PSVita 3DS リメイク、リマスター発売予定タイトル

■PSVitaや3DSで発売される予定のタイトル
・PS3/XBOX360
3DS   スーパーストリートファイター4

・PS2
PSV   ファイナルファンタジー10

・N64
3DS   スターフォックス64
3DS   ゼルダの伝説 時のオカリナ

・DS
PSV   テイルズオブイノセンス

・GB/GBC
3DS   ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド

旧グラフィックボードの性能比較表まとめ

■グラフィックボードの性能比較表まとめ
・Geforce系統とRadeon系統のグラフィックボードの比較表まとめです。
ここでは昔のグラフィックボードの比較もします。

■ハイエンド
・最新のゲームを超解像度でプレイしたい人向け。(解像度1920x1080以上)
最大の画質でゲームをしたい人にはお勧め。

・Geforceシリーズ(性能が高い順)
Geforce GTX 590 TDP 365W 
Geforce GTX 580 TDP 244W
Geforce GTX 570 TDP 219W
Geforce GTX 295 TDP 289W
Geforce GTX 480 TDP 250W

・Radeonシリーズ(性能が高い順)
Radeon HD 6990   TDP 375W (GTX 590に対抗)
Radeon HD 5970   TDP 294W (GTX 580に対抗)
Radeon HD 6970   TDP 250W (GTX 580に対抗)
Radeon HD 6950   TDP 200W (GTX 570に対抗)
Radeon HD 5870   TDP 188W (GTX 480に対抗)
Radeon HD 4870X2  TDP 256W (HD 5870に近い性能を持ち4870のCFより消費電力は低い)

■ハイクラス
・最新のゲームを高解像度でプレイしたい人向け。(解像度1600x900~1920x1080程度)
フルHD画質でゲームをプレイしたい人にお勧め。

・Geforceシリーズ(性能が高い順)
Geforce GTX 560 Ti TDP 170W (消費電力や性能のバランスはなかなか良い)
Geforce GTX 560 TDP 170W (560 Tiとほぼ同じ消費電力で性能が若干劣る。)
GeForce GTX 470 TDP 215W (消費電力や性能からGTX 560シリーズの方が優秀)
Geforce GTX 460 TDP 160W (1GB版の場合)
GeForce GTX 285 TDP 204W (GTX 280、275より消費電力が低い)
Geforce GTX 465 TDP 200W (GTX 460と性能がほぼ同じで消費電力が高い。)
GeForce GTX 280 TDP 236W (消費電力が高い)
GeForce GTX 275 TDP 219W (GTX 460のバランスが良い)


・Radeonシリーズ(性能が高い順)
Radeon HD 4850 X2 TDP 250W (4850をCFするより消費電力は低い)
Radeon HD 5850   TDP 151W (GTX 470に対抗)
Radeon HD 6850   TDP 127W (GTX 460やGTX 470に対抗)

■ミドルクラス
・最新のゲームをそれなりの解像度でプレイしたい人向け。(解像度1280x720~1600x900程度)
消費電力と性能のバランスがとれているので万人受けする。
最新のゲームでなければフルHDでも快適に楽しむことが出来る。

・Geforceシリーズ(性能が高い順)
GeForce 9800 GX2  TDP 197W (今でも最新ゲームに通用する性能だがDX10までの対応)
Geforce GTX 460 SE TDP 150W (GTX 460を選んだほうが良い。)
GeForce GTX 260 TDP 182W(3年)
Geforce GTX 550 Ti TDP 116W (実際より消費電力が高くGTX 460並である)
Geforce GTS 250 TDP 150W (DX10までしか対応せず)
Geforce GTS 450 TDP 106W (1600x900の解像度では微妙)

・Radeonシリーズ(性能が高い順)
Radeon HD 3870 X2 TDP 約190W(Radeon HD 3xxxシリーズの最上位で今でも性能は十分高い)
Radeon HD 6790   TDP 150W (実際より消費電力は低いが6ピンコネクタが二本必要。)
Radeon HD 6770   TDP 108W (HD 5770よりは性能は若干上だが実際の消費電力は高め)
Radeon HD 5770   TDP 108W (HD 6770とほぼ同じ性能で使いやすい)
Radeon HD 5750   TDP 86W (補助電源不要のタイプも存在する)

■エントリークラス
・最新のゲームを低~中解像度でプレイしたい人向け。(解像度800x600~1280x720程度)
消費電力は低めなので使いやすいが性能がやや低い。
最新のゲームでなければそれなりに高い解像度でプレイできる。
フルHDの動画を快適に見ることが出来る性能。

・Geforceシリーズ(性能が高い順)
Geforce 9800 GT TDP 105W (在庫が少ないがDX10までであり省電力版は66、75W)
Geforce 9600 GT TDP 96W (旧式だがなかなかだがDX10までであり省電力版は59W)
GeForce 9600 GSO TDP 105W (GT 240とほぼ互角でDX10までの対応)
Geforce GT 240 TDP 69W (性能がやや低くDX10.1までしか対応していない)
Geforce GT 440 TDP 65W (GT 240以下の性能だがDX11まで対応している)

・Radeonシリーズ(性能が高い順)
Radeon HD 6670 TDP 66W (9600 GTに対抗)
Radeon HD 5670 TDP 64W (HD 6670よりちょっと性能が低いが使いやすい)

■ロークラス
・最新のゲームを低解像度で設定を下げてでもプレイしたい人向け。(解像度800x600~1024x768程度)
最新のゲームでなければある程度の解像度でプレイできる。
フルHD解像度の動画を見ることが出来る性能。

・Geforceシリーズ(性能が高い順)
Geforce GT 430 TDP 49W (DX11対応)
GeForce GT 220 TDP 58W (DX10まで)

・Radeonシリーズ(性能が高い順)
Radeon HD 6570 TDP 60W (HD 5670より性能は低め)
Radeon HD 5570 TDP 39W (GT 430に対抗し消費電力は低め)
Radeon HD 5550 TDP 39W (GT 220程度の性能)

・AMD内蔵GPU
Radeon HD 6550D(A8-3850に搭載された内蔵GPUでGeforce GT 430程度の性能を持つ。)

■ローエンド
・最新のゲームをプレイしない人か最低設定でプレイする人向け。(解像度640x480~800x600程度)
一昔前のゲームを動かすことが出来る程度ではあるが高解像度は望めない。
HD解像度の動画を見ることができる程度の性能。

・Geforceシリーズ(性能が高い順)
Geforce GT 520 TDP 29W (intelが開発した内蔵GPUのHD 3000を少し上回る程度の性能)
GeForce 7900 GT (一昔前のハイエンド。消費電力は7900GTXよりは遥かに低かった。)
Geforce 210    TDP 30W (intelが開発した内蔵GPUのHD 2000より大幅に下回る性能)

・Radeonシリーズ(性能が高い順)
Radeon HD 6450 TDP 27W (GT 520より性能が高い)
Radeon X1950 Pro TDP 約75W (旧型のハイクラスだった)
Radeon HD 5450 TDP 19W (HD 3000より下の性能だがDX11である)

・S3シリーズ(性能が高い順)
Chrome 540 GTX 9,000円(S3のグラフィックボードでDX10.1に対応している)

・intel内蔵GPU
HD Graphics 3000 (Core i7 2600Kに搭載されているもの。7800GTと互角の性能を持つ。)
HD Graphics 2000 (Core i 2xxxシリーズに搭載されているもの。9400GTと互角の性能を持つ。)
(HD Graphics 3000のCore i7 2500Kに搭載されているものはクロックが低く性能がちょっと低い。)


ゲーム情報検索

■ゲーム情報検索
・調べたいゲームの情報を選ぶページです。。(最終更新日2011/10/01)

■HDリマスター情報
PS3 XBOX360 HDリマスター発売予定タイトル
PSVita 3DS リメイク、リマスター発売予定タイトル
モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver
HDリマスター第二弾 MGSピースウォーカーHD

■ゲーム機性能検索
Wii U vs PS3 vs XBOX360
3DS vs PSP
PlayStation Vita 最近の情報
ニンテンドー3DS 情報

■その他の検索
PS3、XBOX360 残りライフサイクルは半分程度
ニンテンドー3DS 8月11日から値下げ
PS3 新価格
DmC Devil May Cry 衝撃の設定変更
名作ゲームのリメイクや移植が本格的になりつつある
3DSに拡張スライドパッドが発売予定

HDリマスター第二弾 MGSピースウォーカーHD

■HDリマスター第二弾はPS3、XBOX360マルチで発売決定
・XBOX360で初、PS3で第二弾となるPSPソフトHD化は、
コナミが製作したメタルギアソリッドピースウォーカーHDである。
高性能機の性能をいかしているのはもちろん、2Dの部分も作り直されている。

メタルギア ソリッド ピースウォーカー HD エディション (通常版) (PSP版「メタルギアソリッド ピースウォーカー」ダウンロードコード同梱)


アトラス 2D格闘ゲーム発表

■アトラス、ペルソナシリーズのキャラが登場する格闘ゲームを発表
・開発はブレイブルーのチームでアーケード版稼動が2012年春となり、
PS3版、XBOX360版は2012年夏になる予定らしい。
基本的にはペルソナ4のキャラが登場するようだ。

ペルソナ4が携帯ゲーム機に移植されるらしい

■PS2で人気のRPG、ペルソナ4がリメイクされる?
・ペルソナ4が携帯ゲーム機に移植されるらしい。
3DSで発売される情報があったが最近ではPSVitaで発売される情報もある。
どちらかというとPSVitaで発売される可能性が高いらしい。

ペルソナ4 PlayStation 2 the Best



LGA2011 Sandy Bridge-E 情報その2

■Sandy Bridge-Eの最上位CPUはCore i7 3960X EE
・intelの次世代CPUであるCore i7 3000シリーズの最上位は、
Core i7 3960X EEらしい。
そしてその下位にはi7 3930、i7 3820があり早ければ2011年末には発売されるようだ。

■Core i7 3960X EEの性能
コア数 6コア 12スレッド CPU3.30Ghz~3.90Ghz L3C 15MB プロセス 32nm TDP 130W

Intel CPU Core i7 Extreme 3960X 3.30GHz 15M LGA2011 SandyBridge-E BX80619I73960X



携帯ゲーム機考察(第1世代)

■第一世代の携帯ゲーム機の特徴
・1979年にMicrovisionという携帯ゲーム機が発売されたが日本では発売されなかった。
任天堂が1980年にゲーム&ウオッチという携帯ゲーム機を発売され大ブームとなった。
このころのゲーム機は白黒画面で表現されていた。
ここでは三機を紹介する。

■Microvision
・世界で初めてのメディア交換型の携帯ゲーム機。
操作は12個のボタンと本体の下のパドルを使用するが、
カートリッジの形状は本体前面を覆うような形になっているので、
使わないボタンはカートリッジによって覆われるような形となっている。

■ゲーム&ウオッチ
・任天堂初の時計機能付き携帯ゲーム機。
ゲームソフトはゲーム機一つに一種類という非常にシンプルな設計となっており、
様々な種類のゲームが発売された。
初期は完全なモノクロだったが時代が進むにつれ擬似カラー、ワイドスクリーン、マルチスクリーンなど
様々な種類が作られていった。

■ゲームポケコン
・エポック社が発売した携帯ゲーム機。
ロムカセットを最初に採用したゲーム機で据え置き機のカセットビジョンを多少上回る性能を持つ。
しかし本体が大きくソフトも自社のみだったため成功することはできなかった。

据え置きゲーム機考察(第1世代)

■第一世代の据え置きゲーム機の特徴
・ゲーム機で初となるオデッセイがリリースされる。
このころはROMカセットというものは無く本体にゲームが内蔵されており、
最初から入っている数種類のゲームしか遊ぶことは出来なかった。
なので最初から入っているゲームを別売りの切り替えカードで制限し、
その切り替えカードを追加購入すればそのゲームをプレイすることが出来るものもあった。
ここでは一部のゲーム機を紹介する。

■オデッセイ
・マグナボックス社から発売された世界初の家庭用ゲーム機。
日本ではこのゲーム機は発売されていない。

■ポン
・アタリ社が開発したゲーム機。
一般に知れ渡った最初のゲーム機である。
ゲーム内容は卓球のみである。

■テレビゲーム15
・任天堂が開発したゲーム機。
15種類のゲームが遊べるが基本的に卓球である。
これの廉価版であるテレビゲーム6もある。

据え置きゲーム機考察(第2世代)

■第二世代の据え置きゲーム機の特徴
・フェアチャイルド社がチャンネルFを発売する。
チャンネルFはROMカートリッジを差し込むことで様々なゲームが楽しめる、
初めての家庭用ゲーム機であった。
そしてアタリが発売したAtari 2600は当初苦戦を強いられていたがスペースインベーダーが、
移植されるなどでアメリカにおいて大人気となった。
日本や南米などの地域における本格的なゲーム機の普及は次の世代となる。
ここでは一部のゲーム機を紹介する。

■チャンネルFの特徴
・世界初のROMカートリッジを搭載したゲーム機。
これからROMカートリッジが搭載されるゲーム機が主流となる。

■カセットビジョンの特徴
・カセットビジョン自体にはCPUが入っておらず、
カートリッジにCPUを入れるという変わった構造をしている。
当時のゲーム機としては非常に安く1983年当時日本で一番売れていた。

■Atari 2600
・アタリ社が開発したゲーム機。
当時としては性能が高く様々なゲームが移植されていた。
新型のAtari 5200が発売されても継続して販売されていた。

■Atari 5200
・Atari 2600の後継機だがソフトの互換性は無かった。
ゲーム機初となるポーズボタンとリセットボタンを搭載している。

据え置きゲーム機考察(第3世代)

■第三世代の据え置きゲーム機の特徴
・ゲーム機の性能が前の世代より上昇し、
RPGや2Dアクションゲームなどのゲームシステムが作られた。
またファミリーコンピュータのパッド型コントローラがこの世代に登場し汎用性に優れた為、
今の時代でも使われている。
ここでは四機を紹介する。
(この時代では本体にコントローラがついているのが普通だった。)

■第三世代の据え置きゲーム機の性能・売上順
・性能順
SM3>FC>SCV>AD

・売上順
売上はファミコンが一番高かった。

■ファミリーコンピュータの特徴
・略してファミコン。
当時としては高性能であり色、音の表現力が高かった。
それだけではなく今のゲーム機でも採用されているパッド型コントローラを搭載している。
なおコントローラにはマイク機能も搭載されている。

■セガ・マークIIIの特徴
・この世代としては性能が高いゲーム機だった。
3Dグラスを使った専用ソフトが存在しておりこのころから、
3D映像を作り出しており当時としては画期的だった。
ちなみにコントローラはパッド型である。

■アルカディアの特徴
・バンダイが発売したゲーム機でキャラクターゲームが特徴だった。
この世代のゲーム機の中では性能は劣るもののコントローラの形状は、
非常に画期的だった。

■スーパーカセットビジョンの特徴
・カセットビジョンより性能が上昇しておりスプライト機能は当時としては高かった。
サウンドの機能が貧弱なので効果音がなるとBGMが中断してしまう欠点があった。
コントローラの形状は縦長である。
これがエポック社最後のゲーム機となった。

ファミリーコンピュータ 本体



モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver

■PS3でPSPで人気のMHP3rdの高画質版が発売!
・PS3で初めてとなるPSPソフトHD化の記念すべき第一作目はMHP3rdである。
高解像度、3D対応、大画面でできるのが特徴である。

■PSP版のほうが快適
・PSP版では通信に問題は無いのだがPS3版では通信に難があり、
PSPからデータを移動させる方法がわかりにくいことだ。
PS3版はどちらかというと一人プレイ向きだろう。

モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver.


AMD 新型CPUの上位モデル 2011年発売予定

■A8-3870が2011年末に発売される?
・A8-3850の上位モデルであるA8-3870が2011年末に発売されるようだ。
性能は若干引き上げられており4コアで3.10Ghzであり、
倍率ロックフリーであるためオーバークロックしやすくなっている。
グラフィック性能はA8-3850と同じである。

■追記
・A8-3870は3.00Ghzでした。

AMD A8-Series APUs A8-3870 FM1 TDP 100W 3.0GHz×4 キャッシュ4MB RH6550D AD3870WNGXBOX


Core i7 980とCore i7 980X EE

■Core i7 980の無印版の特徴
・基本的にはほとんど同じなのだが、
値段はCore i7 980X EEと比べほぼ半額の5万前後になっている。
しかし無印版は倍率がロックされているためオーバークロックしづらくなっていたり、
転送速度が若干劣っている。
それでも性能自体にはほとんど差が無いのでEE版と比べ多少お手頃感はあるのかもしれない。

インテル Boxed Intel Core i7 i7-980 3.33GHz 12M LGA1366 Gulftown BX80613I7980


PCパーツと性能について2011年版の更新

■更新内容
・PCパーツと性能について2011年版(メモリ・HDD編)を更新。

PS3 新価格

■PS3値下げ…なんとその価格は24,980円!
・PS3の160GBモデルが29,980円から24,980円に値下げした。
2011年末~2012年に発売されるであろう、
ソニーの新型携帯ゲーム機であるPS Vitaとほぼ同じ価格となる。
ちなみに値下げは8月18日に行われている。

PlayStation 3 (160GB) クラシック・ホワイト (CECH-2500ALW)


グラフィックボードの性能比較表2011年版の更新

■更新内容
・S3 GraphicsのChrome GTX 540を追加しました。

Chrome 540 GTXの性能

■S3 Graphicsのグラフィックボード、Chrome 540 GTXの性能
・Chrome 540 GTX自体の性能はCore i7 2600Kに搭載されている、
intel hd graphics 3000に近い性能を持っている。
Geforceと比べればGeforce 8500 GT~Geforce 7900GTの間であり、
Radeonと比べればRadeon HD 3470~Radeon HD 4650の間ぐらいである。
ちなみにDX10.1に対応している。

玄人志向 グラフィックボード AMD Radeon HD5450 512MB PCI-E LowProfile対応 RGB DVI HDMI ファンレス RH5450-LE512HD/D3/HS/G2


AMD 新型CPUの下位モデル 2011年発売予定

■2011年末にE2-3200などが発売される予定
・Llanoの下位モデルであるE2-3200が2011年末に発売されるらしい。
2コアで2.40Ghzの性能からするとCeleron Dual Core程度なのだが、
Radeon HD 6370Dが搭載されているのでグラフィック性能では大幅に上回る。
この性能からすると値段はintelのCeleronシリーズ程度なのかもしれない。

Gateway デスクトップパソコン SX2370-A22D SX2370-A22D


名作ゲームのリメイクや移植が本格的になりつつある

■据え置き機から携帯機へ…
・簡単に言えば準備いらずで昔に発売された据え置き機ゲームが、
携帯機用に移植され手軽に楽しめるようになるということ。
もちろんただ移植するだけではなくリメイクされクオリティや内容が、
変更されたり向上したりと昔より良くなっている場合があるが、
ごくたまにオリジナルよりも劣ったりそのままだったりするものがある。
もちろん据え置き機から新型据え置き機に移植されるケースもある。
この場合は基本的にオリジナルよりクオリティや内容が向上している。
しかしオリジナルより劣るものやそのままだったりするものもあるので注意すること。
最近は名作ゲームを移植する傾向がある。

■3DS
・N64などのソフトを移植するだけではなく大幅にクオリティを上昇させ、
さらに新たな機能が多く追加されている。
PS2のソフトも移植されることがありこの場合は読み込み時間が削減されている。

■PSP
・PSやPS2などのソフトを移植しアスペクト比を変更することにより横が広くなり快適になる。
しかしPS2からの移植の場合は仕様のためにクオリティが若干下がる。

■PSVita
・PS3のソフトが移植される可能性がある。

New スーパーマリオブラザーズ



PS2、PSPソフトのリメイクがPS3で登場する予定

■PS2、PSP等の名作ゲームがリメイクされPS3で登場する予定
・PS3のスペックを生かし解像度が大幅に上昇するだけではなく、
一部のソフトではグラフィックなども改良されるようだ。

■解像度はどれほど上がるのか?
・HDリマスター版の解像度は1920x1080という情報があります。
(PSPは480x272の解像度。)

PlayStation 2専用メモリーカード(8MB)


LGA2011 Sandy Bridge-E 情報

■Core i7 3000シリーズ
・Sandy Bridge-Eの製品名がCore i7 3000シリーズらしい。
これはLGA2011のマザーボードに対応しており、
LGA1366のマザーを採用したCore i7 900シリーズの後継となるらしい。
値段はCore i7 2600Kと同等になるらしい。

Intel CPU Core i7 i7-2600K 3.4GHz 8M LGA1155 SandyBridge BX80623I72600K



Intel Core i7 960 3.2GHz Clock Speed 8M L3 Cache LGA1366 Desktop Processor BX80601960


DmC Devil May Cry 衝撃の設定変更

■DmC Devil May Cryの最新情報
・今作の主人公であるダンテの設定は今までの悪魔と人間の混血ではなく、
悪魔と天使の混血という設定に変更されている。
今作は続編ではなくパラレルワールドなのかもしれない。

デビル メイ クライ 4



PSVita 最新情報

■PSVitaの最新情報
・PSVitaはPS3やXBOX360に近い性能を持つらしい。
メインメモリは512MBでビデオメモリが128MBであり合計640MBです。
CPUのコア数も4つと携帯機としては高水準です。
(ちなみにPS3のメモリは512MBでCPUは7コアで3.2Ghz。)

アンチャーテッド - 地図なき冒険の始まり -


ゲーム機世代考察の更新

■更新内容
・ゲーム機世代考察検索に携帯ゲーム機考察(第2世代)を追加しました。

3DS vs PSP

■ニンテンドー3DSのスペックはPSPより性能が高いのか?
・任天堂の最新携帯ゲーム機であるニンテンドー3DS。
ソニーの現行携帯ゲーム機PSPとよく比較されるようだがどちらが性能が良いかはっきりさせてみた。

■ニンテンドー3DS、PSPの性能比較
・3DS
PSPより性能自体は高いが発売されたばかりなので性能を完全に発揮できておらず、
PSPの表現力に劣るソフトも存在する。
しかし新たな機能の立体視機能や画面表現自体の方法がPSPよりも多いため、
性能を発揮することができればWii程度の表現力を出すことはできるだろう。

・PSP
3DSより解像度が高く発売から時間がたっているのでPSPの性能を限界まで発揮させることによって、
3DSの表現力を上回るソフトも存在する。
最新機であるPSVitaが発売されるまでPSPが3DSに対抗しきれるかがソニーの勝負どころである。

■3DS vs PSVitaになる前にPSPはどこまで戦えるか?
PSPが新型のPSVitaに世代交代する前に3DSが市場を押し切るか、
PSPがどれだけ市場を維持するかによって大きくシェアが変わるだろう。
そのカギはサードパーティーがPSPに残留するか3DSに移行するかである。

SONY メモリースティック Pro Duo Mark2 4GB MS-MT4G




メモリーカード 16GB (PCH-Z161J)



PC情報の更新について(その2)

■更新内容
・PCパーツの説明を少しだけ追加。

ゲーム機世代考察の検索を追加

■更新内容
・ゲーム年代検索にその他検索を追加しその中に、
ゲーム機世代考察検索を追加しました。

ゲーム機世代考察検索

■ゲーム機世代考察検索
・調べたいゲーム機の世代を選ぶページです。(最終更新日2017/03/25)

■据え置きゲーム機世代検索
据え置きゲーム機考察(第1世代)
据え置きゲーム機考察(第2世代)
据え置きゲーム機考察(第3世代)
据え置きゲーム機考察(第4世代)
据え置きゲーム機考察(第5世代)
据え置きゲーム機考察(第6世代)
据え置きゲーム機考察(第7世代)
据え置きゲーム機考察(第8世代)

■携帯ゲーム機世代検索
携帯ゲーム機考察(第1世代)
携帯ゲーム機考察(第2世代)
携帯ゲーム機考察(第3世代)
携帯ゲーム機考察(第4世代)
携帯ゲーム機考察(第5世代)
携帯ゲーム機考察(第6世代)
携帯ゲーム機考察(第7世代)

ニンテンドー3DS 8月11日から値下げ

■ニンテンドー3DSの新価格は1万5000円!
・この値段はDSiの値段と同額でありDSi LLの1万8000円より安い金額である。
これにより3DSの買い控え現象が起こっている。

■値下げ前の3DSの特典
・8月10日までに3DSでニンテンドーeショップに接続することで、
無料で20本のバーチャルコンソールタイトルを手にする権利が与えられ、
その中の10本は今回しか手に入らない。
ファミコンのタイトルは9月1日で配信され、ゲームボーイアドバンスのタイトルは年内とのこと。

ニンテンドー3DS アイスホワイト




最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(4/30現在)

人気PCパーツ2(4/30現在)

人気PCパーツ3(4/30現在)

人気アニメ(6/25現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報や、
レビュー等の情報を、
記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

スマートフォン版へ移動
メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
PCパーツ比較2018年版
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(12/22現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数