任天堂 Wii U プレミアムセットの新色を7月13日に発売予定

■任天堂 Wii U プレミアムセットに新色が発売予定
・任天堂の公式にてWii U プレミアムセットの新たな色である「shiro」が、
2013年7月13日から発売予定となっている。
Wii Uの「shiro」はWii U ベーシックの「shiro」と同じ色である。
詳しい内容はソース元の任天堂を調べよう。
(ソース元 任天堂 ttp://www.nintendo.co.jp/wiiu/hardware/index.html)

Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA)


Wii U プレミアムセット kuro (WUP-S-KAFC)


最新ゲームのまとめその119 PS4、Xbox One等の新情報

■スクウェア・エニックス コール オブ デューティ ゴーストのPS4、Xbox One版の日本地域発売を発表
・GAME Watchによるとスクウェア・エニックスはアクティビジョンのFPS、
コール オブ デューティ ゴーストのPS4版、Xbox One版の日本地域発売を追加発表した。
詳しい内容やトレーラーはソース元のGAME Watchにて調べよう。
(ソース元 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130529_601399.html)

■ラッセル PS3、XBOX360 ファーミング シュミレーターの発売を決定
・GamerによるとラッセルはPS3、XBOX360用の農業マネージメントSLG、
ファーミング シュミレーターの発売日を9月5日と発表した。
「本作は常に時間が流れているオープンワールドを、
プレイヤーが自分だけのマップへと作り変えていくことができる」シュミレーションゲームである。
詳しい内容はソース元のGamerにて調べよう。
(ソース元 Gamer ttp://www.gamer.ne.jp/news/201305300015/)

■thatgamecompany PSVita版 FloweryがE3 2013に出展
・インサイドによると風ノ旅ビトを手がけたthatgamecompanyが、
2009年に発売したPS3ソフト、FloweryのPSVita版が新たにE3 2013に出展されるようだ。
本作では「一枚の花びらとなって、
色のない世界に色とりどりの花を咲かせていくポエティックアドベンチャーゲーム」である。
詳しい内容はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/05/31/66984.html)

PlayStation 3 250GB チャコール・ブラック (CECH-4000B)


Xbox 360 250GB


5月20日~5月26日の週間ソフト売上ランキング(2013年)

■真・女神転生4など合計で9本のタイトルがランクインしたランキング
・4Gamerによると今週のランキングで新作は、
3DSソフトの真・女神転生4(アトラス)で1位となっており、
188,562本売り上げておりかなり好調となっており、
2位にはPS3の仮面ライダー バトライド・ウォー(バンダイナムコゲームス)で128,659本売れ、
3位にはPS3のバイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション(カプコン)と、
なっており102,673本売り上げており新作は全部で9本ランクインしている。
また3DSソフトのトモダチコレクション 新生活(任天堂)が4位で59,876本売り上げ、
7位には3DSソフトのルイージマンション2(任天堂)で19,079本売り上げ、
8位には3DSソフトのとびだせ どうぶつの森(任天堂)で15,489本売り上げている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/117/G011794/20130529070/)

■一言
・真・女神転生シリーズの10年ぶりとなったナンバリングタイトルである、
真・女神転生4はかなり好調となっておりPS3の新作もそれなりに好調となっている。

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション


真・女神転生IV


LGエレクトロニクス FLATRON 23EA53VQ-Pの性能、仕様、特徴

LGエレクトロニクス FLATRON 23EA53VQ-Pの性能、仕様
・画面サイズ23型、縦横比16:9、解像度1920x1080、応答速度5ms。
・コントラスト比1000:1(最大5000000:1)、視野角(垂直178度、水平178度)
・サイズ(幅544mm、高さ406mm、奥行き181mm)、消費電力26W、重量3.15kg。
・IPSパネル、表面処理ノングレア(非光沢)、輝度250cd/m2、表示色約1,670万色。
・画素ピッチ0.265mmx0.265mm、入力端子(D-Subx1、DVIx1、HDMI端子x1)
・バックライトLED、チルト機能(垂直角度調節機能)

■特徴
・ノングレアの23インチワイドモニター。
コストパフォーマンスを重視したモニターである。
視野角が広く軽量かつ消費電力が低いのが特徴。

LG Electronics Japan 23インチ AH-IPS液晶モニター 23EA53VQ-P


ASRock FM2A85X-ITXの性能、仕様、特徴

ASRock FM2A85X-ITXの性能、仕様
・フォームファクタMINI-ITX、CPUスロットSocketFM2、チップセットAMD A85X。
・メモリタイプDDR3-1866/1600/1333/1066、メモリスロット数2個、最大メモリ容量32GB。
・PCI Express 2.0 x16(1本)
・背面端子USB 3.0 x4、SATA6.0G、サウンドRealtek ALC892。
・対応CPU(AMD第二世代、A10、A8、A6、A4シリーズ)、幅170mm、奥行き170mm。
・内蔵グラフィック無し、HDMI。
・ゴールドコンデンサを採用。

■特徴
・A85Xチップセット搭載のマザーボード。
小型のマザーボードで小型のPCを組むのに向いている。
特徴はゴールドコンデンサを採用している事により安定性などを向上させていることや、
除湿機機能やUEFIなど様々な機能を持っている。

ASROCK FM2A85X Mini-ITX FM2A85X-ITX


AMD サーバー/ワークステーション向けで初のGPU機能を内蔵するCPUを発表

■AMDのサーバー/ワークステーション向けCPUに初のGPU機能を内蔵
・PC WatchによるとAMDはサーバー/ワークステーション向けのCPU「Opteron」として、
初めてGPU機能を内蔵する「Opteron X2150」を発表した。
主な性能はCPUコアはジャガーで4コア、1.1~1.9Ghz、GPUコアはRadeon HD 8000であり、
GPUクロックは266~600Mhzとなっており最大対応メモリはDDR-1600で32GBまで搭載可能で、
CPUとGPUクロックをユーザーがBIOSで設定できる為TDPは11~22Wの可変となっている。
詳しい内容はソース元のPC Watchにて調べよう。
(ソース元 PC Watch ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130529_601303.html)

AMD A-Series A10 5800K Black Edition ソケットFM2 TDP 100W 3.8GHz×4 GPU HD7660D AD580KWOHJBOX


AMD A-Series A4 5300 ソケットFM2 TDP 65W 3.4GHz×2 GPU HD7480D AD5300OKHJBOX


UBISOFT 海外向けにレイマン レジェンズのPSVita版を発表

■UBISOFT 海外向けにPSVita版のレイマン レジェンズを発表
・インサイドによるとUBISOFTはPS3、XBOX360、Wii U向けに発売が予定されている、
レイマン レジェンズのPSVita版をリリースする事を発表した。
PSVita版は他機種と同じ要素が追加されている他に、
PSVita版ならではのマップや独自要素等が追加されている。
詳しい内容はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/05/29/66923.html)

■一言
・PSVita版ならではの独自要素のひとつである背面タッチパネルを使ったコントロールや、
PSVita専用のマップなどがどのようなものかは気になるところではあるが、
日本国内でも発売するかどうかは未定なのでそのあたりは続報を待とう。

レイマン オリジン


レイマン オリジン


ワイドモニター ASUS VG248QEの性能、仕様、特徴

ASUS VG248QEの性能、仕様
・画面サイズ24型、縦横比16:9、解像度1920x1080、応答速度1ms。
・コントラスト比1000:1(最大80000000:1)、視野角(垂直160度、水平170度)
・サイズ(幅569.4mm、高さ499.9mm、奥行き321mm)、消費電力45W、重量5.5kg。
・TNパネル、表面処理ノングレア(非光沢)、輝度350cd/m2、表示色約1,677万色。
・画素ピッチ0.276mmx0.276mm、入力端子(DVIx1、HDMI端子x1、DisplayPortx1)
・バックライトLED、スピーカー搭載、チルト機能(垂直角度調節機能)
・ピボット機能(画面回転機能)、3D対応。

■特徴
・ノングレアの24インチワイドモニター。
応答速度が非常に速く垂直リフレッシュレートが144Hzなので、
非常に滑らかな動きを実現しており3Dにも対応している。
またデザインがそれなりに良いのも特徴。

ASUS VGシリーズ VG248QE 144Hz駆動24インチ液晶ディスプレイ VG248QE


ロジクール Keyboard K120の性能、仕様、特徴

ロジクール Keyboard K120の性能、仕様
・タイプ(メンブレン式)、ケーブル(有線、1.5m)
・キーピッチ19mm、サイズ(幅441mm、高さ19.5mm、奥行き149mm)
・キーレイアウト日本語109、インタフェースUSB、重さ約550g。
・耐水設計。

■特徴
・メンブレン式の有線ケーブルキーボード。
薄型かつ軽量で耐久性が高いのが特徴となっている。

ロジクール キーボード K120


ASUS P8H77-Iの性能、特徴

ASUS P8H77-Iの性能、仕様
・フォームファクタMini-ITX、CPUスロットLGA1155、チップセットintel H77。
・メモリタイプDDR3-1600/1333/1066、メモリスロット数2個、最大メモリ容量16GB。
・PCI Express 3.0/2.0 x16(1本)
・背面端子USB 3.0 x4、USB 2.0/1.1 x8、SATA6.0G、サウンドVIA VT1708S。
・対応CPU(intel Core i7、i5、i3 3000/2000シリーズ)、幅170mm、奥行き170mm。
・内蔵グラフィック対応、HDMI。

■特徴
・H77チップセット搭載のマザーボード。
拡張性はそれほど無いが基本的な構成なら十分使う事ができ安定性も良い。
また小型PCを組むのに向いている。

ASUSTek Intel Socket 1155 DDR3メモリ対応 mini-ITXマザーボード P8H77-I


ASUS VX238Hの性能、仕様、特徴

ASUS VX238Hの性能、仕様
・画面サイズ23型、縦横比16:9、解像度1920x1080、応答速度1ms。
・コントラスト比1000:1(最大80000000:1)、視野角(垂直160度、水平170度)
・サイズ(幅548.2mm、高さ402.7mm、奥行き210mm)、消費電力34W、重量2.6kg。
・TNパネル、表面処理ノングレア(非光沢)、輝度250cd/m2、表示色約1,677万色。
・画素ピッチ0.265mmx0.265mm、入力端子(D-Subx1、HDMI端子x2)
・バックライトLED、スピーカー搭載、チルト機能(垂直角度調節機能)

■特徴
・ノングレアの23インチワイドモニター。
応答速度が早くかなり軽いのが特徴のモニター。
またそれなりにデザインが良いのも特徴となっている。

ASUS VXシリーズ VX238H 23型 HDMI2ポート搭載 液晶ディスプレイ VX238H


CFD CSSD-S6T256NHG5Qの性能、仕様、特徴

CFD CSSD-S6T256NHG5Qの性能、仕様
・容量256GB、インターフェース(SATA 6GB/s)、サイズ2.5インチ。
・読み込み速度530 MB/s、書き込み速度490 MB/s、タイプMLC。

■特徴
・インターフェースがSATA 6GB/sの2.5インチSSD。
読み込み、書き込み速度ともに非常に優れており、
コストパフォーマンスも高い。

シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 256GB CSSD-S6T256NHG5Q


NVIDIA Geforce GTX 780 性能

■性能
・コアクロック863MHz、メモリクロック6008MHz、メモリバス幅384bit。
・シェーダユニット数2304基、テクスチャユニット数192基、ROP数48基。
・DirectX11.1対応、TDP250W、外部電源8pin+6pin

■特徴
・Geforce GTX 700シリーズのハイエンドGPU。
Geforce GTX TITANの下位GPUとなっておりGTX TITANと同じGPUコアが使われている。
性能面ではGTX TITANからシェーダユニットやテクスチャユニットを削っている分、
コアクロックを向上させておりGTX TITANと比べ性能が若干低い程度にとどまっているが、
それでも最高に近いレベルの性能を持っている。

■パフォーマンス
・高負荷のタイトルを高負荷設定かつ1920x1080で60Fps以上可能。
(S.T.A.L.K.E.R.:Call of Pripyat、Battlefield 3、Skyrim、
F1 2012、Sid Meier's Civilization V、DiRT 3等)

ASUSTeK NVIDIA GTX780チップセット オリジナルFAN「DirectCuII」搭載グラフィックカード GTX780-DC2OC-3GD5 【PCI-Express3.0】


GIGABYTE グラフィックボード GeForce GTX780 OCモデル PCI-Ex16 3GB WINDFORCE3X GV-N780OC-3GD REV2


ZOTAC GeForce GTX 780 グラフィックスボード 日本正規代理店品 VD5041 ZTGTX780-3GD5R01/ZT-70202-10P


Gainward NVIDIA GeForce GTX 780 PHANTOM OC NE5X780H10FB-1100P


CFD CSSD-S6T128NHG5Qの性能、仕様、特徴

CFD CSSD-S6T128NHG5Qの性能、仕様
・容量128GB、インターフェース(SATA 6GB/s)、サイズ2.5インチ。
・読み込み速度530 MB/s、書き込み速度490 MB/s、タイプMLC。

■特徴
・インターフェースがSATA 6GB/sの2.5インチSSD。
読み込み、書き込み速度ともに非常に優れたSSD。

シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 128GB CSSD-S6T128NHG5Q


最新ゲームのまとめその118 次世代機などの新情報

■SCE PS4 キルゾーン シャドウフォールの技術デモ映像を公開
・doope!によるとSCEがPS4で発売予定のソフトであるキルゾーン シャドウフォールの、
技術デモ映像を公開した。
内容は「PS4お披露目時のデモは1080pのソリッドな30fps動作」であることや、
メモリは約4.6GBを使用していたり様々なエフェクト等を追加している事によって、
物理演算や透明度、光源などが大幅に進化しているようだ。
詳しい内容はソース元のdoope!にて調べよう。
(ソース元 doope! ttp://doope.jp/2013/0527615.html)

■EA 現行機だけではなく次世代機でも発売予定のニード・フォー・スピード ライバルズを発表
・4Gamerによるとエレクトロニックアーツは人気レースゲームの最新作である、
ニード・フォー・スピード ライバルズをPS3、XBOX360、PCに発表し、
同時にティザームービーも公開し発売日は2013年冬と予定した。
そして海外ではPS3、XBOX360、PCに加えPS4とXbox One版が年内発売ともアナウンスされている。
詳しい内容やティザームービーはソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/217/G021754/20130524031/)

■一言
・次世代機の様々なタイトルが2013年内に発売予定であることから、
次世代機が2013年内に両方とも発売されるのはほぼ間違いないだろう。

ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド(特典なし)


KILLZONE 3


スクウェア・エニックス PS3、PC ファイナルファンタジー14 発売日決定

■スクウェア・エニックス PS3/PC ファイナルファンタジー14の発売日は8月27日に決定
・4Gamerによるとスクウェア・エニックスはPS3、PCソフトの、
ファイナルファンタジー14の発売日を8月27日に決定したと発表した。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/199/G019924/20130523086/)

ファイナルファンタジーXIII


ファイナルファンタジーXIII-2


Nvidia Geforce GTX 780を発表 Geforce GTX TITANの下位モデル

■Nvidia Geforce GTX TITANの下位モデルを発表
・4GamerによるとNvidiaはハイエンドのGPUであるGeforce GTX 780を発表した。
Geforce GTX 780はGeforce GTX TITANの下位モデルであり、
Keplerアーキテクチャベース、2304基のCUDAコアを搭載しており、
性能の仕様はコアクロック863MHz、ブーストクロック900MHz、
メモリクロック6008GHz、メモリバス幅384bitとなっている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/216/G021677/20130523038/)

EA バトルフィールド4をPS4、Xbox Oneにも展開する事を発表

■EA 次世代機にもバトルフィールド4を発売する予定
・GAME Watchによるとエレクトロニックアーツは、
現在開発中のアクションシューティングゲームであるバトルフィールド4について、
既に発表しているPS3、Xbox360、PCに加えて、PS4、XBOX Oneにも展開する事を発表した。
スクリーンショットや詳しい情報はソース元のGAME Watchにて調べよう。
(ソース元 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130523_600608.html)

バトルフィールド 3 プレミアム・エディション


5月13日~5月19日の週間ソフト売上ランキング(2013年)

■バンダイナムコゲームスのサモンナイト5が1位にランクインしたランキング
・4Gamerによると今週のランキングで新作は、
PSPソフトのサモンナイト5(バンダイナムコゲームス)で1位となり105,511本売り上げ、
他にも新作がランクインしており合計二本が新作となっている。。
また3DSソフトのトモダチコレクション 新生活(任天堂)が2位で63,055本売り上げ、
3位には3DSソフトのルイージマンション2(任天堂)で20,304本売り上げ、
4位には3DSソフトのとびだせ どうぶつの森(任天堂)で16,492本売り上げている。
またハード売上は全体的にかなり低くなっている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/117/G011794/20130522060/)

サモンナイト5 (予約特典なし)


アクティビジョン コールオブデューティー ゴーストのトレイラーが公開

■アクティビジョン Xbox Oneのイベントでコールオブデューティーシリーズ最新作を公開
・4Gamerによるとアクティビジョンはコールオブデューティーシリーズの、
最新作であるコールオブデューティー ゴーストのトレイラーを公開し、
ストーリーや次世代機ならでは最新技術を公開している。
最新技術は滑らかな曲線や質感が維持されるものやキャラクターのアニメーションの進化により、
スムーズな動きが実現されたり水中の魚の動きのAI、煙の揺れの表現、
水の流れの表現がリアルになったりポリゴン数の増加やさらに細かいテクスチャなどを、
実現しつつも60fpsを維持することを目指している。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/990/G999025/20130522004/)

■一言
・次世代機ではこれだけの表現が進化し現行機では出来なかった細かい部分の進化により、
グラフィック面だけではない「細かい進化」を遂げている。

Xbox 360 250GB


Xbox 360 4GB Kinect バリューパック(Kinectゲーム2本同梱)


カプコン モンスターハンター4と次世代据置機の関係についての更新

■更新内容
カプコン モンスターハンター4と次世代据置機の関係についての更新をしました。
更新内容はMH4とMHOが同時製作でMH4にMHOのグラフィック等を3DSで使えるように、
調整し搭載している可能性があることとMH4を延期した理由などです。

マイクロソフト Xbox Oneのタイトルが発表される

■マイクロソフト 次世代機 Xbox One 様々なタイトルが発表される
・GAME WatchによるとマイクロソフトはXbox Oneの発表会の中で、
次世代機に合わせたファーストパーティとサードパーティのゲームタイトルが発表された。
エレクトロニックアーツは「FIFA 14」、「MADDEN 25」、「NBA LIVE 14」、「UFC」の、
4タイトルを発表しマイクロソフトは「Forza Motorsport 5」、「Quantum Break」を、
発表し「QUANTUM BREAK」は新規タイトルとなっている。
そしてアクティビジョンはコールオブデューティ ゴーストを発表しており、
前作より遥かに高いクオリティで描かれている。
また「Halo」がテレビシリーズとして放送される事も発表され、
その他のタイトルについてもE3 2013で発表される予定となっている。
詳しい内容はソース元のGAME Watchにて調べよう。
(ソース元 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130522_600323.html)

Forza Motorsport 4 Xbox360 プラチナコレクション


FIFA 13 ワールドクラス サッカー(特典なし)


マイクロソフト 次世代機 Xbox Oneを発表し2013年に発売予定

■マイクロソフト プレスカンファレンスでXbox Oneを発表 2013年に発売予定
・4Gamerによるとマイクロソフトは次世代機、Xbox Oneを発表した。
特徴はキネクトセンサーが標準で付属されており、
発表会では、「ゲーム画面とテレビの切り替え」、
「テレビのチャンネル操作などを音声やジェスチャーで行うデモが披露」された。
そして主なスペックはCPUは8コア、メモリ容量は8GB、HDD容量は500GB、
光学ドライブはブルーレイ、USB3.0ポート搭載、XBOX 360ソフトの互換無しなどで、
「Xbox Oneの利用にはインターネット接続環境が必須となる」が常時接続は必要ない。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/990/G999025/20130522001/)

■一言
・ついにマイクロソフトの次世代機、Xbox Oneが発表された。
Xbox Oneの特徴はゲーム機として高い性能を持つだけではなく、
「ホームエンターテイメント」という方向性も目指しており、
Xbox OneのOneに込められた意味はオールインワンという事なのだろう。
あと長方形、ブラックのカラーでシンプルなデザインが良い。

Xbox 360 250GB


Xbox 360 4GB


SCE PS4 最新映像を公開、本体の一部が明らかとなる

■SCE PS4の最新映像公開、本体はブラックで四角か?
・インサイドによるとSCEは「日本時間5月21日0時」のPS4の最新映像を、
全世界同時に公開した。
公開された最新映像はPS4本体と思われるものがぼやけているが確認可能で、
本体は四角、カラーはブラックが基本となっていることが確認できる。
また本体の一部も明らかとなっており全ては6月10日のE3で明らかとなるようだ。
詳しい内容や最新映像はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/05/21/66661.html)

■一言
・ついに本体の一部分が公開されたPS4。
詳細はE3で明らかになるようなのでじっくり待つべきだろう。

PlayStation 3 250GB チャコール・ブラック (CECH-4000B)


マイクロソフト 次世代XBOXのイベントは5月22日の午前2時より開始の見込み

■マイクロソフト 次世代XBOXのイベントが開催間近となる
・インサイドによると日本時間で5月22日の午前2時より開始される見込みとなっている、
「Xbox Revealイベント」は1時間程度の長さとなるようだ。
詳しい内容はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/05/21/66663.html)

Xbox 360 250GB


ASUS P8H77-M PROの性能、特徴

ASUS P8H77-M PROの性能、仕様
・フォームファクタMicroATX、CPUスロットLGA1155、チップセットintel H77。
・メモリタイプDDR3-1600/1333、メモリスロット数4個、最大メモリ容量32GB。
・PCI Express 3.0/2.0 x16(1本)、PCI Express 2.0 x4(1本)
・PCI Express 2.0(2本)
・背面端子USB 3.0 x4、USB 2.0/1.1 x10、SATA6.0G、サウンドRealtek ALC892。
・対応CPU(intel Core i7、i5、i3 3000/2000シリーズ)、幅245mm、奥行き245mm。
・内蔵グラフィック対応、CrossFire、HDMI。

■特徴
・H77チップセット搭載のマザーボード。
使いやすく拡張性はそこそこでありUEFIなどの機能があり、
全体的なバランスが良い。

ASUSTek Intel Socket 1155 DDR3メモリ対応 M-ATXマザーボード P8H77-M PRO


アークシステムワークス ギルティギアシリーズの最新作を発表

■アークシステムワークス ギルティギアの最新作はフルポリゴンか
・アークシステムワークスはギルティギアシリーズの最新作の、
ギルティギア イグザード サインの公式サイトをオープンし第一弾トレイラーを公開した。
本作はキャラクターや背景などが全て3Dポリゴンとなっているようだ。
詳しい内容はソース元のアークシステムワークスにて調べよう。
(ソース元 アークシステムワークス ttp://ggxrd.com/)

■一言
・ギルティギアの新作は3Dグラフィックとなっているが、
キャラはドット絵風味で2Dのような動きになっており、
3Dグラフィックとしてはかなり特徴的なものとなっている。

ギルティギア イグゼクス アクセントコアプラス


BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND PlayStation(R)3 the Best


Nvidia Geforce エレクトロニック・スポーツでGeforce GTX 780も登場か

■中国で開催されたエレクトロニック・スポーツで次世代Geforceと思われるものが登場
・ファミ通によるとNvidiaは2013年の5月18日、19日に、
「中国・上海にて開催されるNVIDIA主催のゲームフェスティバル」、
Geforce エレクトロニック・スポーツが開催。
エレクトロニック・スポーツとはマルチプレイで対戦するコンピュータゲームの大会である。
またNvidiaは未発表の製品の次世代Geforceと思われるものであるGeforce GTX 780を見せた。
詳しい内容はソース元のファミ通にて調べよう。
(ソース元 ファミ通 ttp://www.famitsu.com/news/201305/18033501.html)

玄人志向 グラフィックボード nVIDIA GeForce GT520 1GB LowProfile PCI-E RGB DVI HDMI 空冷FAN 1スロット GF-GT520-LE1GH


ELSA NVIDIA GeForce GTX680 搭載ビデオカード ELSA GEFORCE GTX 680 4GB 日本正規代理店品 (VD4751) GD680-4GERX


5月6日~5月12日の週間ソフト売上ランキング(2013年)

■上位6位までが先週と同じソフトがランクインした今週のランキング
・4Gamerによると今週のランキングで新作は、
PSPソフトのクドわふたー Converted Edition(プロトタイプ)で7位となっている。
また3DSソフトのトモダチコレクション 新生活(任天堂)が1位で103,479本売り上げ、
2位には3DSソフトのルイージマンション2(任天堂)で31,345本売り上げ、
3位には3DSソフトのとびだせ どうぶつの森(任天堂)で25,460本売り上げ、
6位までは先週と変わらないソフトがランクインしている。
またハード売上は全体的に先週よりやや低くなっている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/117/G011794/20130515083/)

ニンテンドー3DS コバルトブルー


SCE PS3 グランツーリスモ6 PS4対応とゲームの進化について

■GTシリーズの目指したいものとS4対応についてのインタビュー
・4GamerによるとSCEのPS3ソフトであるグランツーリスモ6(以下GT6)についての、
インタビューにて「GT6に掲げたテーマと、シリーズの今後の展望」で、
PS4版GT6についてはGT6のPS3版が楽しみつくされた頃にPS4版が提供できればいいと考えており、
PS4の発売直後にはPS4版GT6が出る可能性は低く場合によっては、
ナンバリングを変えて出る可能性もあるようだ。
そしてこれからのGTシリーズの進化はグラフィックスの向上というよりも、
「リアルとバーチャルの境界作用」でありリアルとバーチャルがお互いに、
影響を与えていく事を目指していくようだ。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/216/G021615/20130518003/)

■一言
・これまでの世代では処理能力の向上で3Dグラフィックスが登場し新たなジャンルが生まれ、
ゲーム自体の見た目をリアルに近づけたり物理演算など細かい部分もある程度リアルとなってきたが、
これからの世代ではリアルとバーチャルの相互作用や処理能力を活かした新たなジャンル、
そして誰もが想像してもいなかったことが次世代であるのかもしれない。

グランツーリスモ5 Spec II


サイバーガジェット 3DS LL用 プロテクトケース スリムを発売予定

■装着したまま専用充電台も使える3DS LL用のプロテクトケース スリム
・インサイドによるとサイバーガジェットはニンテンドー3DS LL用の、
「CYBER・プロテクトケース スリム(3DS LL用)」を発売すると発表した。
特徴は本体のデザインや操作性を損なわずにキズや汚れから保護でき、
さらにケースを装着したままでも専用充電台を使用することが出来る。
詳しい情報はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/05/14/66458.html)

CYBER ・ プロテクトケース スリム (3DS LL用) クリア 【専用充電台 併用可能】


ニンテンドー3DS LL専用充電台


Nvidia ベータ版最新ドライバ GeForce 320.14 Driver Beta 公開

■Nvidia 小さな修正がされたGeforceのベータ版最新ドライバ
・4GamerによるとNvidiaはベータ版の最新ドライバであるGeForce 320.14 Driver Betaを公開した。
今回の修正はメトロ ラストナイトに向けた最適化と小さなバグ修正が行われている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/022/G002210/20130514010/)

MSI GeForce GTX660 搭載ビデオカード オーバークロックモデル オリジナルファン採用 日本正規代理店品 VD4776 N660GTX Twin Frozr III OC


玄人志向 グラフィックボード nVIDIA GeForce GT520 1GB LowProfile PCI-E RGB DVI HDMI 空冷FAN 1スロット GF-GT520-LE1GH


任天堂 ニンテンドーダイレクトを5月17日よりスタート予定

■今回のニンテンドーダイレクトは5月17日の23時からスタート
・任天堂は今回のニンテンドーダイレクトで夏に発売予定の自社Wii Uタイトルの、
情報を中心に紹介するようだ。
詳しい内容はソース元の任天堂にて調べよう。
(ソース元 任天堂 ttp://www.nintendo.co.jp/nintendo_direct/20130517/index.html)

Nintendo Land


ZombiU(ゾンビU)


フェイス Radeon HD 7990を搭載したゲーミングPCを5月17日に発売

■フェイス ハイエンドのRadeon HD 7990を搭載したPCを発売
・GAME WatchによるとユニットコムはゲーミングPCブランド「フェイス」より、
PowerColor製のRadeon HD 7990「DEVIL13」を搭載したゲーミングPCを発売した。
ラインナップは「PASSANT Ex DeVIL GaMERz」、「PASSANT Ex IX790RD-R7990」、
「PASSANT Ex IZ770RSD-R7990」である。
詳しい内容はソース元のGAME Watchにて調べよう。
(ソース元 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130517_599826.html)

PowerColor社製 AMD Radeon HD7990 GPU搭載ビデオカード AX7990 6GBD5-2DHJE


最新ゲームのまとめその117 XBOX360、PSPの新情報

■アートディンク XBOX360ソフト、A列車で行こうHX 完全版を発売予定
・ファミ通によるとアートディンクより、都市開発鉄道シミュレーションゲームのXBOX360ソフト、
A列車で行こうHX 完全版を2013年6月27日に発売されることが決定した。
詳しい内容はソース元のファミ通にて調べよう。
(ソース元 ファミ通 ttp://www.famitsu.com/news/201305/09033035.html)

■セガ PSP Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!8 EURO PLUSを発売予定
・GAME WatchによるとセガはPSPソフト、
Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!8 EURO PLUSを2013年に発売すると予定した。
詳しい内容はソース元のGAME Watchにて調べよう。
(ソース元 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130516_599709.html)

Xbox 360 250GB


キャッシュ関連の不具合が発生その5

■キャッシュ関連の不具合内容について
・「一昔前のデジタル世代」のキャッシュ関連に不具合が発生しており、
「一昔前のデジタル世代」の検索結果でのキャッシュ内容が更新されず、
キャッシュ内容が5月10日のままになっている不具合がありますが、
ブログ自体は更新していますので原因が分かり次第修正します。

SCE PS3 グランツーリスモ6 2013年冬に発売予定

■SCE グランツーリスモシリーズ15周年記念イベントにてグランツーリスモ6を発表
・4GamerによるとSCEはPS3の新作ソフトのグランツーリスモ6を2013年冬に発売予定としている。
本作では前作のグランツーリスモに登場した全車種と全コースが登場し、
さらに「最新の車種やシルバーストーン・サーキットを含む7つのロケーションなど」が、
収録され新たなゲームエンジン、新しい物理挙動など様々な要素も追加、強化されている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/144/G014433/20130515098/)

グランツーリスモ5 Spec II


グランツーリスモ


Nvidiaの新型携帯ゲーム機が6月に発売予定

■Nvidia 高性能の新型携帯ゲーム機、「Project SHIELD」の発売時期と価格等が決定
・インサイドによるとNvidiaは新型携帯ゲーム機「Project SHIELD」の発売時期と価格は、
「6月に349ドル」で発売となり正式名称は「SHIELD」となる。
詳しい内容はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/05/15/66479.html)

■一言
・携帯機としては破格の性能を持つ「Project SHIELD」の発売時期がついに決まった。
果たして「Project SHIELD」は今までの携帯機の常識というものを覆すことができるかが楽しみだ。

GIGABYTE グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX650Ti 2GB PCI-E WINDFORCE2X GV-N65TOC-2GI


MSI GeForce GTX660 搭載ビデオカード オーバークロックモデル オリジナルファン採用 日本正規代理店品 VD4776 N660GTX Twin Frozr III OC


お勧めグラフィックボード2013年版(Radeon編)

■最近のRadeonシリーズの方向性
■メリット
・HD 6xxxシリーズまではDX9やDX10のゲームに強い。
・HD 7xxxシリーズはDX11のゲームに強い。
・消費電力がGeforceと比べ低い。
・Geforceより色が鮮明に映る。

■デメリット
・Geforceのほうが対応ゲームが多い。
・やや放熱能力が低い。

■関連情報
グラフィックボードの性能比較表2014年版
お勧めグラフィックボード2015年版(Radeon編)

■Radeonシリーズでお勧めできるグラフィックボード(性能が高い順)
Radeon HD 6990 TDP 375W
AMD(旧ATI)の中では最大の性能をもつグラフィックボード。
DX9やDX10のパフォーマンスが一番高い。
8ピンコネクタを2本使うことが必要。

Radeon HD 7970 TDP 250W
非常に高性能なグラフィックボード。
Radeon HD 6970より性能が高く消費電力はほぼ同等。
冷却能力も向上しておりさらにバランスが良くなっている。
6ピンコネクタと8ピンコネクタを両方使う必要がある。

Radeon HD 7950 TDP 200W
非常に高性能なグラフィックボード。
Radeon HD 7970と比べ消費電力が大幅に低くなっており、
6ピンコネクタが2本で済むほどになっている。
使いやすさとパフォーマンスを両立させているのが良い。

Radeon HD 7870 TDP 175W
かなりの性能を持つグラフィックボード。
Radeon HD 7950と比べコアクロックが高いのが特徴となっており、
性能面ではRadeon HD 7950に近いパフォーマンスとなっている。
また6ピンコネクタ2本使う必要がある。

Radeon HD 7850 TDP 130W
高性能かつ省電力なグラフィックボード。
28nmプロセス採用でワットパフォーマンスが優れており、
省電力でありながら高い性能を持っている。
6ピンコネクタ1本なので取り回しも良い。

Radeon HD 7790 TDP 85W
消費電力を抑えつつ性能もそれなりなグラフィックボード。
Radeon HD 6850程度の性能を持ちながらも消費電力がかなり抑えられている。
6ピンコネクタを1本しか使わないので使いやすい。

Radeon HD 7770 TDP 80W
Radeon HD 5770より優れた省電力性と性能を持ったグラフィックボード。
6ピンコネクタ1本。

Radeon HD 7750 TDP 55W
消費電力が非常に低く補助電源を必要としないグラフィックボード。
消費電力が低いだけではなく性能もHD 5770に近いため非常に取り回しが良い。

Radeon HD 7660D(APUのA10-5800K等に搭載されている)
AMDのAPUでありこれまでの内蔵グラフィックと比べ大幅に性能が高く、
Radeon HD 6550Dよりも高いスペックを誇る。
これ単体でも高負荷のゲームをある程度は動作できる。

お勧めグラフィックボード2013年版(Geforce編)

■最近のGeforceシリーズの方向性
■メリット
・4xxおよび5xxシリーズはRadeonよりDX11に強い。
・6xxシリーズの消費電力は従来のシリーズより低く性能も高い。
・Radeonより最適化されているゲームが多い。
・Radeonより冷却機能がやや良い。
・ゲームで3D画面がサポートされている。

■デメリット
・4xxおよび5xxシリーズはRadeonより消費電力が高い。
・GTX460 1GBとかGTX460 768MBとかGTX 460SEなど名前がややこしいこと。
・GT520より旧型のGT220のほうが性能が高いなど旧型のほうが良い種類がありややこしい。

■関連情報
グラフィックボードの性能比較表2014年版
お勧めグラフィックボード2015年版(Geforce編)

■Geforceシリーズでお勧めできるグラフィックボード(性能が高い順)
Geforce GTX 690 TDP 300W
Nvidiaの中では最大の性能を誇るグラフィックボード。
クロックは抑えられているがGeforce GTX 680のコアが二つも搭載されている。
GTX 590よりも性能が高く消費電力も低いため少しでも高い性能を求めるにはこれだろう。
なお8ピンコネクタを2本使う必要がある。

Geforce GTX 680 TDP 195W
Geforce GTX 580より性能が高いだけではなく消費電力も低くなっている。
値段は高いが大抵のDX11の最新ゲームを2560x1600という超解像度でも、
十分なフレームレートを維持することができるほどの性能を持つ。
これほどの性能で6ピンコネクタが二つで済むため、
消費電力とパフォーマンスが両方とも高い水準となっている。

Geforce GTX 670 TDP 170W
消費電力はGeforce GTX 560 Ti並で性能はGeforce GTX 580を上回るグラフィックボード。
大抵のDX11の最新ゲームを2560x1600という超解像度でも、
十分なフレームレートも維持する事が出来るほどの性能を持っている。

Geforce GTX 660 ti TDP 150W
消費電力はやや高いが性能が高くコストパフォーマンスに優れる優秀なグラフィックボード。
大抵のDX11の最新ゲームをかなりの設定で動作させる事が出来る。
6ピンコネクタを2本使うのだがそれでもバランスが良く使いやすい。

Geforce GTX 660 TDP 140W
消費電力はやや高いが性能が高くコストパフォーマンスに優れる優秀なグラフィックボード。
性能面は前世代のハイエンドであるGTX 580程度になっており、
大抵のDX11の最新ゲームを高い設定で動作させる事が出来る。
GTX 660 Tiと違い6ピンコネクタを1本しか使わないところも良い。

Geforce GTX 650 Ti TDP 110W
それなりの性能とやや低めの消費電力を持つグラフィックボード。
性能はGTX 460より高くそれなりの設定で重いゲームも軽快に動作できる。
6ピンコネクタ1本で使えるようになっているところが良い。
ちなみにTDPもGTX 460より低いため時代の流れによる進化を感じさせる。

Geforce GTX 650 TDP 64W
平凡な性能を持ち消費電力が低いグラフィックボード。
GTS 250より高い性能とDX11.1に対応しており最新ゲームも動かせるほどの性能は持つ。
補助電源を使わずとも動作できるため非常に使いやすい。

Geforce GT 640 TDP 65W
DX11.1に対応した廉価版のグラフィックボード。
性能は低めだが安い。軽めのゲームなら十分動作できるほどの性能を持つ。
KeplerベースでDDR3かGDDR5メモリを採用しているものがあるが、
GDDR5メモリのほうが性能が高い。

Geforce GT 430 TDP 49W
DX11に対応したグラフィックボード。
性能は低いが消費電力は低いので使いやすくはある。

任天堂 ニンテンドー3DSの新色 メタリックレッドが6月13日に発売予定

■任天堂 ニンテンドー3DSに新色を発売予定
・ファミ通によると任天堂はニンテンドー3DSの新色であるメタリックレッドを、
2013年6月13日に発売する予定である。
詳しい内容はソース元のファミ通にて調べよう。
(ソース元 ファミ通 ttp://www.famitsu.com/news/201305/15033293.html)

■一言
・今回の新色はすでに生産終了したニンテンドー3DS フレアレッドと似た色ではあるが、
やや明るめの色彩となっている。
個人的にはフレアレッドの方がメタリックレッドより良い色彩に見えるのだが。

ニンテンドー3DS フレアレッド


ニンテンドー3DS LL レッドXブラック (SPR-S-RKAA)


AMD 新型ノート向けハイエンドGPU Radeon HD 8970Mを発表

■AMD ハイエンドGPUのRadeon HD 8970Mを発表
・4GamerによるとAMDは新型ノート向けのハイエンドGPUであるRadeon HD 8970Mを発表した。
性能面はRadeon HD 7970Mと比べ基本性能は同等ではあるが自動クロック機能がついており、
その分だけ最大性能が向上しているということである。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/198/G019886/20130513050/)

■一言
・今回発表された新型GPUであるHD 8970MはどうやらHD 7970Mの、
マイナーチェンジ版といったところだろうか。
またHD 8970Mをデスクトップ向けのグラフィックボードと比べれば性能面は、
Radeon HD 7870のコアクロックを多少落とした程度なので、
パフォーマンスはRadeon HD 7850以上Radeon HD 7870未満でかなりの性能を持つ。

SAPPHIRE Radeon ビデオカード HD7870 GHZ EDITION 2G GDDR5 PCI-E 日本正規代理店品 SAHD787-2GD5R001


モニター、ディスプレイの性能比較表2013年版の更新

■更新内容
モニター、ディスプレイの性能比較表2013年版の更新をしました。
更新内容はディスプレイの評価の追加です。

バッファロー BSSP18Uの性能、仕様、特徴

バッファロー BSSP18Uの性能、仕様
・タイプ2.0ch、総合出力1.2W、電源USB。
・再生周波数帯域(低200 Hz、高18 KHz)
・片側のサイズ(幅198mm、高さ75mm、奥行き84mm)
・バースタイル時のサイズ(幅335mm、高さ75mm、奥行き84mm)
・ステレオミニプラグ、重量440g、ボリューム調整機能。

■特徴
・タイプ2.0chのロークラスPCスピーカー。
モニターの左右に置くセパレートスタイル配置と、
モニターの下に置くバースタイル配置が出来るPCスピーカーであり、
デザインも良いのが特徴となっている。
音質はそれほどではないがデザインやサイズを気にするユーザーなら使える。

iBUFFALO マルチメディアスピーカー ミニプラグ接続 USB電源 ブラック BSSP18UBK


携帯ゲーム機とスマートフォンの未来はどうなるのか

■スマートフォンの急速な進化により多種多様のゲームが作れるようになったが…
・現在ゲーム業界で非常に気になる点としてはスマートフォンの急速な進化により、
多種多様のゲームが作ることができるようになるだけではなく、
最近では携帯ゲーム機にひけを取らないクオリティのゲームも登場するだけではなく、
スマートフォン用のコントローラも登場し操作性の問題も改善されてきているが、
将来的には携帯ゲーム機は無くなりスマートフォンがゲーム機となるというわけではない。
携帯ゲーム機には汎用機のスマートフォンでは出来ないことがあるのだ。

■スマートフォンには無い携帯ゲーム機ならではの特徴
・携帯ゲーム機には物理ボタンが標準で搭載されているのと、
スマートフォンとは違い携帯ゲーム機の性能は種類によって統一されており、
スマートフォンのように種類によっては楽しめないゲームが無いことが特徴である。
そしてスマートフォンとは違い特別な仕様のハードを作ることができ、
任天堂の3DSのように二画面と3Dを標準としたゲーム機を作ることもできる。
また携帯ゲーム機はスマートフォンとは違い、
スマートフォンのように他の機能を使う為に電池をあえて残して使うことなく楽しむ事が出来る。

■将来的に携帯ゲーム機とスマホのハイブリッドが登場する可能性がある(予想)
・携帯ゲーム機の機能とスマホの機能が完全に備えられた、
ゲーミングフォンがこれから登場する可能性がある。
簡単に言えば携帯ゲーム機の機能を搭載し同等の操作性を持つコントローラを付属、
性能面も携帯ゲーム機に使われているパーツかそれを強化した物を採用し、
完全に携帯ゲーム機と同等かそれ以上の機能を持ちつつもスマートフォンの機能が完全に使えるようにし、
そして電池もゲーム機モードで何%、スマホモードで何%使うとお知らせする機能を搭載するなど、
電池面での配慮をしっかりとすることによって電池を気にする必要が無くなる。

・またゲーミングフォンは携帯ゲーム機よりサイクルが短く、
スマホより長いサイクル(3年程度)で一回目ではマイナーチェンジで、
パーツを変更ではなく強化しゲームの安定性強化やスマホの機能向上などをし、
携帯ゲーム機の世代交代をする二回目ではその次世代携帯ゲーム機に使われているパーツか、
それを強化した物を採用しスマホの機能も次世代のものに変更することを繰り返すことで、
携帯ゲーム機としての機能とスマートフォンとしての機能を両立できるだろう。
しかしこれは最近のゲーム・スマホ事情による未来予想である事に注意すること。

■結果、スマホのゲームは主流にはなりえるが携帯ゲーム機も無くなるわけでは無い
・この考察の結果からするとスマートフォンは将来的に性能面で間違いなく、
携帯機で最高になり操作性もスマートフォン用のコントローラが標準で付属され、
さらにゲーム機とスマホのハイブリッドのゲーミングフォンというのも登場する可能性もあり、
スマートフォンのゲームがこれからは主流になっていくだろう。
しかし携帯ゲーム機は無くなるわけではなくこれからは性能に頼らず、
3DSのような二画面や3Dなどの独自要素をフルに使ったりスマホのように他の機能のために、
電池をあえて残す必要が無かったりと携帯ゲーム機にしかない特徴もあるので、
汎用機のスマートフォンには出来ない事を前面に押し出すことが必要だろう。

ロジクール Gaming Mouse G500の性能、仕様、特徴

ロジクール Gaming Mouse G500の性能、仕様
・タイプ(レーザーマウス)、ケーブル(有線)
・サイズ(幅73.4mm、高さ44mm、奥行き129.2mm)、重さ165g。
・ボタン10個、インタフェースUSB、解像度5700dpi。
・チルトホイール、カウント切り替え機能。

■特徴
・有線のレーザーマウス。
精度が高く機能が多いゲーミングマウスであり、
カウント切り替え機能や操作方法を設定できるので、
操作性を自分に合わせることが出来ることが出来る。

LOGICOOL レーザーマウス ゲーミングマウス 高速スクロール対応ホイール採用 G500


AMD ローエンドのAPU、A4-4000を発表 消費電力が低いのが特徴

■AMD ローエンドのAPU、A4-4000を発表
・PC WatchによるとAMDはSocekt FM2対応のA4-4000を発表した。
A4-4000のCPUコア数は2個で動作クロックは3.00Ghz(ターボ時3.20Ghz)、
内蔵GPUコアはA4-5300と同じRadeon HD 7480Dでコアクロックは724Mhz、
メモリクロックがDDR-1333でTDPが65Wとなっている。
CPUの性能はA4-5300より若干低めでGPUの性能は同等で消費電力はかなり抑えられている。
詳しい内容はソース元のPC Watchにて調べよう。
(ソース元 PC Watch ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20130513_599039.html)

■一言
・A4-4000はA4-5300と比べ消費電力は低いがCPU性能が低めとなっており、
価格が同等の場合、性能を取るならA4-5300、消費電力を取るならA4-4000である。

AMD A-Series A4 5300 ソケットFM2 TDP 65W 3.4GHz×2 GPU HD7480D AD5300OKHJBOX


マウスの比較表2013年版の更新

■更新内容
マウスの比較表2013年版の更新をしました。
更新内容はマウスの評価の追加と、
ロジクール G700s Rechargeable Gaming Mouseの追加です。

サイバーガジェット 新型のPSVita用セミハードケースを発売予定

■サイバーガジェット PSVita用の新型セミハードケースを発売予定
・4GamerによるとサイバーガジェットはCYBER・セミハードケース(PS Vita用)の、
新型を2013年5月14日に発売する予定である。
旧製品と比べ約20%のスリム化を実現しておりPSVita本体や関連アイテムを、
コンパクトに収納し携帯できるようになっている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/999/G999902/20130510010/)

CYBER ・ セミハードケース ( PS Vita 用) ブラック


CYBER ・ セミハードケース ( PS Vita 用) ブルー


ロジクール G700s Rechargeable Gaming Mouseの性能、仕様、特徴

ロジクール G700s Rechargeable Gaming Mouseの性能、仕様
・タイプ(レーザーマウス)、ケーブル(ワイヤレス)
・サイズ(幅79.8mm、高さ45.9mm、奥行き126.3mm)、重さ151g(電池含む)
・ボタン13個、インタフェースUSB、解像度8200dpi。
・単三型充電式ニッケル水素電池。
・チルトホイール、着脱式レシーバ、カウント切替機能。

■特徴
・ワイヤレスのレーザーマウス。
持ちやすく、マウス自体の精度が非常に高く機能が多いなど、
基本性能が高いゲーミングマウスである。
しかしデザインは人を選ぶものとなっている。

LOGICOOL 充電式ゲーミングマウス G700s


最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(12/22現在)

人気PCパーツ2(9/29現在)

人気PCパーツ3(6/17現在)

人気アニメ(6/25現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報やレビューなどの情報を記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
PCパーツ比較2018年版
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(12/22現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数