VRヘッドマウントディスプレイと選び方や種類について

■VR(仮想現実、バーチャルリアリティ)とは何か?
・一般的に写真や映像などは目の前のモニターに平面的に表示されており、
見る方向や角度を変えてもモニターに表示されていない部分は見えない。
しかしVRは専用のHMDを頭部に装着する事により360°全周に写真や映像が表示される。
またVRは視界を完全に遮断し完全にコンテンツに囲まれることにより、
「没入感」を高めることによりコンテンツの中に入り込んだかのような体験が出来る。

■VRとAR(拡張現実)の違い
・VRと違いARは視界を遮断せず普通に見えている世界にコンテンツを追加するものである。
スマホ等のカメラ映像に表示される現実世界の映像に対して、
位置情報等のデータや実際にないはずの映像やCGを追加して表示するというものである。

■Oculus OculusRiftはVRブームの火付け役となったヘッドマウントディスプレイ
・OculusRiftは2016年3月28日に発売されたPCに対応したHMDとなっている。
しかし価格が94,600円と高くそれに対応したスペックを持つPCが必要なため、
しっかりとした環境を整えるために20万円以上は確実に必要となってくる。
主なスペックは解像度が1080x1200、視覚野が110度、リフレッシュレートが90Hzで、
リフレッシュレートはそれなりだが解像度と視覚野を重視している。

■SIE PlayStation VRはPS4に対応したHMD
・PlayStation VRはPS4に対応したHMDで、
PlayStation VRに対応したPS4ソフトであれば使用可能となっており、
PCと違い環境による体験の差が無いため扱いやすくなっている。
また発売日は2016年10月13日予定で価格は44,980円(税抜)となっており、
環境を整えるために10万円もかからないので敷居は低めとなっている。
主なスペックは解像度が960x1080、視覚野が100度、リフレッシュレートが120Hzで、
解像度はやや低めとなっているがリフレッシュレートが高くなっている。

■Galaxy Gear VR SM-R322NZWAXJPはGalaxy S6、Galaxy S7等に対応したHMD
・Gear VR SM-R322NZWAXJPは2015年12月18日に発売された、
Galaxy S6、Galaxy S7等に対応したHMDで、
専用コンテンツとしてOculus storeが存在し様々なアプリが存在している。
対応したスマートフォンがあればVR環境を安価で整える事ができるが、
それ以外のスマホの場合は対応したスマホを用意する必要がある。
主なスペックは解像度が1280x1440、視覚野が96度、リフレッシュレートは不明で、
視野角は狭めだが解像度を重視している。

■OculusRiftの推奨環境
・CPU   Core i5 4590以上
・GPU   Geforce GTX 970/Radeon R9 290以上
・メモリ 8GB

※推奨環境なためこれより上の構成の方が快適に動く。
CPUをi7 4000シリーズ、GPUをGTX 1070以上にする事により、
さらに安定した環境を作ることが出来る。

Oculus Rift cv1 製品版 2016 オキュラス リフト (Oculus Rift cv1 製品版) [並行輸入品]


GIGABYTE ビデオカード NVIDIA GeForce GTX 1070搭載 オーバークロック ゲーミングモデル GV-N1070G1 Gaming-8GD


PlayStation VR PlayStation Camera同梱版


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)


Galaxy Gear VR S6/S6 edge/S7 edge対応 SM-R322NZWAXJP 【Galaxy純正 国内正規品】


任天堂 Wiiリモコン急速充電セットを発売予定など

■任天堂 Wiiリモコン急速充電セットなどを7月13日から発売予定
・任天堂の公式によるとWiiリモコン急速充電セットと、
Wiiリモコン急速充電セット用バッテリーパックを2013年7月13日から発売予定となっている。
特徴は専用のバッテリーパックをWiiリモコンかWiiリモコンプラスに取り付け、
Wiiリモコンを充電台に置くだけ充電可能となっている。
また9分の急速充電で約1時間プレイ可能でまた90分の満充電で13時間以上使う事ができる。
詳しい内容はソース元の任天堂にて調べよう。
(ソース元 任天堂 ttp://www.nintendo.co.jp/wiiu/accessories/index.html)

■サイバーガジェット 3DS LL用の保護ジャケットを発売予定
・Gamerによるとサイバーガジェットは3DS LL用の保護ジャケットである、
CYBER・シリコンジャケット(3DS LL用)を6月4日から発売予定としている。
特徴はシリコンラバーという素材を採用しており、
3DS LL本体をキズや汚れから守る薄型ジャケットでサラサラとした手触りである。
詳しい内容はソース元のGamerにて調べよう。
(ソース元 Gamer ttp://www.gamer.ne.jp/news/201305310025/)

ニンテンドー3DS LL ホワイト (SPR-S-WAAA)


ニンテンドー3DS用 ACアダプタ (3DSLL/DSi兼用)


任天堂 Wii U GamePadのカバー、3DS LLのポーチを発売予定

■サイバーガジェット CYBER・フロントカバー スリム(Wii U用)を発売予定
・4GamerによるとサイバーガジェットはCYBER・フロントカバー スリム(Wii U用)を、
2013年2月19日に発売する予定である。
CYBER・フロントカバー スリム(Wii U用)は厚さ0.8mmと非常に薄く、
Wii U GamePadのデザインや操作性を損なわずにキズや汚れから守る事が出来る。
また、カバーを装着したままでも充電スタンドや、
CYBER・ゲームパッド充電スタンド(Wii U用)で充電が可能となっている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/017/G001762/20130214014/)

■MSY ミニバックパック for ニンテンドー3DS LLを発売予定
・ファミ通によると3DS LL専用のミニバックパック for ニンテンドー3DS LLが、
2013年3月28日に発売される予定である。
ミニバックパック for ニンテンドー3DS LLはバックパックをモチーフにしているのが特徴で、
ほかにも小物用ポケットや様々なアクセサリー類も収納可能となっている。
詳しい内容はソース元のファミ通にて調べよう。
(ソース元 ファミ通 ttp://www.famitsu.com/news/201302/13028633.html)

CYBER ・ フロントカバー スリム (Wii U用) クリアブラック


Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)


最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(3/3現在)

人気PCパーツ2(2/11現在)

人気PCパーツ3(11/11現在)

人気アニメ(12/2現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報やレビューなどの情報を記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(2/21現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数