している。

ASUS VC239H(23インチ、AH-IPSパネル、解像度1920x1080、応答速度5ms)
・縦横比16:9、HDMI、DVI、D-Subを搭載しスピーカーも搭載している。
応答速度はそこそこだが視野角が広く省電力で発色も良いのが特徴となっている。
ベゼル幅が0.9mmでコンパクトかつ見栄えも良く価格も安めなのも良い。
しかしマルチモニタにした場合はモニターの下側が出っ張っているため、
少し隙間が開いてしまうことやスピーカーの音質が低いのが欠点となっている。
応答速度よりも発色や視野角、デザインを求めるユーザーにはお勧めできる。

■19.5~21.5インチのディスプレイ、モニターの用途等
・2016年現在でやや小さめの画面サイズとなっており、
20.7インチ以上はフルHDが主流でそれ以下はフルHDより、
一回り小さい1600x900が主流となっている。
画面サイズがやや小さいのでフルHDのものであれば、
大型モニターより映像のきめが細かく綺麗に見えるだろう。
コンパクトさを重視するのであればお勧めできるサイズではある。

IODATA EX-LD2071TB(20.7インチ、TFTパネル、解像度1920x1080、応答速度5ms)
・縦横比16:9、HDMI、DVI、D-Subを搭載しスピーカーも搭載している。
応答速度はそこそこで省電力、基本的な機能を備えており安価となっている。
視野角はやや狭くスピーカーの音質もそれほどではないが、
基本的な用途においては十分な性能を持つため、
大きさや性能よりも安価に済ませたいユーザーにはお勧めできる。

IIYAMA ProLite XU2290HS-2(21.5インチ、AH-IPSパネル、解像度1920x1080、応答速度5ms)
・縦横比16:9、HDMI、DVI、D-Subを搭載しスピーカーも搭載している。
応答速度はそこそこだが視野角が広くベゼル幅が12mmなのが特徴である。
またベゼル幅が狭いためマルチモニターにも適しているのも良い。
音質はそれほどではないため音質を求めるときには外部スピーカーを使う必要はある。
マルチモニターにしたいまたはデザインを重視するユーザーにはお勧めできる。

AOC M2060SWD(19.53インチ、MVAパネル、解像度1920x1080、応答速度7ms)
・縦横比16:9でDVI、D-Subのみを搭載したモニター。
19インチ台のモニターでは数少ないフルHD解像度となっているのが最大の特徴。
視野角は広く応答速度も低くは無いがスピーカーを搭載していないので、
音を出すには外部スピーカーを使う必要がある。
小型かつ安価なフルHDモニターを求めるユーザーにはお勧めできる。

■25~27インチのディスプレイ、モニターの用途等
・2016年現在では大きめの画面サイズとなっており、
27インチが主流でフルHDの他にも2560x1440、
3840x2160(4K解像度)といった高い解像度のものが存在している。
また高機能モデルやゲーミングに向いているモニターが数多くあり、
一部は2560x1080(縦横比21:9)と非常にワイドなモニターもある。
インチ数が大きければ大きいほど画素ピッチが大きくなり、
画質が荒くなるので細かい画質を求めるなら2560x1440以上の解像度を選ぶと良い。

LGエレクトロニクス 27MP37VQ-B(27インチ、AH-IPSパネル、解像度1920x1080、応答速度5ms)
・縦横比16:9でHDMI、DVI、D-Subを搭載したモニター。
それなりの応答速度で視野角が広い安価な大型モニターとなっている。
しかしスピーカーが無いので外部スピーカーが必要な事や、
節電モード時の白色LEDの点滅が強すぎるのが欠点となっている。
基本的な用途では十分な性能を持つためこだわりのないユーザーにはお勧めできる。

LGエレクトロニクス 27UD68-W(27インチ、AH-IPSパネル、解像度3840x2160、応答速度5ms)
・縦横比16:9でHDMIx2、DisplayPortを搭載したモニター。
解像度が4Kと高くそれなりの応答速度と視野角の広さで、
ベゼル幅が9.1mmと薄く省電力で高い性能を持つのが特徴となっている。
またHDMI 2.0に対応しているので4Kで60Hz出力に対応しているのも良い。
しかし軽量かつ倒れやすいデザインな事とスピーカーが無いため、
音を出すには外部スピーカーが必要となっている。
またHDMI 2.0に対応していない場合は60Hzにならないので注意する事。
大型でも細かい画質を求めるユーザーにはお勧めできる。

ASUS ROG SWIFT PG279Q(27インチ、IPSパネル、解像度2560x1440、応答速度4ms)
・縦横比16:9でHDMI、DisplayPortとスピーカーを搭載したモニター。
165Hz駆動で応答速度も早い数少ないIPSパネルのゲーミング向けモニターで、
解像度も2560x1440(WQHD)と高く広い視野角も備えているのが特徴で。
また基本的な用途においても滑らかに描写され発色が良いのも特徴となっている。
しかし高度な3Dゲームを165Hzで動作させるには通常よりも、
高いスペックのPCが必要となるため敷居が高いので注意しよう。
またスペックを完全に活かすにはDisplayPortで出力する必要がある。
高いリフレッシュレートと解像度といった性能を求めるユーザーにはお勧めできる。

■モニタの解像度より低い解像度で表示した場合の問題(8/30更新)
・モニタの画面を引き伸ばさない場合は画面が小さくなる。
しかし画面を引き伸ばしていないためくっきりと表示される。

・モニタの画面を引き伸ばした場合は画面が小さくならないがぼやけてしまう。
しかしちょうど2分の1、2倍といった解像度であるなら荒くなるだけでぼやけない。
3840x2160(4K)のモニターに対して1920x1080(フルHD)で出力すると、
画面自体は荒くなる問題はあるもののちょうど半分の解像度なのでぼやけない。

■モニタのアスペクト比とは違う表示をした場合の問題(8/30更新)
・モニタの画面を引き伸ばさない場合は、
モニタのアスペクト比によって横か縦に黒帯が出来る。
16:9のモニタに対して4:3で画面を表示すると横に黒帯ができ、
4:3のモニタに対して16:9で画面を表示すると縦に黒帯が出来る。

・モニタの画面を引き伸ばした場合は黒帯は無くなるが、
横に黒帯があった場合は横に引き伸ばされ縦に黒帯があった場合は縦に引き伸ばされる。

・基本的にはモニタのアスペクト比と同じ表示をすれば黒帯が出来ない。
3840x2160に対して2560x1440や1920x1080と同じアスペクト比で表示すれば黒帯が出来ない。
例として3840x2160(4K)のモニターに対して2560x1600(WQXGA)で出力すると、
左右に黒帯が出るか横に引き伸ばされるが、
同じアスペクト比の2560x1440で表示すれば画面がぼやける問題はあるが引き伸ばされない。

■モニタを選ぶのであればPCが表示できる解像度に合わせて選ぶのが良い(8/30更新)
・PCが出力できない解像度のモニターを選ぶよりも、
PCが出力できる解像度のモニターを選べば画面を引き伸ばしてぼやけたり、
引き伸ばさず画面が小さくなることや上下または左右に黒帯が出る問題が無く綺麗に表示できる。
そのため1920x1080まで表示できるPCの場合は1920x1080、
2560x1440まで表示できるPCの場合は2560x1440、
4K(3840x2160)まで表示できるPCの場合は4Kのモニターを選べばいいだろう。
また4Kのモニタを選ぶ際には27インチ以上を選んだほうが良いだろう。

用途別おすすめCPUの紹介、まとめ2017年版(intel編)

■現在主流となっているお勧めのCPU(intel編)
・CPUの種類が非常に多くなり分かりづらくなったため、
最新または最近のCPUの中でお勧めできるものを用途別に紹介しました。

■最近のintel CPU(Core iシリーズ)の方向性
■メリット
・AMD製のCPUと比べ省電力となっている。
・AMD製のCPUと比べ1コアあたりのパフォーマンスが高い。
・第二世代Core iシリーズ以降は基本的に、
i7が4コア8スレッド、i5が4コア4スレッド、i3が2コア4スレッド、
PentiumやCeleronが2コア2スレッドとわかりやすくなっている。
・Celeron、PentiumのスペックがCore 2 Duoシリーズを上回っており、
基本的な用途であればこれで十分なほどとなっている。
・世代を重ねていくごとに内蔵GPUのスペックが着実に上がってきている。
・世代を重ねるごとに消費電力あたりの性能は少しずつ上がってきている。
・Core i7 2600以上なら2016年現在、新たなCPUに交換する必要は基本的には無い。

■デメリット
・Sandy Bridge(第二世代Core iシリーズ)の後のCPUは大きな性能向上はないため、
新たなCPUを付けたとしても価格に見合った性能向上はしない。
・Skylake(第六世代Core iシリーズ)は重いクーラーやネジの締めすぎ、
CPUクーラーをつけたまま運ぶと基板が曲がり壊れる事がある。
・世代を重ねるごとに価格が少しずつ上がってきており、
Core i7 2600Kが2011年4月の時に26,000円程度であったが、
2016年現在のCore i7 6700Kは38,000円と高くなっている。
またCore i7 2600Kと同価格なのはCore i5 6600ではあるが、
スペックはi7 2600Kの方がやや上で価格あたりの性能がむしろ下がっている。
・Core i3シリーズが割高となってしまっている。

■関連情報
CPUの性能比較表2017年版

■intel Core iシリーズでお勧めできるCPU(性能が高い順)
・用途別にお勧めできるintel Core iシリーズを紹介します。
(カッコ内の数字はPassMarkスコアを参考にしたもの)

■動画編集、エンコードに向く高性能のPCを組みたい場合
・動画編集ソフトはPCゲームと比べると多くのコアに最適化されているので、
コアクロックよりもコア数が多いCPUの方が向いている。
また基本的なスペックが高いためPCゲームの用途にも向いている。

Core i7 5930K 3.50GHz TDP 140W 6コア 12スレッド(約13300)
LGA2011-v3のマザーボードに対応している第四世代のCore i7シリーズ。
コア数が多く1コアあたりのクロック数も高いため最新の3Dゲームに向き、
動画編集、エンコードの用途に非常に向いているのが特徴となっている。
またさらにスペックを求めるのであればCore i7 5960Xがいいだろう。

Core i7 5820K 3.30GHz TDP 140W 6コア 12スレッド(約13100)
LGA2011-v3のマザーボードに対応している第四世代のCore i7シリーズ。
スペック面はCore i7 5930Kに近く非常に高性能ながら安価なため、
性能当たりのコストパフォーマンスが高くなっている。

■最新の3Dゲームに向くPCを組みたい場合
・PCゲームは動画編集ソフトと比較すると、
多くのコアに最適化されていないので高クロックで4コア搭載したCPUが向いている。
またCPUに内蔵されているGPUだけでは3Dゲームは快適に動かないので、
別途グラフィックボードを搭載する必要がある。

Core i7 6700K 4.00GHz TDP 91W 4コア 8スレッド(約12500)
LGA1151のマザーボードに対応している第六世代のCore i7シリーズ。
シングルスレッド性能(1コアあたりの性能)が高く最新の3Dゲームに向いているが、
エンコードの用途においても十分なパフォーマンスを得る事ができる。
また倍率変更のOCはせず少し安くに抑えるならCore i7 6700も悪くは無い。
しかしWindow 7、8.1の環境においてはサポートが2018年7月17日まで短縮されるので、
Windows 7を2020年1月14日、Windows 8.1を2023年1月10日までサポートしてもらいたいときは、
第六世代Core iシリーズ以前のCPUを選ぶ必要がある。

Core i7 4790K 4.00GHz TDP 88W 4コア 8スレッド(約11800)
LGA1150のマザーボードに対応している第四世代のCore i7シリーズ。
前世代ではあるもののCore i7 6700Kに迫るパフォーマンスを持っており、
最新の3Dゲームに向きエンコードの用途においても十分なパフォーマンスを持つ。

■値段と性能のバランスの取れたPCを組みたい場合
・ほとんどの作業を快適にこなす事ができ、
高負荷のPCゲームに対応しエンコードもそれなりに出来る、
性能あたりの値段が安いCPUとなっている。

Core i5 6600 3.30GHz TDP 65W 4コア 4スレッド(約8300)
LGA1151に対応しているコストパフォーマンスに優れたCore i5。
それなりに省電力かつ高めのパフォーマンスを持っており、
最新の3Dゲームをプレイできエンコードもそれなりにできる。

Core i5 4690 3.50GHz TDP 84W 4コア 4スレッド(約7900)
LGA1150に対応している第四世代Core i5。
第六世代Core i5シリーズより若干スペックは劣るものの、
十分なパフォーマンスを持ちWindow7、8.1のサポートも短くならずに済むのが良い。
またスペックは少し落ちるがやや安価なCore i5 4460も悪くは無い。

■安価である程度のパフォーマンスを持つPCを組みたい場合
・ほとんどの作業を快適にこなす事ができ、
高負荷、最新のPCゲーム以外を快適にプレイすることができ、
エンコードも一応こなせる安価なクラスのCPU。

Core i3 6100 3.70GHz TDP 51W 2コア 4スレッド(約5400)
LGA1151のCore i3シリーズで電力が低めでパフォーマンスもある程度あり安価である。
一応最新のPCゲームをプレイできエンコードも出来なくは無いため、
性能はそれほどいらないまたはサブマシンとしての運用に向いている。

Core i3 4170 3.70GHz TDP 54W 2コア 4スレッド(約5400)
LGA1150のCore i3シリーズでCore i3 6100とほぼ同等のスペックを持っている。
Core i3でWindow 7またはWindows 8.1での運用を長くしたいならいいだろう。

■とにかく省電力で小型のPCを組みたい場合
・省エネまたは発熱が少なく小型なPCを組みたい場合にお勧め。
高負荷のPCゲームやエンコードには不向きだがそれ以外の作業は十分こなせる。

Core i3 6100T 3.20GHz TDP 35W 2コア 4スレッド(約4700)
LGA1151の省電力CPUである程度のパフォーマンスを持ちつつ、
非常に低い消費電力なのが特徴となっている。
省エネPCや小型PC、サブマシンといった幅広い活用法がある。

■スペックを考えずとりあえず安価なPCを組みたい場合
・処理能力は低いがとにかく安くPCを組みたい場合に使える。
高度なPCゲームをしない、エンコードもしないまたはたまにする、
他の作業をそこそここなせる程度のスペックを持っている。

Pentium Dual Core G4400 3.30GHz TDP 54W 2コア 2スレッド(約3800)
LGA1151のPentium Dual Core。
省電力でサブマシンまたはスペックを必要とする作業をせず、
Windows 10で運用したいユーザー向け。

Pentium Dual Core G3260 3.30GHz TDP 54W 2コア 2スレッド(約3400)
LGA1150のPentium Dual Core。
省電力でサブマシンまたはスペックを必要とする作業をせず、
Windows 7または8.1で運用したいユーザー向け。

最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(3/3現在)

人気PCパーツ2(9/29現在)

人気PCパーツ3(6/17現在)

人気アニメ(6/25現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報やレビューなどの情報を記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(6/25現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数