スターフォックス アサルト(GC)

■製作会社     ナムコ(発売会社は任天堂)
■発売日       2005年
■プラットフォーム ゲームキューブ
■ジャンル      シューティング
■評価
・総合         C+
・オリジナリティー  C+
・グラフィックス    A
・サウンド       B-
・熱中度       C
・満足感        D
・快適さ       C+
・難易度       7

■プレイ時間
・50時間程度(クリアしてそれなりにやりこんだ)

■概要
・スターフォックスアドベンチャーの後の時代の話。
アンドリュー・オイッコニーが亡き叔父Dr.アンドルフの残党を率いてコーネリア軍に、
反旗を翻すところからストーリーが始まる。
今回のスターフォックスはアーウィンによるシューティングステージよりも、
歩兵を中心としたサードパーソンシューティングがメインとなっている。


■良いところ
・BGMがオーケストラアレンジされており臨場感が溢れている。
・ハードの進化のおかげでグラフィックが大幅に上昇している。
・ステージ単体でのスコアアタックが追加されたこと。
・隠し要素のおまけミニゲームが懐かしく面白いところ。
・対戦が前作よりも大幅に進化しておりルールも多くなっている。
・対戦での隠し要素が非常に多い。

■悪いところ
・前作と比べアーウィンの操作性がもっさりとしている。
・歩兵戦が多すぎてもともとのゲームコンセプトが崩れている。
・前作よりもスコアを稼ぐ要素が少なく通常のシューティングに近くなってしまっている。
・一部の効果音が小さすぎて当たった感が無い。
・前作とは違いレーザーを超連射することができない為爽快感が減ってしまった。
・味方のAIが前作よりも劣化している。

■人を選ぶところ
・歩兵戦が楽しいかどうか。
・キャラクターの性格や声優が変わっているところ。
・難易度が前作とは違い高くなっているところ。
・前作とは違い一つ一つのステージが長くなっているところ。

■総評
・前作のスターフォックス64があまりにも凄すぎたのか今回は前作ほどの衝撃は受けなかった。
しかし、対戦モードは別で様々な武器がありそれなりに奥が深くなっていて面白かった。
前作はシンプルさが売りだったのだが今回は結構深く作りこんだせいで、
シンプルさを失い何度もやる気を起こさせてくれなかったのがマイナスだ。
しかし、プラスの部分も意外と多く通常のシューティングゲームとしてはそれなりにいい線だった。

■改善策
・ストーリーモードを二種類に分けてほしい
シューティングストーリーと歩兵ストーリーという感じで分ければ、
一つのソフトで二つのゲームというように楽しめたのではないのだろうか?

・操作性は前作に近づけてほしい
前作の操作性が非常に良かったので出来るのであれば元に戻してほしい。

・スコアアタック要素を前作のようにしてほしい
前作のほうがスコアアタックのしがいがあったので次は64版に近くしてほしい。

スターフォックス アサルト



スターフォックス(SFC)

■製作会社     任天堂、アルゴノートソフトウェア
■発売日       1993年
■プラットフォーム スーパーファミコン
■ジャンル      シューティングゲーム
■評価
・総合         B-
・オリジナリティー S
・グラフィックス   B
・サウンド      B
・熱中度       C
・満足感       C
・快適さ       F
・難易度       7

■プレイ時間
・30時間以上(全レベルクリア、隠しステージまでクリア)

■概要
・スターフォックス64と同じストーリーなのだが、
展開やキャラの性格がやや異なる。
3Dを表現できるようになるスーパーFXチップをカセットに搭載することで、
この頃としては高度な3D表現が出来ていた。

■良いところ
・スマートでシンプルなグラフィックが素晴らしい。
・SFCとしては最高レベルのBGM。
・独特の操作性になれると面白い。
・裏ボスのデザインが奇抜で良い。
・この頃としては十分なボリュームを持つ。

■悪いところ
・ハードの性能上で仕方の無いことだが処理落ちが多すぎる。
・処理落ちが酷いと操作しずらいことがある。

■人を選ぶところ
・グラフィックが悪いと見るか凄いと見るかの評価の差が激しいところ。

■総評
・スーパーファミコンで3D表現が出来るというロマンが詰まった作品。
これはただ3Dでゲームが動くだけではなく内容も充実しており結構面白く、
完成度はスターフォックスシリーズでは高いほうであり今でもお勧めできる。
今でも十分楽しめるのでやってみてはどうだろうか。

■改善策
・ないと思われる。
ハードの性能上処理落ちは仕方が無い。
リメイクで出すとしたらオリジナルモードとアレンジモード(処理落ち無し)で、
ステージセレクトを作るぐらいで十分なのではないか。

スターフォックス


ダライアスツイン(SFC)

■製作会社     タイトー
■発売日       1991年
■プラットフォーム スーパーファミコン
■ジャンル      横スクロールシューティングゲーム
■評価
・総合         D+
・オリジナリティー C
・グラフィックス   C+
・サウンド      C+
・熱中度       B
・満足感       C
・快適さ       C
・難易度       7

■プレイ時間
・30時間以上(ノーマルモードをクリア)

■概要
・1991年当時のコンシューマダライアスで唯一の二人プレイが出来る作品。
ダライアス作品の中ではBGMや仕様が大幅に異なっている。

■良いところ
・それなりに音楽が良いしとあるBGMが最高。
・爽快感は抜群。
・ステージの数は意外と多い。
・グラフィックがそこそこ良い。

■悪いところ
・キーコンフィグ機能が無い。
・ザコ敵の動きが単調。

■人を選ぶところ
・他ダライアスとは違いBGMの雰囲気が違う。
・通常弾の威力が弱い。
・ラストステージの難易度が高すぎる。
・他ダライアスとは違い一機やられても能力が下がらない。

■総評
・スーパーファミコン初のダライアスなのだが、
中盤までは難易度が低いほうなのだが後半で丁度良くなりラストで異常に難しくなる、
という妙な難易度調整がなされているゲームだった。
ひとつの作品としては楽しめるのだが他のダライアスシリーズと比べて、
大幅にゲーム性が異なるがために賛否両論である。
しかし当時としてはそれなりの質をもっていたのでそんなに完成度は低くは無かった。
結構荒削りな作品とは言え相手をなぎ倒していく爽快感が良かったのは評価する。

■改善点
・この作品だけが他のダライアスとずれているため無い
いつもがこういう作品だったら微妙だった。

ダライアスツイン




ダライアスバースト




ダライアスバースト オリジナルサウンドトラック


SUPER E.D.F. EARTH DEFENSEFORCE(SFC)

■製作会社     ジャレコ
■発売日       1991年
■プラットフォーム スーパーファミコン
■ジャンル      横スクロールシューティングゲーム
■評価
・総合         C
・オリジナリティー B
・グラフィックス   C
・サウンド      D+
・熱中度       C
・満足感       C-
・快適さ       C
・難易度       6

■プレイ時間
・30時間以上(通常クリアまで)

■ゲーム概要
・地球統合軍準備部隊の最新兵器「XA-1」を操り、
謎の帝国「アギーマ帝国」の地球壊滅計画を阻止するのが目的。
敵にホーミングする武器からヒットしたら爆発する武器などの多彩な武器を、
ステージごとに使い分けるのが攻略の鍵である。

■良いところ
・ステージが始まる前に装備を考えて一つだけ選ぶシステムが良い。
・このころにしてはそれなりに迫力のある演出が良い。
・フォーメーションシステムやレベルアップシステムがうまく出来ており良い。
・シールドなどの奇抜な武器があり使いこなすと楽しい。
・ステージの演出が地味に良かったりグラフィックが細かいところで良い。

■悪いところ
・ラスボス戦ですら通常のボス戦と同じBGMが使いまわされている。
・弱すぎる武器と強すぎる武器がある。特にバルカンが異様に弱い。

■人を選ぶところ
・最大レベルのときに相手を追尾するフォーメーションが強すぎるのかもしれない。

■総評
・このころにしては変わったシステムを大量に取り入れているシューティングゲーム。
様々な武器を使って攻略するというこのころとしては凄かった。
これより前のゲームでは全編を通してキャラを選んで一つの武器で戦っていくか、
パワーアップアイテムをとって二つのうち一つの武器を選ぶかというものであったが、
これはステージの前に武器を一つ選びこれで自分にあった攻略法を探すという、
斬新な要素を含んでいた為にかなり楽しめた。
しかも複雑な要素が無いところが大きなプラスポイント。
だがバランス調整が微妙で強すぎるフォーメーションや武器があったために、
後半はこの武器が凄く強いとかというマイナスポイントもある。
全体的に見てそこそこの完成度だったのだがもう少し武器の調整などをすれば、
もっと深いゲームになれたのかもしれない。

スペースインベーダー(SFC)

■製作会社     タイトー
■発売日       1994年
■プラットフォーム スーパーファミコン
■ジャンル      シューティングゲーム
■評価
・総合         D
・オリジナリティー E
・グラフィックス   D
・サウンド      C
・熱中度       D
・満足感       E
・快適さ       C
・難易度       5

■プレイ時間
・20時間以上

■ゲーム概要
・宇宙からやってきた侵略者インベーダー。
インベーダーが地球を侵略する前に砲台で全滅させろ!

■良いところ
・アーケードモードだけではなく対戦モードもある。
・単純でわかりやすいゲーム内容。
・意外とテクニック要素がある。

■悪いところ
・追加要素があるとはいえ一本のゲームとしてはボリュームが薄い。

■人を選ぶところ
・今の人から見るとあまりにも演出がしょっぱいと思われる。

■総評
・タイトー40周年の記念作品かつインベーダー15周年記念のゲーム。
単純で奥深いゲーム性が話題を呼んだのだがこの時代はゲームが複雑になっていこうとする時代。
こんな単純なゲームが一本はいっているだけではボリュームがあまりにも足りなかった。
出来は良いのだがやることが少ないので微妙である。
(最新ゲーム機のインベーダーは凄く派手な演出が加えられている。)

スターフォックス64(N64)

■製作会社     任天堂
■発売日       1997年
■プラットフォーム ニンテンドウ64
■ジャンル      シューティングゲーム
■評価
・総合         A
・オリジナリティー A
・グラフィックス   B
・サウンド      B
・熱中度       S
・満足感       A
・快適さ       B
・難易度       4

■プレイ時間
・100時間以上(何周もクリアかつ全勲章をとった。)

■ゲーム概要
・主人公フォックスとなり仲間と共に、
様々な惑星の戦いを終らせアンドルフを倒すシューティングゲーム。
ストーリーは短いが中身はしっかりとしており、
ゲーム性もスターフォックスシリーズの中ではダントツで良い。
このゲームの本当に素晴らしいところはスコアアタックの奥深さであり、
これでどれだけスコアを出せれるかを競い合うのでも有名になった。

■良いところ
・フルボイスであり臨場感があふれる。
・スコア稼ぎのテクニックの奥が相当深い。
・全てのステージに特徴があり無駄が無い。
・ステージクリア条件に複雑なものが無く単純明快である。
・キャラクターの台詞が全て練られている。
・BGMが素晴らしく全てのステージの雰囲気にあっている。
・練習モードもしっかり完備されている。
・オールレンジモードと通常STGの量のバランスが素晴らしい。
・スコア更新のときの達成感がすごい。
・ボス戦での超連射による爽快感がある。
・キャラクターの個性がうまく出来ている。
・STGが苦手な人でも楽しめる。

■悪いところ
・フリーエリアセレクト機能が無い。
・対戦が単なるおまけ要素でバランス調整不足。

■人を選ぶところ
・万人受けするのでないと思われる。

■コメント
・STGなのだがこのゲームはスコアアタック前提に作られている。
しかしこれはこれで相当奥が深い。
ひとつひとつのテクニックが爽快感と達成感を生み出す素晴らしい完成度。
この当時のゲームとしては本当に素晴らしい出来だ。
このゲーム自体がシンプルでやりやすいのも大きなポイントだ。
STGが苦手な人はクリアするだけでもよく、
得意な人はスコアアタックをするのもよしと楽しみ方もそれぞれある。
非常に面白いソフトなので今やっても十分ハマれるだろう。

■改善点
・フリーエリアセレクト機能があったらいいかも
あればもっとやり込めたかもしれない。

・メインゲームとエクストラのスコアをわけてほしかった
相手の配置が異なるためスコアが別であってほしかった。

スターフォックス64単品版




STARFOX64 3D(スターフォックス64 3D)



最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(3/3現在)

人気PCパーツ2(2/11現在)

人気PCパーツ3(6/17現在)

人気アニメ(6/25現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報やレビューなどの情報を記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(6/25現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数