次世代ゲーム機のPS4、PS4 Proと同等以上のスペックを持つゲーミングPCの構成を考える

■ごあいさつ(2016/9/17更新)
・ここではPS4と同等またはそれ以上のスペックを持つ、
ゲーミングPCを組むにあたってどのパーツが必要なのかを説明します。
またPS4のスペックをPCで再現するのにどれほどの価格なのか、
あとPS4とPS4 ProのメリットとPCのメリットを簡単に説明していきます。

■関連情報
主流PCゲームの一覧表2015年版

■PS4のスペック
【CPU】AMD Jaguar 8コア 8スレッド 1.6~1.8GHz
【RAM】GDDR5 8GB 帯域幅176GB/s
【HDD】500GB HDD
【DRA】Blu-rayドライブ 6倍速
【VGA】Radeon HD 7850より少し上 1.84TFLOPS
【Other】コントローラ付属
【価格】40000円前後

※2015年9月現在の最新のパーツで考えれば、
CPUはCore i3 4000シリーズ程度、VGAはRadeon R7 370より若干下となっており、
これだけでも価格は38000円程度となりPS4本体並になる。
またPS4にはメモリ、HDD、Blu-rayドライブ等が搭載されており、
コントローラも付属しているためこれをPCで再現すると約10万円程度かかる。

※PS4は画面設定が不要で敷居が低く安価で高水準のゲームを手軽にプレイできる。
しかし持っているPCのCPU、電源が十分な場合でのみ、
VGAだけを追加する事によりPS4よりコストパフォーマンスが高くなる可能性はある。

※PS4専用のタイトルがあるようにPC専用のタイトルも存在しているため、
仮にPS4と同等のPCを組んだとしてもPS4=PCになる事は無い。
PS4はゲームに特化、PCは汎用機と全く異なるため片方で十分とはならない。

■PS4と同等程度のパフォーマンスを持つゲーミングPC
【CPU】intel Core i3 4170(13000円程度)
【RAM】CFD W3U1600HQ-4G等(4000円程度)
【M/B】ASUS H97-PRO(13000円程度)
【HDD】1TB HDD(5500円程度)
【DRA】Blu-rayドライブ(7000円程度)
【VGA】Geforce GTX 750 Ti(13000円程度)
【PC Case】ANTEC P100等(10000円程度)
【Power Supply】650W 80PLUS(7500円程度)
【Other】ファン、コントローラ、OS等(20000円程度)
【合計】93000円程度

※モニターなどの周辺機器は除く。
この時点でPS4の倍以上の価格となっているだけではなく、
将来PS4の最適化が進んだ場合、パフォーマンスが下回る可能性がある。
またAMDを選ぶ場合、Radeon R7 260XがGTX 750 Tiに近いパフォーマンスとなっている。

※最適化によってGeforceが優位になるタイトルや、
Radeonが優位になるタイトルが存在する。

※このクラスの構成であればPCケースの冷却性にはそれほどこだわらなくて良い。

■PS4以上のパフォーマンスを持つゲーミングPC
【CPU】intel Core i5 4460(21000円程度)
【RAM】CFD W3U1600HQ-4G等(4000円程度)
【M/B】ASUS H97-PRO(13000円程度)
【HDD】1TB HDD(5500円程度)
【DRA】Blu-rayドライブ(7000円程度)
【VGA】Geforce GTX 960(24000円程度)
【PC Case】ANTEC P100等(10000円程度)
【Power Supply】650W 80PLUS(7500円程度)
【Other】ファン、コントローラ、OS等(20000円程度)
【合計】112000円程度

※モニターなどの周辺機器は除く。
このスペックであれば将来PS4の最適化が進んだ場合でも、
パフォーマンスが下回る事は無く価格もPS4と同等程度のゲーミングPCを、
組んだのと比べればそれほど差が無いのもポイントとなっている。
またAMDを選ぶ場合、Radeon R9 380がGTX 960に近いパフォーマンスとなっている。

※ある程度高スペックな構成なためある程度の冷却性が必要。
そのため冷却性が低いケースの場合、熱暴走を起こす場合がある。

■PS4 Proのスペック
【CPU】AMD Jaguar 8コア 8スレッド 2.1GHz
【RAM】GDDR5 8GB 帯域幅218GB/s
【HDD】1TB HDD
【DRA】Blu-rayドライブ 6倍速
【VGA】Radeon R9 280Xより少し上 4.20TFLOPS
【Other】コントローラ付属
【価格】48600円前後

※2016年9月現在の最新のパーツで考えれば、
CPUはCore i3 6000シリーズ程度、VGAはRadeon R9 280Xより若干上となっているが、
2016年現在R9 280Xは品薄となっているためPS4 Proより少しスペックが高い、
RX 470と組み合わせ1TBのHDDを入れると49000円前後となり、
これだけでPS4 Proと同じ価格となってしまう。
またPS4 Proにはメモリ、Blu-rayドライブ等が搭載されており、
コントローラも付属しているためこれをPCで再現すると約11万円程度かかる。

※PS4 Proは画面設定が基本的に不要で敷居が低く安価で高水準のゲームを手軽にプレイできる。
またPS4 Pro対応タイトルによっては画面設定が行えるものも存在している。
しかし持っているPCのCPU、電源が十分な場合でのみ、
VGAだけを追加する事によりPS4 Proよりコストパフォーマンスが高くなる可能性はある。

※PS4 Proは2016年現在、専用タイトルが作られる予定は存在していない。
PS4 ProはあくまでもPS4専用のタイトルをさらに快適に楽しむためのものとなっている。

※PS4専用のタイトルがあるようにPC専用のタイトルも存在しているため、
仮にPS4と同等のPCを組んだとしてもPS4=PCになる事は無い。
PS4はゲームに特化、PCは汎用機と全く異なるため片方で十分とはならない。

■PS4 Proと同等程度のパフォーマンスを持つゲーミングPC
【CPU】intel Core i3 6300(16000円程度)
【RAM】CFD W4U2133PS-4G等(4000円程度)
【M/B】ASUS H170-PRO(13000円程度)
【HDD】2TB HDD(7500円程度)
【DRA】Blu-rayドライブ(7000円程度)
【VGA】Radeon RX 470(27000円程度)
【PC Case】ANTEC P100等(10000円程度)
【Power Supply】650W 80PLUS(7500円程度)
【Other】ファン、コントローラ、OS等(20000円程度)
【合計】112000円程度

※モニターなどの周辺機器は除く。
この時点でPS4 Proの倍以上の価格となっているだけではなく、
将来PS4 Proの最適化が進んだ場合パフォーマンスが下回る可能性がある。
またNVIDIAを選ぶ場合、Geforce GTX 970がRX 470に近いパフォーマンスとなっているが、
Geforce GTX 1060の方が性能、コストパフォーマンスに優れている。

※ある程度高スペックな構成なためある程度の冷却性が必要。
そのため冷却性が低いケースの場合、熱暴走を起こす場合がある。

■PS4 Pro以上のパフォーマンスを持つゲーミングPC
【CPU】intel Core i5 6400(20500円程度)
【RAM】CFD W4U2133PS-4G等(4000円程度)
【M/B】ASUS H170-PRO(13000円程度)
【HDD】2TB HDD(7500円程度)
【DRA】Blu-rayドライブ(7000円程度)
【VGA】Geforce GTX 1060(33000円程度)
【PC Case】ANTEC P100等(10000円程度)
【Power Supply】650W 80PLUS(7500円程度)
【Other】ファン、コントローラ、OS等(20000円程度)
【合計】122500円程度

※モニターなどの周辺機器は除く。
このスペックであれば将来PS4の最適化が進んだ場合でも、
パフォーマンスが下回る事は無く価格もPS4 Proと同等程度のゲーミングPCを、
組んだのと比べればそれほど差が無いのもポイントである。
注意すべきことは3GB版は6GB版よりスペックが低いことである。
またAMDを選ぶ場合、Radeon RX 480がGTX 1060 6GBに近いパフォーマンスとなっている。

※i5 6400とi5 6500の価格差は少ない。

※スペックが高い構成なため冷却性は必要。
冷却性の高いファンやケースをしっかりと選ぶ事。

■総評(PS4)
・PS4はそれなりのゲーミングPCと同等のスペックを持ち、
画面設定不要で高水準のゲームが手軽にできPS4専用のタイトルもあり、
コストパフォーマンスも高いというメリットが存在している。
しかしPS4以上のクオリティでプレイしたいまたは、
予算を度外視して常にVGAを取り替えつつ最高設定でプレイしたい場合や、
PC専用のタイトルをプレイしたい場合にはPCが必要となる。
そのため自分にあったスタイルでゲーム機かゲーミングPCを選ぶか、
両方とも選ぶかなどを決めればいいだろう。

■総評(PS4 Pro)
・PS4 Proは高いパフォーマンスを持つゲーミングPCと同等のスペックを持ち、
高水準のゲームが高い設定で手軽にできつつPS4と同じタイトルを楽しめ、
コストパフォーマンスも高いというメリットが存在している。
しかし予算を度外視して最高設定かつネイティブ4K、それ以上の設定でプレイしたい場合や、
PC専用のタイトルをプレイしたい場合にはPCが必要となるのは変わりが無い。

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)


Intel CPU Core i5-6500 3.2GHz 6Mキャッシュ 4コア/4スレッド LGA1151 BX80662I56500 【BOX】


ASUSTeK Intel H170搭載 マザーボード LGA1151対応 H170-PRO 【ATX】


ZOTAC Geforce GTX 1060 6GB AMP Edition グラフィックスボード VD6097 ZTGTX1060-GD5AMP/ZT-P10600B-10M


主流のグラフィックボードの方向性など2015~2016年版(Radeon編)

■最近のRadeonシリーズの方向性
■メリット
・HD 6xxxシリーズまではDX9やDX10のゲームに強い。
・HD 7xxxシリーズはDX11のゲームに強い。
・Rx 2xxシリーズ等はDX12の場合パフォーマンスが上がる可能性がある。
・RX 4xxシリーズの電力効率はGTX 9xxシリーズ級に上がっている。
・Geforceより色が鮮明に映る。

■デメリット
・Geforceのほうが対応ゲームが多い。
・やや放熱能力が低い。
・Rx 2xx、Rx 3xxシリーズはGeforceシリーズと比べ消費電力が高い。

■関連情報
グラフィックボードの性能比較表2015年版
お勧めグラフィックボード2013年版(Radeon編)

■Radeonシリーズでお勧めできるグラフィックボード(性能が高い順)
Radeon R9 Fury X TDP 275W
AMDのシングルGPU最速のパフォーマンスを持ち、
水冷クーラーを搭載し冷却性が高くHBM1という高速メモリを搭載、
ショート基板を採用している事などが特徴となっている。
パフォーマンスはGTX 980 Ti程度だが消費電力は非常に高いので、
高い容量の電源ユニットが必要となっている。

Radeon RX 480 TDP 150W
Polarisアーキテクチャを採用した新型となっており、
消費電力あたりの性能効率を大幅に向上させGTX 970以上GTX 980以下のパフォーマンスを持ちつつ、
6ピンコネクタ1本なので取り回しが良いのが特徴となっている。
しかしPCI Express x16スロットから電力を過剰に消費する問題があるため、
それを解消したRadeon Software Crimson Edition 16.7.1以降の、
ドライバを自己責任でインストールする必要がある。
またVR描画性能はそれなりにありVR入門のGPUとして向いているのも特徴。

Radeon R9 390 TDP 275W
R9 290のリブランド品だがクロックを向上させスペックはR9 290Xに近くなっている。
GTX 970と同等以上のパフォーマンスで最新ゲームでもかなり高い設定でプレイする事ができるが、
かなりの消費電力となっているので高い容量の電源ユニットが必要。

Radeon RX 470 TDP 120W
Polarisアーキテクチャを採用した新型となっており、
消費電力あたりの性能効率を大幅に向上させ、
GTX 970より少し低めの性能、消費電力を実現し6ピンコネクタ1本で取り回しも良い。
コストパフォーマンスが非常に高く最新ゲームもフルHDかつ高い設定でプレイでき、
VR描画性能においてもある程度のスペックを備えているのも良い。

Radeon R9 380 TDP 190W
R9 285のリブランド品だがクロックを高くしており、
GTX 960と同等以上のパフォーマンスとなっている。
最新ゲームでもフルHDかつ高い設定でプレイする事ができるのが特徴。

Radeon R7 370 TDP 110W
R7 265のリブランド品だがクロックを向上させている。
それなりに高いスペックとそこそこの省電力、
6ピンコネクタ1本なので取り回しが良いのが特徴となっている。
また最新ゲームでもフルHD、高解像度にこだわらなければ高めの設定でもプレイできる。
ちなみにGTX 660よりやや高めのパフォーマンスを持っている。

Radeon RX 460 TDP 75W
Polarisアーキテクチャを採用した新型となっており、
R7 370とほぼ同等のパフォーマンスを持ちつつ補助電源無しなのが特徴。
最新ゲームにおいてもある程度の解像度で高めの設定ならプレイできる。

Radeon R7 360 TDP 100W
GTX 750 Tiよりやや低めまたは同等のパフォーマンスとなっている。
最新ゲームでもフルHD、高解像度、高設定にこだわらなければプレイできる。

Radeon R7 Graphics(APUのA10-7850K等に搭載されている)
AMDのAPUであり内蔵GPUの中では高いスペックを誇り、
これ単体でも高負荷のゲームをある程度は動作させる事ができる。
またA10-7870Kに搭載されているものだとややパフォーマンスが向上する。

主流のグラフィックボードの方向性など2015~2016年版(Geforce編)

■最近のGeforceシリーズの方向性
■メリット
・7xxおよび9xxシリーズは消費電力の性能効率が高い。
・1xxxシリーズはさらに効率化が図られている。
・Radeonより最適化されているゲームが多い。
・Radeonより冷却機能がやや良い。
・ゲームで3D画面がサポートされている。

■デメリット
・4xxおよび5xxシリーズはRadeonより消費電力が高い。
・GTX460 1GBとかGTX460 768MBとかGTX 460SEなど名前がややこしいこと。
・GT520より旧型のGT220のほうが性能が高いなど旧型のほうが良い種類がありややこしい。

■関連情報
グラフィックボードの性能比較表2016年版
お勧めグラフィックボード2013年版(Geforce編)

■Geforceシリーズでお勧めできるグラフィックボード(性能が高い順)
Geforce GTX 1080 TDP 180W
スペックはGTX TITAN XやGTX 980 Tiを上回りGTX 980 SLI(二枚搭載)とほぼ同等で、
実際の消費電力もGTX 980とほとんど変わらないのが特徴となっている。
大抵のDX11の最新ゲームを2560x1600という高い解像度で余裕を持って動作させ、
4K解像度においても60FPS以上で動作させられるタイトルが多い。
価格はGTX 980 Tiよりも高いがそれに見合ったパフォーマンスを得ることが出来る。
またビデオメモリを8GB搭載しているのも優秀である。

GeForce GTX 1070 150W
GTX TITAN Xを超えるパフォーマンスを持ちつつ実際の消費電力がGTX 970より低いのが特徴。
大抵のDX11の最新ゲームを2560x1600という高解像度でも高いフレームレートを維持でき、
4K解像度においても設定を調節すれば十分快適に動作する事も出来る。
価格はGTX 980 Tiより安くハイパフォーマンスなため非常に優秀なGPUといえる。

Geforce GTX 980 Ti TDP 250W
GTX TITAN Xに非常に近いパフォーマンスを持ち消費電力も近いのが特徴。
大抵のDX11の最新ゲームを2560x1600という超解像度でも、
高いフレームレートを維持できタイトルによっては4K解像度でも可能。

GeForce GTX 1060(6GB版) TDP 120W
スペック面はGTX 980とほぼ同等で消費電力はGTX 970より大幅に低く、
コストパフォーマンスも高いのが特徴となっている。
大抵のDX11の最新ゲームを2560x1600という超解像度でも高いFPSを維持でき、
VRの用途においてもかなり高いパフォーマンスを持っている。
またメモリが6GBも搭載されているのも良い。

Geforce GTX 980 TDP 165W
高い性能あたりの電源効率を持つ第2世代Maxwellアーキテクチャを採用したGPU。
値段は高いが大抵のDX11の最新ゲームを2560x1600という超解像度でも、
高いフレームレートを維持できるほどのパフォーマンスを持っている。
またGTX 780 Tiよりも消費電力が大幅に低いのも良い。

GeForce GTX 1060(3GB版) TDP 120W
スペック面はGTX 970より若干高く消費電力はGTX 1060(6GB)より僅かに低い。
最新のゲームにおいてもかなり高い設定でプレイすることができ、
VRの用途においても十分高いパフォーマンスを引き出す事ができる。
しかしメモリがGTX 1060(6GB版)の半分なため、
ごく一部のゲームで非常に高い解像度、設定の場合メモリ不足になる場合がある。

Geforce GTX 970 TDP 145W
消費電力が低く高いパフォーマンスを誇っているのが特徴で、
最新ゲームでもかなり高い設定でプレイする事ができる。
しかし問題がありグラフィックスメモリの使用量が3.5GBを超えると、
メモリバス大域幅が大幅に低下してパフォーマンスが落ちてしまう。

Geforce GTX 960 TDP 120W
高めのパフォーマンスと低めの消費電力、
補助電源が6ピンコネクタ一つで済み取り回しが良いのが特徴。
最新ゲームでもフルHDで高めの設定または、
解像度を抑えて高い設定でプレイする事ができる。
消費電力を抑えつつ高めの設定でプレイしたいユーザーにお勧めできる。

Geforce GTX 1050 Ti TDP 75W
GTX 960とほぼ同等のパフォーマンスでありながら補助電源が不要なのが特徴。
最新ゲームをフルHDで高めの設定か解像度を抑えて高い設定でプレイできる。
またビデオメモリを4GB搭載しているのも良い。
省電力で最新のゲームをしっかりとプレイしたいユーザーにはお勧めできる。

Geforce GTX 1050 TDP 75W
GTX 950と比べ少しパフォーマンスが高く補助電源不要なのが特徴。
最新ゲームをフルHDでそれなりの設定か解像度を抑えて高めの設定でプレイできる。
また実際の消費電力はGTX 1050 Tiよりわずかに低くなっている。
GTX 750 Tiよりワンランク上のパフォーマンスを求めるユーザーには良い。

Geforce GTX 950 TDP 90W
GTX 750 Tiと比べワンランク上のスペックを備えており、
補助電源が6ピンコネクタ一つで済み取り回しが良いのが特徴で、
最新ゲームもフルHDでそれなりの設定または、
解像度を抑えて高めの設定にすればプレイする事ができる。
基本的には消費電力を大幅に抑えたGTX 760と考えればいいだろう。

Geforce GTX 750 Ti TDP 60W
消費電力が低く補助電源を必要とせず性能もそれなりに高いのが特徴。
最新ゲームでもフルHD、高解像度にこだわらなければ高めの設定でもプレイできる。
省電力でサイズが抑えられておりパフォーマンスはそれなりでコストパフォーマンスも高いため、
グラフィックボードとはどういうものかを知るまたは高解像度を求めずに、
とにかく最新のPCゲームをプレイしたいユーザーにお勧めできる。

最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(3/3現在)

人気PCパーツ2(2/11現在)

人気PCパーツ3(6/17現在)

人気アニメ(6/25現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報やレビューなどの情報を記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(6/25現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数