MSI C847MS-E33の性能、仕様、特徴

MSI C847MS-E33の性能、仕様
・フォームファクタMicroATX、CPUスロット(オンボード)、チップセットNM70。
・メモリタイプDDR3-1333/1066、メモリスロット数2個、最大メモリ容量16GB。
・PCI Express 2.0 x16(1本)、PCI Express x1(1本)、PCI(2本)
・背面端子USB 2.0 x4、SATA6.0G、サウンドRealtek ALC887。
・CPU Celeron 847搭載(1.10Ghz、2コア、TDP17W)、幅244mm、奥行き190mm。
・内蔵グラフィックintel HD Graphics。

■特徴
・NM70チップセット搭載のマザーボード。
内蔵グラフィック機能を持つCPUがオンボードで搭載されたマザーボードである。
静音PCを組むのに向き耐久性は高くそれなりの拡張性も持つ。

MSI Intel C847 Dual Core搭載 Micro-ATXマザーボード PCI-Express×16とPCIバスを搭載 日本正規代理店品 MB1950 C847MS-E33


フロム・ソフトウェア XBOX360版 アーマード・コア ヴァーディクトデイの新情報

■XBOX360版アーマード・コア ヴァーディクトデイの新情報
・インサイドによるとフロム・ソフトウェアはPS3/XBOX360ソフトである、
アーマード・コア ヴァーディクトデイの最新情報を公開した。
その新情報はXBOX360版の「ネットワークテスト」が開催されるという事である。
また「PS3版のネットワークテストは4月から5月にかけて実施」されている。
詳しい内容はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/06/28/67937.html)

ARMORED CORE VERDICT DAY(アーマード・コア ヴァーディクトデイ)(通常版)(数量限定特典 【ARMORED CORE V キャラクター スペシャルCOMボイスセット】 DLC同梱)


ARMORED CORE VERDICT DAY(アーマード・コア ヴァーディクトデイ)(通常版)(数量限定特典 【ARMORED CORE V キャラクター スペシャルCOMボイスセット】 DLC同梱)


Xbox One向けの開発環境をUnityがマイクロソフトと共同で開発する事を発表

■UnityがマイクロソフトとXbox One向けの開発環境を共同開発する事を発表
・ファミ通によるとマルチプラットフォーム向け統合開発環境のUnityを提供する、
「ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン」はマイクロソフトと、
「Windows 8」、「Windows Phone 8」、「Xbox One」向けの、
「開発環境を、共同開発する協力関係を締結」した。
詳しい内容はソース元のファミ通にて調べよう。
(ソース元 ファミ通 ttp://www.famitsu.com/news/201306/28035789.html)

Xbox 360 250GB


最新ゲームのまとめその126 Xbox One等の新情報

■マイクロソフト 最新OSと最新DirectX、そしてXbox Oneにも最新Direct Xが採用される予定
・4Gamerによるとマイクロソフトは最新OSとなる「Windows 8.1」のプレビュー版を公開し、
「Windows 8.1」には「DirectX 11.2」が搭載されるが、
次世代据置機の「Xbox One」にも採用される予定となっている。
DirectX 11.2はDirectX 11.1と比較して、「ビジュアル面での大きな変化」はなさそうだが、
「開発のしやすさ」や、「性能を向上」させたりするようなものが数多くある。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/033/G003329/20130627026/)

■コナミ PS3/PSVita/PSP 実況パワフルプロ野球2013を2013年秋に発売予定
・4GamerによるとコナミはPS3/PSVita/PSPソフト、
実況パワフルプロ野球2013を2013年秋に発売すると発表した。
今回は決定版はなく「2013年シーズン終了時の選手データを無料配信」するという。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/222/G022294/20130627030/)

■一言
・次世代機のひとつであるXbox OneはDirectX 11.2を採用することによって、
開発のしやすさと性能の向上を狙っており、
次世代機では次世代ならではの表現力の向上だけではなく、
開発者達が次世代ゲームを制作するうえでの「開発のしやすさ」を重視しようとしている。

Xbox 360 250GB


実況パワフルプロ野球2012


NVIDIA Geforce GTX 760 性能

■性能
・コアクロック980MHz、メモリクロック6008MHz、メモリバス幅256bit。
・シェーダユニット数1152基、テクスチャユニット数96基、ROP数32基。
・DirectX11.1対応、TDP170W、外部電源6pin*2

■特徴
・Geforce GTX 700シリーズのGPU。
Geforce GTX 770の下位GPUで性能面ではGTX 660 Ti以上GTX 670以下となっており、
消費電力はGTX 670と同等かやや高めとなっているがGPU Boost 2.0という機能が搭載されている。

■パフォーマンス
・高負荷のタイトルを高負荷設定かつ1920x1080で60Fps以上可能。
(S.T.A.L.K.E.R.:Call of Pripyat、Battlefield 3、Skyrim、Sid Meier's Civilization V、DiRT 3等)

ZOTAC GeForce GTX760 2GB DDR5 TwinCooler グラフィックスボード日本正規代理店品 VD5081 ZT-70405-10P


ASUSTeK NVIDIA GTX760チップセット オリジナルFAN「DirectCuII」搭載グラフィックカード GTX760-DC2OC-2GD5 【PCI-Express3.0】


MSI N760GTX Twin Frozr 4S OC グラフィックスボード 日本正規代理店品 VD5076 N760GTX Twin Frozr 4S OC


玄人志向 ビデオカード GEFORCE GTX 760搭載 GF-GTX760-E2GHD/OC/SHORT


ELSA GEFORCE GTX 760 2GB S.A.C ArcheAge推奨 グラフィックスボード 日本正規代理店品 VD5084 GD760-2GERX


6月17日~6月23日の週間ソフト売上ランキング(2013年)

■多くの新作がランクインした今週のランキング
・4Gamerによると今週のランキングで新作は、
PS3ソフトのラスト・オブ・アス(SCE)が1位となり117,465本売り上げ、
4位にはPSVitaソフトの神次元アイドル ネプテューヌPP(コンパイルハート)、
5位には3DSソフトのクマ・トモ(バンダイナムコゲームス)、
8位には3DSソフトのさよなら 海腹川背(アガツマ・エンタテインメント)等がランクインし、
新作は合計で7タイトルがランクインしている。
また3DSソフトのドンキーコング リターンズ 3D(任天堂)が2位で42,247本売り上げ、
3位には3DSソフトのトモダチコレクション 新生活(任天堂)で、
6位には3DSソフトのとびだせ どうぶつの森(任天堂)となっている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/117/G011794/20130626070/)

PlayStation 3 250GB チャコール・ブラック (CECH-4000B)


ニンテンドー3DS LL ホワイト (SPR-S-WAAA)


Nvidia 新たなドライバ、Geforce 320.49 Driver Betaを公開

■Nvidia Geforce GTX 760のサポートと様々な不具合を修正したドライバを公開
・4GamerによるとNvidiaは新たなドライバであるGeforce 320.49 Driver Betaを公開した。
今回のドライバではGeforce GTX 760のサポートと様々な不具合の修正となっている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/022/G002210/20130626002/)

Nvidia 新型GPU Geforce GTX 760を発表

■Nvidiaの新型GPU、Geforce GTX 760のスペックはGTX 660 TiとGTX 670の中間
・4GamerによるとNvidiaは2013年6月25日にGeforce GTX 760を発表した。
全体的な性能はGTX 660Ti以上GTX 670以下で消費電力はGTX 670と同等かやや高めとなっているが、
GTX 700シリーズとGTX TITANの特徴であるGPU Boost 2.0という機能が搭載されている。
詳しい情報はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/216/G021677/20130625069/)

ASUS P9X79 DELUXEの性能、仕様、特徴

ASUS P9X79 DELUXEの性能、仕様
・フォームファクタATX、CPUスロットLGA2011、チップセットintel X79。
・メモリタイプDDR3-1866/1600/1333/1066、メモリスロット数8個、最大メモリ容量64GB。
・PCI Express 3.0/2.0 x16(3本)、PCI Express 3.0/2.0 x16(x8モード、1本)
・PCI Express 2.0 x1(2本)
・背面端子USB 3.0 x8、USB 2.0/1.1 x12、SATA6.0G、サウンドRealtek ALC898。
・対応CPU(intel Core i7 3000、Xeonシリーズ)、幅305mm、奥行き244mm。
・SLI、CrossFire。

■特徴
・ハイエンドのX79チップセット搭載のマザーボード。
ASUSのP9X79 PROと比べ機能や性能が強化されている。
UFEI BIOSというグラフィカルなBIOSや消費電力を抑える電力管理チップ、
最大メモリ容量が64GBまでサポートされていることや安定性が高いなど、
多彩な機能や高い性能を持っている。

ASUSTek Intel Socket LGA2011対応 ATXマザーボード P9X79 DELUXE


ガンホー 3DS パズドラZの新情報

■3DS パズドラZのプレイムービー、公式サイトの情報
・GAME Watchによるとガンホー・オンライン・エンターテイメントは、
2013年冬に発売予定の3DSソフト、パズドラZのプレイムービー第二弾を公開した。
プレイムービーでは「プレイ中に登場するZドロップやスキルの使い方」について述べられており、
Zドロップは「通常のドロップが光り輝いている状態」になっているもので、
「これをコンボに組み込むことで敵に強力な攻撃」ができるというものである。
またパズドラZの公式サイトも更新されている。
詳しい内容はソース元のGAME Watchにて調べよう。
(ソース元 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130626_605183.html)

ラグナロク オデッセイ


3DS、3DS LL MH持ちが出来るさらに完成度の高い拡張スライドパッドの形を考える

■3DSのモンハン持ちが出来るさらに完成度の高いスライドパッドを考える
・サイバーガジェットから3DS LL用の拡張ハンティングパッドが発売される予定となり、
ひとまず3DSのモンハン持ちに関する問題は終了し、
3DSのタッチパネルの機能による便利さとMHPシリーズでの操作性を両立できるようになり、
3DSのMHは本当に次世代となったが3DS、3DS LLの操作性はまだまだ向上できるように思える。
なので今回はMH持ちが出来るさらに完成度の高い拡張スライドパッドを考える事にした。
これはただの考察のイメージ図と説明なので実際にこのスライドパッドは存在しない。

■新型拡張スライドパッド案その1
・拡張スライドパッドの画像の順は背面、正面、裏面となっている。
追加されるキーは十字キーと拡張ボタンの二つであり、
Lボタンは十字キーの後ろ、Rボタンは拡張ボタンの後ろとなる。
また拡張ボタンは拡張スライドパッドの下側にあるつまみを左にすれば、
セレクトボタン、右にすればスタートボタン、真ん中にすればRボタンとして使える。
持ち方としては左人差し指は十字キー、中指は左はL、右はRで、
右人差し指は拡張ボタンで押す事ができかなり快適となりそうだ。

拡張スライドパッド01c   拡張スライドパッド01a   拡張スライドパッド01b

■新型拡張スライドパッド案その2
・拡張スライドパッドの画像の順はその1と同じく背面、正面、裏面となっている。
追加されるキーは十字キーとZL、ZRとなっているが十字キーの位置が独特で、
PSPのモンハン持ちと同じく人差し指の側面で十字キーを操作できるようになっている。
またZL、ZRボタンは拡張スライドパッドの下側にあるつまみを左にすれば、
通常のZL、ZRとして使え、右にすればZLはセレクト、ZRはスタートボタンとして使える。
持ち方としては左人差し指は十字キー、右人差し指はR、中指は左はZL、右はZRで押す事ができる。

拡張スライドパッド02c   拡張スライドパッド02a   拡張スライドパッド02b

■新型拡張スライドパッド案その3
・拡張スライドパッドの画像の順はその1やその2と同じく背面、正面、裏面となっている。
追加されるキーはZL、ZRのみで非常にシンプルとなっており、
普通の持ち方で難なく操作性を大幅に向上させることが出来る。
モンハン持ちが必要の無いユーザーにとってはこれが一番使いやすいだろう。

拡張スライドパッド03c   拡張スライドパッド03a   拡張スライドパッド03b

■考察結果
・今回の考察で3DS用拡張スライドパッドについていろいろな形を考えたが、
MHPシリーズに一番近い操作性を実現できるのが新型拡張スライドパッド案その2ではあるが、
デザインが微妙に悪いという欠点を持っているので人を選び、
新型拡張スライドパッド案その1の場合は操作性と見た目を両立しており、
新型拡張スライドパッド案その3はモンハン持ちが必要で無い場合は一番使いやすくなりそうだ。
実際にこれらが実現すれば本当に良いことだが。

サイバーガジェット 3DS LLでモンハン持ちが可能なアタッチメントを発売予定

■サイバーガジェット 3DS LL用の拡張ハンティングパッドを発売予定
・サイバーガジェットより3DS LL用の拡張ハンティングパッドが、
2013年9月10日から発売予定となっている。
特徴は左手のみで視点変更と移動を可能としていることである。

■一言
・ついに3DS LLにモンハン持ちが可能となるサードパーティー製の周辺機器が発売される予定となり、
これまで存在していた3DSに移行したモンスターハンターシリーズに残された多くの課題の一つが、
ようやく解消され3DSはまだだが3DS LLの操作性で気になって移行できなかったユーザーも、
操作性の点で心配することなく3DSの新たなMHシリーズに移行しやすくなったといえる。
個人的には左手の人差し指の位置にスライドパッドではなく十字キーが良かったのだが。

FC2ブログの6月15日以降の記事がインデックス、クロールされない問題

■現在起こっているFC2ブログのインデックス、クロールの問題について
・最近FC2ブログの記事がインデックス、クロールされないという問題があり、
インデックスされないということは検索をしても当ブログで、
15日以降に書いた記事が検索結果に出ず他のFC2ブログでも同様の不具合が起こっている。
そしてFC2ブログがクロールされない問題もあり、
参考記事によると「クロール統計情報を参照すると、
それまでに1日100~200回くらいのページクロールがあったサイトが、
それ以降1日0回~4回などに激減している。」という現象が起きており、
完全にクロールされていないわけではないが異常が起こっているのに違いは無い。

■FC2ブログがGoogleから村八分された可能性がある
・参考記事によると「サイトマップの送信も保留のまま更新されない」という、
不具合もFC2ブログで起こっておりこの問題についても参考記事によれば、
「問題は確認されずに様子を見ろ」ということで、
「FC2が認識していないレベルで、Googleからハブられている可能性がある。」のようだ。
しかし参考記事によると「この現象は初ではなく、
昨年11月頃にもFC2ブログがクロール・インデックスされにくい(あるいはまったくされない)」時期が、
あったが、「そのときも原因不明のまま、いつの間にか問題なくなっていた。」ということである。

■参考記事
・6月15日頃から、FC2ブログがGoogleにインデックス・クロールされない
http://blog.livedoor.jp/ss_link-diary/archives/7185202.html

・FC2ブログがGoogleから村八分再び インデックス・クロール拒否か
http://blog.livedoor.jp/ss_link-diary/archives/7187079.html

■一言
・今FC2ブログで起こっている問題はユーザーにはどうする事も出来ない状況なので、
一日でも早く復旧を望むか放置をするかFC2ブログから移転をしてしまうかを選ぶ必要がある。
今回参考にした記事のおかげでFC2だけに不具合があると分かっただけでも本当にありがたい。

ASRock X79 Extreme9の性能、仕様、特徴

ASRock X79 Extreme9の性能、仕様
・フォームファクタATX、CPUスロットLGA2011、チップセットintel X79。
・メモリタイプDDR3-1600/1333/1066、メモリスロット数8個、最大メモリ容量64GB。
・PCI Express 3.0 x16(5本)、PCI Express 2.0 x1(1本)
・背面端子USB 3.0 x4、USB 2.0 x6、SATA6.0G、サウンド(搭載)
・対応CPU(intel Core i7 3000、Xeonシリーズ)、幅305mm、奥行き244mm。
・SLI、CrossFire。
・DDR3 2400+(OC)に対応している。

■特徴
・ハイエンドのX79チップセット搭載のマザーボード。
多くのASRockのオリジナル機能が搭載されているのが特徴で、
そのほかにもゴールドコンデンサを採用していることにより安定性などを向上していることや、
安定したCPUへの電圧供給やDDR3 2400+(OC)に対応しているなど、
高い安定性や機能性を実現している。

カプコン モンスターハンター4は立体視、マルチプレイ時でも60FPSの可能性についての考察

■モンスターハンター4のグラフィッククオリティについての謎が解明か
・カプコンは開発力の他にも開発の効率化や開発費の削減によって、
MH4のグラフィックが落ちてしまった可能性があると以前考察したが、
カプコンはMH4で3D立体視、インターネットでのマルチプレイに対応させつつ、
MHシリーズ初の「常時60FPS動作」を達成するために、
前作のMH3Gよりグラフィックを下げたという可能性があることがわかった。

■今までのMH考察で起こった矛盾点
・MH4はビッグタイトルで完全新作かつ次世代機であるのにも関わらず万全の準備をせずに、
外注の開発期間が短いMH3Gよりグラフィックを落とすような失敗をするというのは考えにくい。

・MHOのグラフィックをMH4に使えるように調整する事は矛盾していないが、
MH4は日本国内で売れるタイトルで今作は最も開発期間が長く人数も多いため、
何の理由も無しに外注の前作MH3Gよりグラフィックを落とす事は考えにくい。

■MH4は立体視ONかつマルチプレイ中に60FPS維持を目指している可能性がある
・エイティングの開発した3DSのMH3Gは立体視のオン時とオフ時では、
FPSが異なりオフ時の方が快適だったため快適さを重視したいときには、
3D立体視の機能をあえてオフにしないといけなかった。
そのためカプコン開発のMH4ではMH3Gとは異なり、
立体視ONかつマルチプレイ中にも「常時60FPS」を達成するか、
「MH3Gとは異なり処理落ちを最小限に抑え常時60FPSに近い環境を作り上げる」ことで、
負荷の重い処理やポリゴン数、テクスチャ解像度などを削ったと推測される。
これであればMH、MHPチームが作りたかった3DSの特徴である、
3D立体視を60FPSで活かしきることができるだけではなく、
アクションゲームとしても60FPSで安定したほうが快適となり、
そしてマルチプレイでも一人プレイと同じく快適になる。
これであればMH4のグラフィックを下げた理由も十分納得できるだけではなく、
製作者の望んでいた3DSの機能をフルに活用している事になっており、
開発期間についてもMHシリーズ初の「常時60FPS」を達成する為に、
「開発を延期してまで様々な工夫を行った」という理由もでき矛盾が無い。

・またニンテンドー3DSカンファレンス 2011での、
MH4のコンセプト映像のグラフィックについてもこれは「30FPS動作」ということで、
考える事ができ途中から「常時60FPS」に途中からMH4の制作方針を変更したため、
今のMH4のグラフィッククオリティになったと考えられる。

■まとめ
・簡単に文章をまとめると、
カプコンはどうやらMHシリーズにおいて大きな方針転換を行っている可能性があり、
3DSのモンスターハンター4は今までのMH、MHPシリーズとは違い、
立体視ONかつマルチプレイ中にも「常時60FPS」か、
「処理落ちを最小限に抑え常時60FPSに近い環境を作り上げる」ということを、
前提として開発していると可能性がありそのため前作のMH3Gよりも、
負荷の重い処理やポリゴン数、テクスチャ解像度などを削ったのだろう。
そして開発期間についても「常時60FPS」を達成するために、
「開発を延期してまで様々な工夫を行った」ということだろう。

■一言
・今回の考察でモンスターハンター4における謎が解明し、
「なぜMH4は開発期間や人数が十分なのにMH3Gよりグラフィックを落としたのだろうか」や、
「ニンテンドー3DSカンファレンスのMH4のコンセプト映像のグラフィックは何だったか」の、
理由がわかり「MH4は立体視ONかつマルチプレイ中にも常時60FPSを目指した」ということが、
確実とはいえないが十分納得できる考察の結果が出て、
ようやくMH、MHPチームが本当に目指したかったことが分かったような気がする。

初のAMD Kabini搭載のMini-ITXマザーボードをECSが発表

■ECS 初のAMD Kabini搭載のマザーボードを発表
・PC WatchによるとECSが初のAMD Kabini搭載Mini-ITXマザーボード「KBN-I/5200」を発表した。
マザーボードにはAMD A6-5200が搭載されておりクロックは2GHz、「Radeon HD 8400相当」の、
GPUコアを内蔵しておりTDPが25Wとなっている。
詳しい内容はソース元のPC Watchにて調べよう。
(ソース元 PC Watch ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130619_604373.html)

AMD A-Series A10 5800K Black Edition ソケットFM2 TDP 100W 3.8GHz×4 GPU HD7660D AD580KWOHJBOX


E3 2013までに発表されたPS4、Xbox One向けのタイトルまとめ

■E3までに発表されたPS4とXbox One向けのタイトル数
・4GamerにてSCEのPS4、マイクロソフトのXbox One向けのタイトルラインナップがまとめられており、
PS4向けタイトルは「70本」、Xbox One向けタイトルは「51本」で、
エクスクルーシブタイトルはPS4は「8本」、Xbox Oneは「16本」となっている。
またPS4はインディーズゲームやフリートゥープレイ型ゲームなどの「広いビジネスモデルに対応」し、
Xbox Oneは「コアユーザーを対象」にしたエクスクルーシブタイトルが多い。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/999/G999903/20130621044/)

PlayStation 3 250GB チャコール・ブラック (CECH-4000B)


Xbox 360 250GB



任天堂 任天堂初のフリートゥープレイのゲームはスティールダイバーか

■任天堂 3DSソフト、スティールダイバーのフリートゥープレイ版を開発中
・4Gamerによると任天堂は3DSソフトのスティールダイバーを、
「基本プレイ料金無料」のフリートゥープレイタイトルとしてリリースするために、
「現在開発を進めている」という。
対応機種は今のところ不明ではあるがフリートゥープレイ版の、
スティールダイバーは、「最大4人のプレイヤーによるオンライン対戦」が考えられているようだ。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/113/G011336/20130619049/)

STEEL DIVER


Nvidia 新型のコアGK208を採用したと思われるGDDR5対応のGeforce GT 640等の情報

■Nvidia 新型Geforce GT 640とGeforce GT 630の新情報
・4GamerにてNvidiaのGDDR5版Geforce GT 640と、
Keplerアーキテクチャを採用したGeforce GT 630の情報が公開されている。
GT 640とGT 630はGK208を採用しているとされており、
性能面もGDDR5版GT 640はメモリクロックが5000MHz、TDPが49Wとなっており、
Kepler版GT 630はテクスチャユニットが32基、ROP数が16基か8基かに増えているとされ、
TDPが25Wとなっている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/160/G016083/20130621022/)

■一言
・今回発表されたNvidiaのグラフィックボードは製品名は同じだが、
性能はやや向上し消費電力効率も良くなっており完成度は上がっている。

MSI GeForce GTX660 搭載ビデオカード オーバークロックモデル オリジナルファン採用 日本正規代理店品 VD4776 N660GTX Twin Frozr III OC


最新ゲームのまとめその125 PS3、XBOX360等の新情報

■EA PS3/XBOX360/PC バトルフィールド4の発売日決定など
・Gamerによるとエレクトロニック・アーツはPS3、XBOX360、PC版バトルフィールド4の、
日本国内での発売日が2013年10月31日に決定したと発表し、
PS4とXBOX One版の発売も決定した事も明らかにした。
詳しい内容はソース元のGamerにて調べよう。
(ソース元 Gamer ttp://www.gamer.ne.jp/news/201306210032/)

■コーエーテクモゲームス PS3/PSVita 無双OROCHI2 Ultimateの発売を決定
・GAME WatchによるとコーエーテクモゲームスはPS3、PSVita用タクティカルアクションゲームである、
無双OROCHI2 Ultimateを9月に発売する予定としている。
詳しい内容はソース元のGAME Watchにて調べよう。
(ソース元 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130620_604557.html)

無双OROCHI 2 (通常版)


無双OROCHI 2 Special


任天堂 Wii U版メトロイドのアイデアをレトロスタジオと交わす

■Wii U版メトロイドのアイデアを交し合う任天堂とレトロスタジオ
・インサイドによると任天堂とレトロスタジオのスタッフの間で、
「メトロイドシリーズをWii Uで出すならどうするか」という話し合いがあったようだ。
この話し合いは「全て仮定のもの」ではあるのだが、
Wii U版のメトロイドとはどのようなものになるか楽しみである。
詳しい情報はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/06/20/67678.html)

■一言
・Wii U版のメトロイドがもし出ればやってみたいところだ。

メトロイド プライム ハンターズ


AMD デスクトップPC向けのRichlandの発売記念イベントを6月22日に開催予定

■AMD 新型APU Richlandの発売記念イベントを開催予定
・4GamerによるとAMDは「秋葉原のイベント会場」の「アキバナビスペース」にて、
新型APUの「Richland」のデスクトップPC向けモデルが発売になった事を受け、
その記念イベントである「BE INVINCIBLE - AMD Richland発売記念イベント」を、
2013年6月22日に開催すると予定した。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/133/G013372/20130619057/)

AMD A-Series A10 6800K Black Edition ソケットFM2 TDP 100W 4.1GHz×4 GPU HD8670D AD680KWOHLBOX


6月10日~6月16日の週間ソフト売上ランキング(2013年)

■任天堂の3DSソフト、ドンキーコング リターンズ 3Dが1位となったランキング
・4Gamerによると今週のランキングで新作は、
3DSソフトのドンキーコング リターンズ 3D(任天堂)で1位となり104,569本となり、
3位には超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼(スクウェア・エニックス)となった。
また3DSソフトのトモダチコレクション 新生活(任天堂)が2位で42,372本売り上げ、
4位には3DSソフトのルイージマンション2(任天堂)で、
5位には3DSソフトのとびだせ どうぶつの森(任天堂)となっている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/117/G011794/20130619075/)

ドンキーコング リターンズ 3D


キャッシュ、インデックス関係の不具合について

■改善が難しい現在の不具合について
・「一昔前のデジタル世代」のキャッシュとインデックス関係に不具合があり、
キャッシュ内容が2013年6月18日のままになっていることと、
6月14日以降のブログ内容が検索結果に出なくなる不具合があり、
現在のところ原因が不明なので対処する事は出来ませんが、
ブログ自体は更新し更新内容は一昔前のデジタル世代の掲示板でまとめています。

LGエレクトロニクス FLATRON 27EA33V-Bの性能、仕様、特徴

LGエレクトロニクス FLATRON 27EA33V-Bの性能、仕様
・画面サイズ27型、縦横比16:9、解像度1920x1080、応答速度5ms。
・コントラスト比1000:1(最大5000000:1)、視野角(垂直178度、水平178度)
・サイズ(幅641.4mm、高さ459.3mm、奥行き203.3mm)、消費電力30W、重量4.74kg。
・IPSパネル、表面処理ノングレア(非光沢)、輝度200cd/m2、表示色約1,670万色。
・画素ピッチ0.311mmx0.311mm、入力端子(D-Subx1、DVIx1、HDMI端子x1)
・バックライトLED、チルト機能(垂直角度調節機能)

■特徴
・ノングレアの27インチワイドモニター。
コストパフォーマンスが良い大型モニターである。
IPSパネルなので視野角が広いのが特徴となっている。

LG Electronics Japan 27インチ フルHD(1920×1080) AH-IPS液晶 LEDバックライト搭載モニター 27EA33V-B


セガ 3DS 3D エコー・ザ・ドルフィンの配信決定

■セガのメガドライブソフト、エコー・ザ・ドルフィンが3DSで復活
・4Gamerによるとセガは3DSで3D エコー・ザ・ドルフィンを、
2013年6月26日に配信すると発表した。
「原作は1993年にメガドライブで発売」されており、
イルカを操作し世界中の大海原を冒険するアクションアドベンチャーゲームとなっている。
本作で新たに追加された要素は3D立体視への対応、途中セーブ機能、
無敵状態でプレイ可能といったものである。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/221/G022179/20130619008/)

ASRock ZH77 Pro3の性能、特徴

ASRock ZH77 Pro3の性能、仕様
・フォームファクタATX、CPUスロットLGA1155、チップセットintel H77。
・メモリタイプDDR3-1600/1333/1066、メモリスロット数4個、最大メモリ容量32GB。
・PCI Express 3.0 x16(1本)、PCI Express 2.0 x4(x16形状、1本)
・PCI Express 2.0 x1(2本)、PCIスロット2本。
・背面端子USB 3.0 x4、USB 2.0/1.1 x10、SATA6.0G、サウンドRealtek ALC892。
・対応CPU(intel Core i7、i5、i3 3000/2000シリーズ)、幅305mm、奥行き193mm。
・内蔵グラフィック対応、CrossFire、HDMI。

■特徴
・H77チップセット搭載のマザーボード。
拡張性はそれなりで機能も揃っているコストパフォーマンス重視のマザーボード。

ASRock H77 ATX USB3.0 SATA3 ZH77 Pro3


最新ゲームのまとめその124 3DS、PSVita等の新情報

■コーエーテクモゲームス 3DS 信長の野望などを発売予定
・ファミ通によるとコーエーテクモゲームスは3DS版の、
信長の野望と三国志の最新作を2013年9月19日から発売する予定である。
詳しい内容はソース元のファミ通にて調べよう。
(ソース元 ファミ通 ttp://www.famitsu.com/news/201306/14035014.html)

■コーエーテクモゲームス PSP/PSVita 討鬼伝の新たな体験版
・ファミ通によるとコーエーテクモゲームスは討鬼伝の第2弾体験版を2013年6月18日から、
「PlayStation Store」にて配信を開始した。
内容は「製品版の序盤までをほぼまるごとプレイ」できるようになっている。
なお体験版のセーブデータは製品版に引き継ぐ事が出来る。
詳しい内容はソース元のファミ通にて調べよう。
(ソース元 ファミ通 ttp://www.famitsu.com/news/201306/18035143.html)

ニンテンドー3DS アイスホワイト


PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi-Fiモデル クリスタル・ブラック 限定版 (PCH-1100AB01)


AMD 新ドライバCatalyst 13.6 Beta2を公開

■AMD 細かな修正と最適化が行われた新ドライバを公開
・4GamerによるとAMDは新ドライバであるCatalyst 13.6 Beta2を公開した。
主な修正内容は「Richlandコア版」のA10・A8・A8・A6・A4シリーズAPUを搭載した環境に、
向けた「PCMark 8」および「PCMark 7」用の最適化と、
Radeonを搭載グラフィックボードからHDMI出力したときに、
「サウンド出力が欠落」する問題の修正が行われている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/022/G002212/20130617001/)

ディスプレイ IIYAMA ProLite XB2780HSU XB2780HSU-B1の性能、仕様、特徴

IIYAMA ProLite XB2780HSU XB2780HSU-B1の性能、仕様
・画面サイズ27型、縦横比16:9、解像度1920x1080、応答速度12ms(GTG 5ms)
・コントラスト比5000:1(最大5000000:1)、視野角(垂直178度、水平178度)
・サイズ(幅642mm、高さ548mm、奥行き250mm)、消費電力69W、重量7.6kg。
・VAパネル、表面処理ノングレア(非光沢)、輝度300cd/m2、表示色約1,677万色。
・画素ピッチ0.311mmx0.311mm、入力端子(D-Subx1、DVIx1、HDMI端子x1)
・バックライトホワイトLED、スピーカー搭載、チルト機能(垂直角度調節機能)
・スイーベル機能(水平回転機能)、ピボット機能(画面回転機能)

■特徴
・ノングレアの27インチワイドモニター。
垂直角度調節、水平回転、画面回転のモニターの調節機能や、
視野角が広いVAパネル、スピーカーを搭載しているなど様々な機能がある。

AMD 最大動作クロックが5GHzのCPU AMD FX-9590を発表

■AMD 非常に高クロックの5GHz、AMD FX-9590を発表
・4GamerによるとAMDは「第2世代AMD FXプロセッサ」の新製品である、
AMD FX-9590とAMD FX-9370を発表し「2013年夏から提供開始される」ようだ。
性能面はAMD FX-9590の最大コアクロックが5GHz、AMD FX-9370の最大コアクロックが、
4.7GHzとなっておりAMD FX-9590の最大動作クロックが5GHzというのが、
大きなインパクトとなっておりいずれも8コアとなっている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/189/G018967/20130612019/)

■一言
・5Ghzの高クロックで8コアのCPUとはいったいどれほどのパフォーマンスが出るのか。
詳細は今のところ分からないので新たな情報を待とう。

AMD CPU FXシリーズ FX-8350 FD8350FRHKBOX


AMD A-Series A10 5800K Black Edition ソケットFM2 TDP 100W 3.8GHz×4 GPU HD7660D AD580KWOHJBOX


据え置きゲーム機考察(第8世代)

■第八世代の据え置きゲーム機の特徴
・Wii Uは2012年12月に発売されPS4、XBOX Oneは2013年冬に発売されることとなっているが、
2013年6月現在に分かっている事をまとめてみることにした。
第八世代では第七世代機より性能が大幅に向上しフルHD画質に対応する事が予定されており、
SCEのPS4は高速メモリのGDDR5を搭載しコントローラーにタッチパッドなどを搭載し、
マイクロソフトのXbox Oneは新キネクトを本体に搭載しており精度なども向上している。
なお任天堂のWii UはWii U GamePadを使った二画面のゲームが出来る事が特徴であり、
スペック面もWiiより向上しHD画質に対応している。
また3機ともネットワークに対応している。

■第八世代の据え置きゲーム機の性能・売上順
・性能順
PS4 Pro>PS4>Xbox One>>>Wii U
(Wii UはXBOX360に近い性能を持つ)

・売上順
日本
PS4>Wii U>>>Xbox One

世界
PS4>>Xbox One>>Wii U

■PS4(プレイステーション4)の特徴
・性能面はAMDの8コアのCPU、Radeon HD 7850に近い性能を持ちDX11.1に対応したGPU、
メモリは8GBのGDDR5でBlu-ray Discを採用し第八世代の据置ゲーム機の中では、
最も高いパフォーマンスを持っている。
コントローラーには様々なボタン以外にもタッチパッドなどを搭載している。
またプレイステーション カメラは周辺機器となっている。

■PS4 Proの特徴
・PS4の上位機でPS4と比べCPUクロックが向上(1.6GHz→2.1GHz)、
GPUクロックが向上(800MHz→911MHz)しコア数が18基から36基に増量、
メモリクロックが5.5GHz相当から6.8GHz相当に向上し、
GDDR5メモリが8GBなのは変わらないがDDR3メモリが256MBから1GBへと増量している。
PS4と互換性を取るためにPS4 Pro専用のソフトは無い。
PS4 Proに対応しているソフトはPS4よりもFPSや解像度、描写等が強化され、
PS4 Proに対応していないソフトを動作した場合はPS4相当のスペックで動く。
またPS4 Proに対応していない一部のソフトでも、
ブーストモードを使った場合FPSやロード時間等が改善される。

■Xbox Oneの特徴
・性能面はAMDの8コアのCPU、Radeon HD 7000シリーズのGPUでDX11.1に対応、
メモリは8GBのDDR3でeSRAMを32MB搭載、Blu-ray Discを採用している。
基本的な性能はPS4に近いがPS4とは違いメモリにDDR3やeSRAMを採用している事や、
新キネクトを本体に内蔵しているのが特徴となっている。

■Wii Uの特徴
・性能は前世代機並かそれ以上となっており、
CPUはマルチコアを採用、DX10.1に対応したGPUを搭載、メモリは2GBとなっており、
Wii U専用のディスクの容量はBlu-ray Discの片面一層と同じ25GBとなっている。
大きな特徴はWii U GamePadでありGamePadだけで遊べるゲームや、
テレビとGamePadの両方を使って遊ぶ事が出来るゲームが存在し他にも様々な特徴を持っている。
またWiiとの互換性もありWii UでWiiのソフトを遊ぶ事も可能である。

AMD Radeon HD 7990 性能

■性能
・コアクロック1000MHz、メモリクロック6000MHz、メモリバス幅384*2bit。
・シェーダユニット数2048*2基、テクスチャユニット数128*2基、ROP数32*2基。
・DirectX11.1対応、TDP不明、外部電源8pin*2

■特徴
・Radeon HD 7000シリーズのデュアルGPU。
外部電源が二つ必要な上に8pin*2という仕様なため電源ユニットを選ぶカードとなっているが、
性能と消費電力が非常に高くRadeon HD 6990の性能を大きく超えており消費電力も高くなっている。
また冷却性能が高いのも特徴となっている。

■パフォーマンス
・推奨環境以上のPCゲームタイトル。
(S.T.A.L.K.E.R.:Call of Pripyat、Battlefield 3、Skyrim、Sid Meier's Civilization V、DiRT 3等)

MSI R7990-6GD5 Radeon HD7990 搭載 グラフィックスボード 日本正規代理店品 VD5082 R7990-6GD5


バンダイナムコゲームス PSP、PSVita ゴッドイーターの新要素 銃形態の新要素などについて

■武器を使い込む事であらゆる攻撃アクションが進化する要素
・GAME WatchによるとバンダイナムコゲームスがPSP、PSVitaで発売予定の、
ゴッドイーター2の新要素、「ブラッドバレット」と「ブラッドアーツ」を公開した。
簡単に書くと攻撃アクションがプレイを重ねるうちにブラッドアーツに進化し、
使い込むほどに成長したり覚醒したりする。
そしてゴッドイーター2の体験版の配信が決定しPSVita版は7月25日、PSP版が8月1日より、
配信される予定となっている。
詳しい内容はソース元のGAME Watchにて調べてみよう。
(ソース元 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130613_603577.html)

■一言
・攻撃が進化したり成長するということはたとえ武器が同じであっても、
自分に合った攻撃方法をカスタマイズでき戦略の幅が広まるという特徴がある。

キャッシュ関連の不具合が発生その6

■キャッシュ関連の不具合内容について
・「一昔前のデジタル世代」のキャッシュ関連に不具合が発生しており、
「一昔前のデジタル世代」の検索結果でのキャッシュ内容が更新されず、
キャッシュ内容が6月11日のままになっている不具合がありますが、
ブログ自体は更新していますので原因が分かり次第修正します。

最新ゲームのまとめその123 Xbox One、Wii U等の新情報

■スクウェアエニックス FF15とキングダムハーツ3はXbox Oneにも発売予定
・ファミ通によるとスクウェアエニックスはPS4で発売される予定の、
ファイナルファンタジー15とキングダムハーツ3はXbox Oneにも発売すると発表した。
Xbox Oneに対応する理由についてはDirectX 11を採用しているPS4とXbox Oneへの、
移植が容易にできるためと明かしている。
詳しい内容はソース元のファミ通にて調べよう。
(ソース元 ファミ通 ttp://www.famitsu.com/news/201306/12034789.html)

■任天堂 公式サイトで2013年6月移行に発売される予定のソフトを紹介
・任天堂は公式にて任天堂ソフトウェアラインナップを公開した。
任天堂ソフトウェアラインナップではニンテンドーダイレクト E3 2013や、
E3 2013で出展された「2013年6月以降」に発売される予定のソフトの情報を中心に紹介している。
詳しい情報はソース元の任天堂にて調べよう。
(ソース元 任天堂 ttp://www.nintendo.co.jp/software_lineup/index.html)

■任天堂 Wii U/3DS 大乱闘スマッシュブラザーズで新キャラクターを公開
・任天堂はWii U/3DSで発売される予定の大乱闘スマッシュブラザーズの新情報を公開した。
今回登場する新キャラクターはどうぶつの森のキャラクターである「むらびと」や、
カプコンのロックマンシリーズのキャラクター、「ロックマン」、
そしてWii Fitのキャラクター、「Wii Fit トレーナー」が登場している。
詳しい情報はソース元の任天堂にて調べよう。
(ソース元 任天堂 ttp://www.smashbros.com/jp/)

■一言
・スクウェア・エニックスの今回の発表でPS4からXbox One、Xbox OneからPS4の移植が、
容易であることが明らかとなり次世代でもPS3とXBOX360のマルチが数多くあったように、
PS4とXbox Oneのマルチがこれから数多く出ることになりそうだ。

AMDのRadeon HD 8770を搭載されたデスクトップPCが発売

■AMD 新型GPU Radeon HD 8770を搭載したPCが発売
・PC WatchによるとAMDの新型GPUであるRadeon HD 8770が搭載された、
デスクトップPCが発売されていることが明らかとなっている。
Radeon HD 8770が搭載されているデスクトップPCは、
ミニタワー型の「LUV MACHINES」シリーズの「Lm-RA300X」、「Lm-RA300X」、
ミドルタワーの「MDV ADVANCE」シリーズの「MDV-RZ7000S」等となっている。
詳しい内容はソース元のPC Watchにて調べよう。
(ソース元 PC Watch ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130606_602533.html)

■一言
・現在Radeon HD 8770の性能は今のところ分からないが、
型番からしてRadeon HD 8000シリーズのミドルクラスと見て間違いは無いだろう。

SCE PS4向けのタイトルを多数発表 ファイナルファンタジーの新作も

■SCE PS4に多数のタイトルを発表、ファイナルファンタジー15やキングダムハーツ3も発表される
・SCEはE3 2013のプレスカンファレンスにてPS3、PS4、PSVitaの新情報を公開した。
PSVitaは2013年「インディーや小規模なデベロッパ」が増えており、
PSVita用に「85タイトル以上が2013年末」までに提供される。
またPS4はPSVitaと「アーキテクチャレベルで連携できる」ようだ。
次にPS3の新作情報などが公開され、PS4の本体やソフトなどの新情報を公開し、
PS4ロンチの初年度に「20タイトルを投入予定」で12タイトルは新規タイトルである。
PS4で発売予定の主なタイトルはキルゾーン シャドウフォールやドライブクラブ、
「Knack」やインファマス セカンドサンとなっており、
スクウェア・エニックスはファイナルファンタジー ヴェルサス13のタイトルを、
ファイナルファンタジー15に変更しPS4で発売予定となりキングダムハーツ3もPS4で発売予定となった。
またそのほかにも多数のタイトルが発表されている。
詳しい情報はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130610053/)

ファイナルファンタジーXIII


キングダム ハーツ -HD 1.5 リミックス-


KILLZONE 3


PlayStation 3 250GB チャコール・ブラック (CECH-4000B)


マイクロソフト E3 Xbox Oneなどの新タイトルを発表

■マイクロソフト Xbox Oneなどの新情報
・GAME WatchによるとマイクロソフトはXbox One向けのソフト等を多数発表した。
マイクロソフトの「Halo Xbox One」や「Forza Motorsport 5」等のタイトルや、
サードタイトルはメタルギアソリッド5 ザ・ファントムペイン(コナミ)が、
PS3、XBOX360、PS4、Xbox Oneで発売することが発表され、
バトルフィールド4(EA)はPS3、XBOX360、PS4、Xbox One、PCで発売される予定など、
様々なタイトルが多く発表されている。
詳しい情報やトレイラー等はソース元1とソース元2のGAME Watchにて調べよう。
(ソース元1 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130611_603071.html)
(ソース元2 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130611_603198.html)

Forza Motorsport 4 Xbox360 プラチナコレクション


Halo 4 (通常版)


Xbox 360 250GB


Xbox 360 コントローラー (リキッド ブラック)


任天堂 E3 スマッシュブラザーズやマリオカートなどの新作を発表

■任天堂 ニンテンドーダイレクトで様々な新作を発表
・GAME Watchによると任天堂はニンテンドーダイレクトでWii Uや3DSのソフトの、
最新情報を数多く発表した。
3DSの最新情報は「ポケットモンスターX・Y」の発売日が10月12日に予定され、
新ポケモンが登場するだけではなく新たなタイプ「フェアリー」が追加されたり、
様々な新要素が追加されている。

・Wii Uで2013年末に発売予定の「スーパーマリオ 3Dワールド」は、
3Dマリオで最大4人のマルチプレイが可能で、
操作できるキャラは「マリオ」、「ルイージ」、「キノピオ」「ピーチ」であり、
キャラクターごとの特徴を持っており他にも新要素がある。
またこれには関係ないがスーパーマリオUSAで操作できるキャラと同じとなっている。

・Wii Uのマリオカート最新作で2014年春発売予定の「マリオカート8」の新要素は、
「反重力」という新要素を取り入れており「垂直にそそり立つ壁を登ったり、
真っ逆さまの状態で天井を走る」など今までのマリオカートには無い立体的なコースを採用しており、
これまでのシリーズ作のバイク、水中、滑空などの要素もある。

・また他にもWii Uのタイトルの発売日が決定されており、
「ゼルダの伝説 風のタクト HD」は9月26日、「The Wonderful 101」は8月24日、
「Wii Party U」、「Wii Fit U」は2013年で「ベヨネッタ2」、
「モノリスソフト最新作」は2014年などとなっている。
また「ドンキーコング トロピカルフリーズ」も発表されたが発売日は未定。

・そしてWii U/3DSソフトの「大乱闘スマッシュブラザーズ」が2014年に発売予定で、
新キャラクターである「むらびと」とカプコンのキャラクターである「ロックマン」が、
参戦する事が明らかとなっており公式サイトもオープンされている。
詳しい情報はソース元のGAME Watchにて調べよう。
(ソース元 GAME Watch ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130612_603247.html)

■一言
・ついに発表されたスマッシュブラザーズの新作。
出来れば大乱闘スマッシュブラザーズDXで登場したロイやミュウツーなどのキャラも登場して欲しい。

大乱闘スマッシュブラザーズX


マリオカート7


ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D


Wii U プレミアムセット kuro (WUP-S-KAFC)


SCE PS4の本体の公開、価格も予定される

■SCE 特徴的なデザインのPS4の本体公開、価格も予定される
・4GamerによるとSCEはPS4の本体を公開し価格も予定した。
PS4の本体デザインは非常に特徴的で「角張った形状」、
「光沢とマット地のツートン」、「青色で光るライン」が特徴となっている。
本体正面は4つのブロックに分かれているように見えるがデザイン上のものであり、
本体背面は吸気と排気を行う部分と各端子などが搭載され、
本体側面は「平行四辺形」に近く、正面だと「長方形」に近いデザインである。
また重量も2.8kgでサイズが幅275mm、高さ53mm、奥行き305mmでそれほど重く無く大きくは無い。
価格は「北米市場」で「399ドル」、ユーロ圏で「399ユーロ」、英国で「349ドル」で、
日本での価格は「後日あらためて案内がある」ようだ。
本体デザインなどの詳しい情報はソース元1(4Gamer)で、
価格などの詳しい情報はソース元2(4Gamer)にて調べよう。
(ソース元1 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130611012/)
(ソース元2 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130611028/)

■一言
・PS4の本体は非常に特徴的であり見る位置によっては別の形に見えるが、
本体の大きさはそれほど大きくなく重量もそれほど無いため、
初期のPS3よりかなり軽くやや小さいといったところでデザインを重視しつつも、
意外とコンパクトに出来ている。

エレコム TK-FCM007の性能、仕様、特徴

エレコム TK-FCM007の性能、仕様
・タイプ(メンブレン式)、ケーブル(有線、1.5m)
・キーピッチ19mm、サイズ(幅445mm、高さ25mm、奥行き145mm)
・キーレイアウト日本語109、インタフェースUSB、重さ約550g。
・ホットキー3種類搭載。

■特徴
・メンブレン式の有線ケーブルキーボード。
基本的な機能とホットキーを搭載したキーボード。
コストパフォーマンスが高いのが特徴。

最新ゲームのまとめその122 PS3、XBOX360等の新情報

■PS3/XBOX360/Wii U バットマン:アーカム・ビギンズ 国内でも2013年冬に発売予定
・インサイドによるとワーナー・ホーム・ビデオは「バットマンシリーズ」の最新作、
「バットマン:アーカム・ビギンズ」を日本国内でもPS3、XBOX360、Wii Uで発売すると発表した。
詳しい内容はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/06/08/67246.html)

■コーエーテクモゲームス YAIBA:NINJA GAIDEN Zの対応プラットフォーム発表など
・インサイドによるとコーエーテクモゲームスのゲームであるYAIBA:NINJA GAIDEN Zが、
PS3、XBOX360でリリースされる事が正式発表されティザーサイトもオープンした。
詳しい内容はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/06/10/67278.html)

ロジクール Marathon Mouse M705rの性能、仕様、特徴

ロジクール Marathon Mouse M705rの性能、仕様
・タイプ(レーザーマウス)、ケーブル(ワイヤレス)
・サイズ(幅70mm、高さ40.5mm、奥行き109mm)、重さ135g(電池含む)
・ボタン8個、インタフェースUSB、解像度1000dpi、操作距離約10m。
・単三型乾電池2本(電池寿命最大3年)
・チルトホイール。

■特徴
・ワイヤレスのレーザーマウス。
電池の持ちが非常に良いのが特徴のマウスである。
ホイールやホイールボタンなどの操作性がそれほどではないことを除けば、
機能性はそれなりでデザインは良い。

LOGICOOL ワイヤレスマウス マラソンマウス Unifying対応レシーバー採用 M705r


バンダイナムコゲームス PS3 鉄拳レボリューション 発表

■鉄拳シリーズに基本プレイ無料の鉄拳レボリューションが発表される
・ファミ通によるとバンダイナムコゲームスの格闘ゲームである鉄拳シリーズに、
「基本プレイ無料」の鉄拳レボリューションが発表されPS3で6月12日に配信予定となっており、
トレイラーも公開されている。
トレイラーの内容によるとキャラの成長要素やスペシャルアーツ、クリティカルアーツという、
特殊技システムも実装されるようだ。
詳しい内容はソース元のファミ通にて調べよう。
(ソース元 ファミ通 ttp://www.famitsu.com/news/201306/09034627.html)

■一言
・格闘ゲームに成長要素というものが組み合わさった鉄拳レボリューション。
キャラクター自体を強くするという事はたとえ実力が無いユーザーでも、
実力があるユーザーに勝ててしまう事があるが果たしてそれが、
ユーザー同士の本当の実力のぶつかり合いになるかどうかが心配になるが、
そのあたりについては続報を待つべきだろう。

鉄拳タッグトーナメント2


PlayStation 3 250GB チャコール・ブラック (CECH-4000B)


ASRock H61M-VG3の性能、特徴

ASRock H61M-VG3の性能、仕様
・フォームファクタMicroATX、CPUスロットLGA1155、チップセットintel H61。
・メモリタイプDDR3-1600/1333/1066、メモリスロット数2個、最大メモリ容量16GB。
・PCI Express 3.0 x16(1本)、PCI Express 2.0 x1(1本)
・背面端子USB 2.0 x4、SATA3.0G、サウンドRealtek ALC662。
・対応CPU(intel Core i7、i5、i3 3000/2000シリーズ)、幅191mm、奥行き170mm。
・内蔵グラフィック対応。

■特徴
・H61チップセット搭載のマザーボード。
積層セラミックコンデンサを採用しており耐久性、応答性能が高く、
MicroATXの中で非常に小型なのが特徴。

3DS モンスターハンター4 オリジナルデザインのアタッチメントが9月14日に発売予定

■HORI モンスターハンター4を快適に遊べるアタッチメントを発売予定
・ファミ通によるとHORIはカプコンが2013年9月14日に発売する予定の3DSソフト、
モンスターハンター4を快適に遊ぶためのアタッチメント、
「モンスターハンター4ハンティングギアfor ニンテンドー3DS リオレウス レッド」と、
「モンスターハンター4ハンティングギアfor ニンテンドー3DSLL ゴア・マガラ ブラック」を、
2013年9月14日に発売予定である。
詳しい内容はソース元のファミ通にて調べよう。
(ソース元 ファミ通 ttp://www.famitsu.com/news/201306/08034314.html)

【3DS LL用】モンスターハンター4 ハンティングギア for ニンテンドー3DS LL ゴア・マガラ ブラック


【3DS用】モンスターハンター4 ハンティングギア for ニンテンドー3DS リオレウス レッド


最新ゲームのまとめその121 PS3等の新情報

■コナミ PS3 ZONE OF THE ENDERS HD EDITIONのパッチなどの情報
・インサイドによるとコナミはPS3版のZONE OF THE ENDERS HD EDITIONの、
「処理落ち&グラフィック改善パッチの配信と、パッチ適用済みパッケージ版の発売。」を、
2013年7月25日に決定したと発表した。
詳しい内容はソース元のインサイドにて調べよう。
(ソース元 インサイド ttp://www.inside-games.jp/article/2013/06/06/67184.html)

■カプコン PSVita ドラゴンズドグマ クエストを発表
・4GamerによるとカプコンはPSVita用のソフトである、
ドラゴンズドグマ クエストを2013年秋に配信すると発表した。
本作は基本料金無料(アイテム課金制)のダウンロードタイトルであり、
2DタイプのRPGとなっており公式サイトもオープンされている。
詳しい内容はソース元の4Gamerにて調べよう。
(ソース元 4Gamer ttp://www.4gamer.net/games/219/G021931/20130606006/)

Z.O.E. PlayStation 2 the Best


ANUBIS ZONE OF THE ENDERS SPECIAL EDITION (通常版)


ZONE OF THE ENDERS HD EDITION (通常版)


リボルテックヤマグチ No.120 ジェフティ&ベクターキャノン


ロジクール M187の性能、仕様、特徴

ロジクール M187の性能、仕様
・タイプ(光学式マウス)、ケーブル(ワイヤレス)
・サイズ(幅49.4mm、高さ31.8mm、奥行き81.9mm)、重さ53.7g。
・ボタン3個、インタフェースUSB、解像度1000dpi、操作距離約10m。
・単四型乾電池1本(電池寿命最大6ヶ月)
・着脱式レシーバ。

■特徴
・ワイヤレスの光学式マウス。
非常に小型なので持ち運ぶのに便利となっている。
また非常に軽量で操作性もそれなりに良い。

ロジクール ワイヤレスミニマウス M187 ブラック M187BK


ロジクール ワイヤレスミニマウス M187 ホワイト M187WH


ASRock Z77 Extreme6の性能、仕様、特徴

ASRock Z77 Extreme6の性能、仕様
・フォームファクタATX、CPUスロットLGA1155、チップセットintel Z77。
・メモリタイプDDR3-1600/1333/1066、メモリスロット数4個、最大メモリ容量32GB。
・PCI Express 3.0/2.0 x16(2本)、PCI Express 2.0 x16(x4モード、1本)
・PCI Express 2.0 x1(2本)
・背面端子USB 3.0 x2、USB 2.0/1.1 x6、SATA6.0G、サウンドRealtek ALC898。
・対応CPU(intel Core i7、i5、i3 3000/2000シリーズ)、幅305mm、奥行き244mm。
・内蔵グラフィック対応、SLI、CrossFire、HDMI。
・DDR3 2800+(OC)に対応している。

■特徴
・Z77チップセット搭載のマザーボード。
主な特徴はゴールドコンデンサを採用しており安定性等が向上、
除湿機機能、DDR3 2800+(OC)に対応するなど様々な機能を備えている。

ASRock Z77 ATX Z77 Extreme6


最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(4/30現在)

人気PCパーツ2(4/30現在)

人気PCパーツ3(4/30現在)

人気アニメ(6/25現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報や、
レビュー等の情報を、
記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

スマートフォン版へ移動
メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
PCパーツ比較2018年版
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(12/22現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数