任天堂 新型ゲーム機、Nintendo Switchを発表、発売日は2017年3月予定

■任天堂 据置機と携帯機のハイブリッドとなるNintendo Switchを発表
・任天堂は公式にて新型ゲーム機であるNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)を発表をした。
主な特徴は本体とドックそしてコントローラが分離している形となっており、
本体とコントローラを繋げることにより携帯ゲーム機として動作でき、
本体とドックを繋げると据置ゲーム機として動作する。
携帯ゲーム機として動作した場合は通常の携帯ゲーム機のような動作はもちろん、
一部の二人プレイに対応したゲームではコントローラを本体から分離する事で、
左のコントローラで1P、右のコントローラで2Pというように、
一つの本体の画面を分割してプレイすることができる。
そのため左側のコントローラのスティックの下に付いているのは、
十字キーではなく四つのボタンとなっている。
またコントローラを分離した状態で本体をスタンドで立てかけて、
分離したコントローラのままでそのままゲームをプレイすることもできる。
据置ゲーム機としてはジョイコングリップで左右のコントローラを繋げてプレイできる。
他にNintendo Switch Pro Controllerというコントローラで、
他の据置ゲーム機と同等の操作性でゲームを快適にプレイすることもできる。
また、スペックについては詳細は不明ではあるがWii Uのゲームが、
動作している事からするとWii Uのゲームをマルチ可能なほどのスペックを持つとされ、
解像度もWii Uマルチと考えれば大きく上がっているとされる。
また画面は一画面、コントローラの配置も左側は上にスティックだが、
右側は下にスティックとなっており特にNintendo Switch Pro Controllerは、
XBOX360等のコントローラに似た形状、配置となっている。
あと対応メディアは3DSとは異なるゲームカードとなっている。
しかし価格についても現在のところは不明となっている。
詳しい内容はソース元の任天堂にて調べよう。
(ソース元 任天堂 ttps://www.nintendo.co.jp/switch/index.html)

■一言
・NXは3DS、Wii Uとも全く異なる形のハードウェアとなっており、
両方の次世代機としてではなく第三のハードウェアという位置づけのように見える。
また分離したり携帯機、据置機のハイブリッドで奇抜な印象もあるが、
一画面、ボタンの配置といった仕様も割と標準的なものであり、
解像度も高まっているため現行機と異なり案外スタンダードでスマートなものとなっている。
現在はスペック、価格ともに不明となっているが、
操作性や解像度等といった基本的なスペックは上がっているのは確実といえる。
しかしスペック面は携帯機時ではあくまでも携帯機基準であり、
据置機モード時で電力供給がされるが高いクロックで動かせるかどうか不明であるため、
据置機モード時のスペック上昇があるかないかは分からない。
またコントローラ部分を取り外し可能という事は、
そのゲームに相性が良いボタン配置、形状のアタッチメントや、
コントローラ部分が壊れたときにその部分のみ交換するための仕掛けともいえる。

NVIDIA SHIELDタブレット (8インチ/Android) 940-81761-2506-000


Wii U スプラトゥーン セット (amiibo アオリ・ホタル付き)


Wii U PRO コントローラー (kuro)


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ


任天堂 DSおよびWiiソフトのニンテンドーWi-Fiコネクションがサービス終了のお知らせ

■任天堂 DSおよびWiiソフトのニンテンドーWi-Fiコネクションがサービス終了のお知らせ
・任天堂の公式によると2005年11月にサービス開始された、
ニンテンドーDS、Wiiの「インターネット通信サービス」である、
「ニンテンドーWi-Fiコネクション」を2014年5月20日23時に終了することとなっている。
その対象は「ニンテンドーWi-Fiコネクション」に対応しているソフトとなっており、
対象のソフトの「インターネット通信」が使えなくなってしまうが、
「インターネット通信」を使用しない機能およびサービスは引き続き使用可能である。
詳しい内容はソース元の任天堂にて調べよう。
(ソース元 任天堂 ttp://www.nintendo.co.jp/support/information/2014/0227.html)

Wii本体 (シロ) Wiiリモコンプラス2個、Wiiスポーツリゾート同梱


ニンテンドーDSi ブラック


ニンテンドーゲームキューブ専用コントローラ ブラック


大乱闘スマッシュブラザーズX


メトロイド プライム ハンターズ


SCE 初代PS、PS2とPSPの一部機種のアフターサービス受付終了のお知らせ

■SCE 2014年3月31日に初代PS、PS2とPSPの一部機種のアフターサービス受付終了
・SCEの公式によるとPlaystation、Playstation One、Playstation 2の、
SCPH-50000MB/NHおよび90000シリーズを除く機種、PSP-1000および2000シリーズの、
アフターサービス受付が2014年3月31日に終了すると発表されている。
詳しい内容はソース元のSCEにて調べよう。
(ソース元 SCE ttp://www.jp.playstation.com/info/support/sp_20140228_repair_ps.html)

Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)


PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)


任天堂 2013年の通気業績予想の売上高、営業損益等を下方修正

■任天堂 2013年の通気業績予想を下方修正
・4Gamerによると2014年1月17日任天堂は「2013年4月から2014年3月までの通期業績予想を修正」し、
「当期純利益が250億円の赤字」になると発表した。
その理由は「年末商戦でのハード販売が想定した水準」に届かず、
「ソフトの売り上げも予想を大きく下回ったため」としている。
売上高の予想は当初の「9200億円から5900億円」とし営業損益も、
当初の予想である「1000億円の利益」から「350億円の損失」へと大幅な減益となっている。
また経常利益については「50億円の利益」を見込んでいるが、
「為替レートが円安に変わったことによる為替差益によるもの」である。
プラットフォーム別では3DSが国内で引き続き好調で「500万台予想が490万台」で推移しているが、
海外での販売数が想定水準に届いておらず「1800万台の予想を1350万台」に下方修正している。
Wii Uは「本体の値下げをしてまで挑んだ欧米地域での年末商戦」が大きく想定を下回り、
ハード、ソフト共に販売数が大幅に予想を下回ってしまい、
Wii Uソフト販売数は当初予定の「3800万本から1900万本」へ下方修正されている。
また「今回の発表は通期予想の修正と配当の修正」であり、
「今後のビジネスプラン」については「1月30日に開催する経営方針説明会で説明」するようだ。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/999/G999903/20140117056/)

■一言
前の記事で任天堂は「来期は営業利益1000億円以上を目指す、ということを、
私達経営陣のコミットメント」としてお知らせしたいと言ってはいたが、
そのコミットメントを達成できないどころか赤字予想としてしまった。
3DSに力を注ぎ国内の有力タイトルを出しつつ海外で2DSの販売、Wii Uへのテコ入れなどし、
年末商戦に挑んだが黒字に出来なかった事から考えるとかなり厳しい状況となっている。
任天堂は今、方向転換をするかしないかの岐路に立たされているのかもしれない。

デイテル・ジャパン 懐かしいデザインのゲームカードケース等を発表

■デイテル・ジャパン ファミコンカセットのようなデザインのゲームカードケース等
・4Gamerによるとデイテル・ジャパンは3DS用の周辺アクセサリーの新製品である、
「レトロゲームカードケース」を2013年12月31日より発売する。
特徴は1980年代に発売されたTVゲーム機のゲームカセットをイメージしたデザインの、
3DS用ゲームソフト収納ケースで3DS用のタッチペン1本と3DS用のゲームソフト6本を、
収納する事が出来るようになっている。
また新型PSVita用の「レトロフェイスケース」も2013年12月31日に発売予定で、
新型PSVitaをレトロなゲームデザインに変身させる本体保護ケースで、
汚れや予期せぬキズの発生原因などから本体を保護する機能も備えている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/999/G999902/20131225013/)

(3DS用) レトロゲームカードケース (レッド)


(PSVita2000用) レトロフェイスケース (FCレッド)


任天堂 3DS、Wii U バーチャルコンソールに新たなハードが参入する

■任天堂 3DSとWii Uのバーチャルコンソールに新たなハードが参入
・インサイドによると任天堂は2013年12月25日から、
「Wii UバーチャルコンソールにPCエンジンとMSX」、
「3DSバーチャルコンソールにPCエンジンのタイトル」を配信開始する。
詳しい内容はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/12/18/72922.html)

ニンテンドー3DS ライトブルー


Wii U プレミアムセット kuro (WUP-S-KAFC)


任天堂 決算等についての情報

■任天堂 年末商戦へ向けて3DSとWii Uに有力タイトルなどを投入予定
・任天堂の第2四半期決算説明会によると日本市場の3DSは、
良い流れで「年末商戦を迎えることができそう」であり2013年も、
「ニンテンドー3DSは、年間500万台以上の販売が十分に期待」出来る状況である。
海外市場でもポケットモンスター X・Yの発売をきっかけに、
「非常に強い勢いを得た状態で、これから年末商戦が本格化する11月」を迎える事ができ、
ゼルダの伝説の最新作も3DS向けに発売されるなど、
「軸となるソフトのラインナップも手厚い状態」で年末商戦を迎えるので、
「この年末には、是非とも大きな成果を出したい」ということである。
また「10月12日にアメリカやヨーロッパで発売したばかりの、ニンテンドー2DS」は、
価格が安く「海外市場におけるニンテンドー3DSの普及を加速させる力」となる、
手ごたえも感じているようだ。
Wii Uについても年末商戦への取り組みで大きく状況を変えたいと考えており、
自社有力タイトルや周辺機器、「すぐに遊べるファミリープレミアムセット」等を、
投入する事で流れを変えることを目指している。
詳しい内容はソース元の任天堂にて調べよう。
(ソース元 任天堂 ttp://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/131031/index.html)

■任天堂 232億円の営業赤字で四半期純利益は6億円となる
・任天堂によると「第2四半期累計期間の連結業績 及び 通期の連結業績予想の説明」で、
「第2四半期連結累計期間」で営業利益が232億円の赤字となり、
四半期純利益は6億円の黒字となっている。
また売上高が下がった理由としてWii Uが加わり3DSのソフトラインナップが充実し、
「すべての地域でソフトウェアの販売数量が増加」したが、
WiiとDSの「販売数量の減少が大きく、前年同期比で全体の売上高は減少」した。
詳しい内容はソース元の任天堂にて調べよう。
(ソース元 任天堂 ttp://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/131031summary/index.html)

■一言
前の記事で任天堂は「来期は営業利益1000億円以上を目指す、ということを、
私達経営陣のコミットメント」としてお知らせしたいということを言っており、
任天堂の売上の多くをしめている年末商戦で3DSに有力タイトルや海外で2DSの発売、
Wii Uへのテコ入れなどをしてコミットメント達成に向けて動いている。
しかし第2四半期連結累計期間で3DSが好調でありながら営業利益が赤字ということを、
考えると営業利益を黒字となることは予想できるが達成自体は厳しいだろう。

スクウェア・エニックス ドラゴンクエストシリーズをスマホで展開する予定

■スクウェア・エニックス ドラクエのスマホ新作とナンバリングタイトルの移植を発表
・GAME Watchによるとスクウェア・エニックスはドラゴンクエストの新作である
「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」を発表した。
そしてドラゴンクエスト8 空と海と大地と呪われし姫君のiOS、Android版を、
2013年冬に配信する予定で価格は未定としており他にもドラゴンクエストシリーズの、
「1作目から7作目までがスマートフォンで展開される」ことも発表している。
詳しい内容はソース元のGAME Watchにて調べよう。
(ソース元 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20131008_618549.html)

■一言
・大人気RPGであるドラゴンクエストシリーズが、
スマートフォンに移植されていく予定ではあるがドラクエのナンバリング新作が、
スマートフォンで展開されるのかもしれない。
しかし何故かドラクエ9だけが今のところ移植される予定が無いのが気になるところだ。

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIX 星空の守り人


アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君


SCE プレイステーションの軌跡を題した映像を公開

■SCE プレイステーションの軌跡のショートビデオを公開
・ファミ通にてSCEはプレイステーションの軌跡と題したショートビデオを公開した。
ショートビデオの内容はSCEを1993年に設立しプレイステーションを1994年に発売し、
日本国内で100万台を6ヶ月で出荷し、1995年にE3に出展、アナログスティックによる新たなゲーム体験、
そして他にも革新的な機能によってメジャーなゲーム機と成長したという。
詳しい内容はソース元のファミ通にて調べよう。

■ソース元(ファミ通)
ttp://www.famitsu.com/news/201302/16028858.html

プレイステーションSCPH-7000本体 PS


PlayStation 3 250GB チャコール・ブラック (CECH-4000B)


カプコン GREE モンスターハンター マッシヴハンティング 配信開始

■ソース元(Gamer)
ttp://www.gamer.ne.jp/news/201302040020/

■カプコン GREEにおいてソーシャルハンティングゲームを配信開始
・GamerによるとカプコンはGREEにおいてソーシャルハンティングゲーム、
モンスターハンター マッシヴハンティングのiOS版の配信を開始した。
本作では探索と狩猟、生産や強化を繰り返していくものではあるが、
戦闘時に攻撃や回避などがタッチやフリックで直感的に行えるものとなっている。
詳しい情報はソース元のGamerにて調べよう。

■一言
前の考察にてカプコンは次世代機ソフト開発用資金のために、
MH、MHPチームを携帯・スマートフォン用のゲーム開発に移したという予測を、
記事に書いているがこの作品はもしかするとMH、MHPチームの一部が作ったのかもしれない。
カプコンはやはり次世代ソフト開発用資金のためにこれを作らしたのだろうか。

モンスターハンター3 (トライ) G Best Price!


ニンテンドー3DS コバルトブルー


最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(3/3現在)

人気PCパーツ2(2/11現在)

人気PCパーツ3(6/17現在)

人気アニメ(6/25現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報やレビューなどの情報を記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(6/25現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数