FC2ブログ

レキサーメディア LSDMI64GBBAP633A 64GBの大容量、UHS-I Class3で高速

レキサーメディア LSDMI64GBBAP633Aの性能、仕様
・種類microSDXCメモリーカード、容量64GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class3)
・ビデオスピードクラス(V30)
・最大書き込み速度45MB/s、最大転送速度95MB/s。

■特徴
・容量が64GBのmicroSDXCメモリーカード。
容量が高く転送速度も早いのが特徴となっている。

Lexar(レキサー) Lexar High-Performance 633x microSDXC UHS-I カード [64GB] LSDMI64GBBAP633A / 最大読込速度95MB/秒、最大書込速度45MB/秒


感想(0件)


レキサーメディア LSDMI32GBBAP633A 32GBの容量、UHS-I Class1で高速

レキサーメディア LSDMI32GBBAP633Aの性能、仕様
・種類microSDHCメモリーカード、容量32GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class1)
・ビデオスピードクラス(V10)
・最大転送速度95MB/s。

■特徴
・容量が32GBのmicroSDHCメモリーカード。
転送速度が早いのが特徴となっている。

レキサー Lexar High-Performance 633x microSDHC カード 32GB LSDMI32GBBAP633A


感想(0件)


SIEの次世代携帯機が存在しない理由、据置機に絞った理由まとめ

■これまでの考察まとめ
・これまでSIEの次世代携帯機が出るかどうかの考察をしてきたが、
市場や状況、情報等を考えてみたところどうしてもSIEが次世代携帯機を出すのは現実的ではなく、
「次世代携帯機をスマートフォンとして見ている」というのが有力という答えが出た。
そこでSIEが携帯機をPSVitaを最後とし次世代携帯機を出さない理由をまとめた。
しかしこれは個人的な考察なため鵜呑みにしないほうが良いが、
少なくともSIEがこれから従来の形で新たな携帯機を出すのは難しく、
出したとしても成功する可能性は極めて低い事だけは確実といえるだろう。

■関連情報
SIE 携帯機の後継機が出るかどうか?
SIE 携帯ゲーム機の後継機が出た場合のスペックの予測
SIE携帯機の後継機の可能性と携帯ゲーム機のこれからについて

■SIEは据置で実力を発揮できるが携帯機では本来の実力を出せない
・SIEのファーストソフトは全て据え置き向きで携帯機では本来の実力が出せない。
そのため新たな携帯機を出したとしても十分なクオリティを引き出せず、
これならPS4の方が良いどころか後々PS5が出るだろうからすぐに陳腐化すると思われるため、
結果を上手く出せなかったPSVitaより結果が悪くなる可能性が非常に高い。

■Nintendo Switchのサードソフト売上は1割程度しかない=携帯機需要が少ない
・前の世代までは携帯機にもサードタイトルの需要があり、
SIEも携帯機を出す必要性があったが現在は携帯機のサードタイトルの需要が少なく、
SIEが新たな携帯機を出してもソフト面には全く期待が出来ない。

・そういう携帯機市場にわざわざSIEがリソースを割いてまで携帯機を出し、
ソフトを出すという方法を取るのは無駄に近いといえる。
それならば据置機に力を入れていくのが無難といえよう。

・個人的にはPS3+α世代のゲームが出来る小型携帯機を見たいが、
わざわざごく一部のユーザーだけの為にSIEが新たな携帯機を出さないだろう。
結局は任天堂のNintendo Switchの強化版または次世代版が出ればいいだけであり、
仮にSIEが出したとしてもソフトが無いためスペックだけのただの箱になり意味がないだろう。

■SIEが新たに携帯機を出してもSwitchと同世代としかいえない性能になる
・ハードウェアについてもSwitchよりスペックを大幅に上げる事は出来ない。
その理由はハードウェアの発熱と電池の持ちが最大の理由となっており、
スペックを上げれば発熱に悩まされ電池の持ちが悪くなり携帯機として向かないものとなる。
そのためNintendo Switchは大型化し電池容量やスペックの問題を解消しつつ、
ファンを搭載することで発熱を抑えることが出来たが発熱、大きさの問題は完全には解消されていない。

・このことからSIEが新たな携帯ゲーム機を出すとすれば、
Switchの問題といえる発熱や大きさの問題を解消するのではないかと考えられる。

・しかし224~256GFLOPSの小型携帯機を実現したとしても、
Nintendo Switchには全く太刀打ちが出来ないのは明らかと言える。
SIE次世代携帯機のスペックの予測については、
SIE 携帯ゲーム機の後継機が出た場合のスペックの予測を見よう。

・その理由はSIEがそのスペックを実現したとしても、
Nintendo Switchと同世代のパフォーマンスしか出せないからである。
何故ならSwitchの任天堂ソフトであるヨッシークラフトワールドは、
TVモードで576p、60FPSベース(393.2GFLOPS時)、
携帯モードで396~495p、60FPSベース(157.2GFLOPS時)となっている。
もしそれと同程度の負荷のソフト(負荷が同等というだけで違うソフト)を作った場合、
Switchの携帯モードと比べ少し上の解像度または同等程度で、
据置モードと比べると低い解像度やパフォーマンスに留まる程度となってしまう。
そのためSIEが次世代携帯機を出したとしてもSwitchとさして変わらないパフォーマンスと考えられ、
ハードスペックにおいてSwitchと同世代となるためやはり前世代クオリティとなる。
ソース元 Eurogamer
(ttps://www.eurogamer.net/articles/digitalfoundry-2019-yoshis-crafted-world-unreal-engine-4-analysis)

・このためSIEが次世代携帯機を作ったとしても、
ハードスペック面においてSwitchより新たな世代にすることは非常に難しい。

■PSVitaの最終的な普及率がPSPより大幅に低く失敗している
・PSVitaの普及率がPSPより大幅に低く最終的には1610万台の売上にとどまった。
これはPSPの最終的な売上である8200万台の5分の1程度の売上となっており失敗したといえる。
しかもSwtichは2018年12月末時点で3227万台普及しておりすでに携帯機の席が無い状況となっている。
この状況で次世代携帯機を出したとしてもPSVitaより低い普及率にとどまるだろう。

■携帯機需要がほとんど無くスマートフォンに置き換えられている
・現在は携帯機需要がほとんど無くスマホに置き換えられており、
SIE自身もフォワードワークスを設立し昔のタイトルをスマホ向けに出しており、
既に携帯ゲーム機にはソフトを出していない状況となっている。

・また携帯機需要の低下に任天堂も苦しめられており現在はファースト、セカンドソフトの売上が、
Switchソフトの9割程度を占めているためサードソフトを購入するユーザーはほとんどいない。
そのため任天堂もスマホ向けにソフトを出すなど新たな道を模索している。

・このため携帯機をサードソフトに頼っているSIEにとって、
「次の携帯機を出さない」理由として十分すぎる証拠と言える。

■現在はサードソフトによる携帯機需要はほとんど無い
・現在ある程度の数のソフトがSwitchマルチまたは移植されているが、
大抵のソフトは据置版より結果が出ないどころか総合で前作より売れない結果になり、
専用でも上手く結果を出せない場合が多いという事になっている。
そのため携帯機市場は9割程度が任天堂のファースト、セカンドソフトの売上となっており、
サードの居場所がほとんど無い状況となっている。

・こういう状況で携帯機が今存在しているのは、
任天堂のファーストソフトがあるからであり、
これが無ければ今頃携帯機市場が終了してたのかもしれない。

・このような状況で据置でないと実力を上手く発揮できないSIEでは、
携帯機にソフトを出してもほとんどソフトが売れず失敗する可能性が高いといえる。

■成否に関わらずサードの携帯機ソフトはSwitchに移行しつつある
・ドラゴンクエスト11やゴッドイーター3等のタイトルが、
Switchに移植されることや国内外の旧作リマスターがSwitchに発表されている。
また最近ではある程度の作品がPS4/Switchマルチとなっている。

・この流れからするとサードにとっては「携帯機はNintendo Switchのみ」という事が、
既に伝わっておりSIEの次世代携帯機は存在しないのではないかと思われる。
つまりこれらの移植作品が成功するかしないかに関わらず、
サードはSwitchに携帯機ソフトを移行させたという証左といえる。

■SIEが次世代携帯機を今出しても遅すぎる時期となっている
・任天堂のNintendo Switchは2017年3月3日に発売されているが、
未だにSIEの次世代携帯機は発表すらされていない状況となっている。

・2019年4月現在、これからSIEの次世代携帯機が発表されたとしても、
発売日が2020年以降となるためSwitchから3年以上遅れるスタートとなる。
Switchは2018年12月末時点で3227万台となっており十分普及しているといえるため、
これからSIEが次世代携帯機を出したとしても見向きされない可能性が非常に高い。

■任天堂がもし携帯機市場から撤退すれば「携帯ゲーム=スマホ」になる
・もしもの話ではあるが任天堂が携帯ゲーム機市場から撤退する事になれば、
その時点で従来の携帯ゲーム機市場は完全に消滅するのは確実といえよう。
こうなると「携帯機=スマホ」に完全に統一されゲーム専用機は据置機に絞られることになる。
そして本格的で最先端のゲームが出来るSIEのPSを中心にした据置機と、
いつでも手軽にある程度のゲームが出来るスマホに分かれる時代が来るのだろう。

■総評
・これらの状況からするとSIEはPSVitaの販売終了で純粋な携帯機を終了させており、
スマホを次世代携帯機と捉え既に動いている可能性は非常に高いだろう。

・これからSIEが新たに携帯機を出してもソフトが無く普及させる事は非常に難しく、
すでに携帯機市場が縮小しているためサードにも全く期待が出来ない。
あとハードスペックにおいても大きなアドバンテージがあるとはいえず、
後発のスペックが確実に高いというメリットを活かすことは不可能に近い。

・そもそもSwitchが十分に普及しており今更出したとしても、
Switchにこれから出てくるポケットモンスター等のキラータイトルに、
全て話題を取られるだけで完全に無駄になるのは見えている。

・だが市場規模が大きい据置機市場でSIEは大成功しており、
PS4の次世代機も大いに期待できる状況なため、
「前世代」とされスマートフォンに置き換えられる運命である、
携帯機市場には新たな携帯機を出す必要性が無いという判断をしたのかもしれない。
個人的にはSIEは余裕があるのだから新たな携帯機を出しても問題ないが、
企業は遊びではないのだからそういう簡単な理由で出して失敗し、
単に赤字を出しては金をドブに捨てるような事なため、
企業的には市場の大きい据置機に絞るのは正解といえるだろう。

・2019年4月現在一応SIEは携帯機市場からは撤退してはいないものの、
このような状況からすればSIEはPSVitaで従来の携帯機の形は終了する可能性が高い。
そのため「PSVita後継機が出ないのは当たり前、出たら出たか」程度に済ますのが良いだろう。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7200BB01)【Amazon.co.jp限定】アンサー 縦置きスタンド付 & オリジナルカスタムテーマ (配信)


PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)


ADATA AUSDH32GUICL10A1-RA1 32GBの容量

ADATA AUSDH32GUICL10A1-RA1の性能、仕様
・種類microSDHCメモリーカード、容量32GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class1)
・ビデオスピードクラス(V10)
・最大転送速度100MB/s、最大書込速度25MB/s。

■特徴
・容量が32GBのmicroSDHCメモリーカード。
書き込み速度はそれほどではないが安価なのが特徴。

ADATA Technology Premier microSDXC/SDHC UHS-I Class10 V10 A1 32GB


ADATA AUSDX64GUICL10A1-RA1 64GBの容量

ADATA AUSDX64GUICL10A1-RA1の性能、仕様
・種類microSDXCメモリーカード、容量64GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class1)
・ビデオスピードクラス(V10)
・最大転送速度100MB/s、最大書込速度25MB/s。

■特徴
・容量が64GBのmicroSDXCメモリーカード。
書き込み速度はそれほどではないが安価で大容量なのが特徴。

ADATA Technology Premier microSDXC/SDHC UHS-I Class10 V10 A1 64GB


ADATA AUSDX128GUICL10A1-RA1 128GBの大容量

ADATA AUSDX128GUICL10A1-RA1の性能、仕様
・種類microSDXCメモリーカード、容量128GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class1)
・ビデオスピードクラス(V10)
・最大転送速度100MB/s、最大書込速度25MB/s。

■特徴
・容量が128GBのmicroSDXCメモリーカード。
書き込み速度はそれほどではないが安価で大容量なのが特徴。

ADATA Technology Premier microSDXC/SDHC UHS-I Class10 V10 A1 128GB


ADATA AUSDX256GUICL10A1-RA1 256GBの大容量

ADATA AUSDX256GUICL10A1-RA1の性能、仕様
・種類microSDXCメモリーカード、容量256GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class1)
・ビデオスピードクラス(V10)
・最大転送速度100MB/s、最大書込速度25MB/s。

■特徴
・容量が256GBのmicroSDXCメモリーカード。
書き込み速度はそれほどではないが安価で大容量なのが特徴。

サンディスク SDSDXXY-512G-GN4IN 512GBの大容量、高速

サンディスク SDSDXXY-512G-GN4INの性能、仕様
・種類SDXCメモリーカード、容量512GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class3)
・ビデオスピードクラス(V30)
・最大転送速度170MB/s、最大書き込み速度90MB/s。

■特徴
・容量が512GBのSDXCメモリーカード。
非常に大容量で転送速度が非常に早く読み込み速度も早いのが特徴。
しかし容量あたりの価格が高いのが欠点となっている。

SanDisk サンディスク Extreme Pro SDXC 512GB カード UHS-I 超高速U3 V30 Class10 4K対応[並行輸入品]


サンディスク SDSDXXY-256G-GN4IN 256GBの大容量、高速

サンディスク SDSDXXY-256G-GN4INの性能、仕様
・種類SDXCメモリーカード、容量256GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class3)
・ビデオスピードクラス(V30)
・最大転送速度170MB/s、最大書き込み速度90MB/s。

■特徴
・容量が256GBのSDXCメモリーカード。
非常に大容量で転送速度が非常に早く読み込み速度も早いのが特徴。
高い容量と速度を両立するユーザーにはお勧めできる。

SanDisk サンディスク Extreme Pro SDXC 256GB カード UHS-I 超高速U3 V30 Class10 4K対応[並行輸入品]


サンディスク SDSDXXG-128G-GN4IN 128GBの大容量、高速

サンディスク SDSDXXG-128G-GN4INの性能、仕様
・種類SDXCメモリーカード、容量128GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class3)
・ビデオスピードクラス(V30)
・最大転送速度170MB/s、最大書き込み速度90MB/s。

■特徴
・容量が128GBのSDXCメモリーカード。
大容量で転送速度が非常に早く読み込み速度も早いのが特徴。
高い容量と速度を両立するユーザーにはお勧めできる。

SANDISK(サンディスク) SDSDXXG-128G-GN4IN [128GB] (英語パッケージ) [並行輸入品]


サンディスク SDSDXXY-064G-GN4IN 64GBの大容量、高速

サンディスク SDSDXXY-064G-GN4INの性能、仕様
・種類SDXCメモリーカード、容量64GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class3)
・ビデオスピードクラス(V30)
・最大転送速度170MB/s、最大書き込み速度90MB/s。

■特徴
・容量が64GBのSDXCメモリーカード。
大容量で転送速度が非常に早く読み込み速度も早いのが特徴。
高い容量と速度を両立するユーザーにはお勧めできる。

SanDisk 64GB Extreme PRO UHS-I SDXC 170MB/s SDSDXXY-064G サンディスク 海外パッケージ品


グリーンハウス GH-SSDR2SA960の性能、仕様、特徴

グリーンハウス GH-SSDR2SA960の性能、仕様
・容量960GB、インターフェース(SATA 6GB/s)、サイズ2.5インチ。
・読み込み速度520 MB/s、書き込み速度450 MB/s、タイプTLC、厚さ7mm。

■特徴
・インターフェースがSATA 6GB/sの2.5インチSSD。
大容量で読み込み速度が早く安価なのが特徴のSSD。

グリーンハウス SSD 960GB 2.5インチ シリアルATA-III (6Gb/s)対応高速モデル 3年保証 GH-SSDR2SA960


グリーンハウス GH-SSDR2SA480の性能、仕様、特徴

グリーンハウス GH-SSDR2SA480の性能、仕様
・容量480GB、インターフェース(SATA 6GB/s)、サイズ2.5インチ。
・読み込み速度520 MB/s、書き込み速度450 MB/s、タイプTLC、厚さ7mm。

■特徴
・インターフェースがSATA 6GB/sの2.5インチSSD。
読み込み速度が早く安価なのが特徴のSSD。

グリーンハウス SSD 480GB 2.5インチ シリアルATA-III (6Gb/s)対応高速モデル 3年保証 GH-SSDR2SA480


サンディスク SDSDXV5-256G-GNCIN 256GBの大容量、高速

サンディスク SDSDXV5-256G-GNCINの性能、仕様
・種類SDXCメモリーカード、容量256GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class3)
・ビデオスピードクラス(V30)
・最大転送速度150MB/s、最大書き込み速度70MB/s。

■特徴
・容量が256GBのSDXCメモリーカード。
非常に容量が多く速度も早いのが特徴となっている。
またコストパフォーマンスも高いのが良い。

サンディスクExtreme 256GB【SDXCカードSDSDXV5-256G-GNCIN】最大R=150MB/s・V30・UHS-I U3・Class10・4K


感想(0件)


サンディスク SDSDXV5-128G-GNCIN 128GBの大容量、高速

サンディスク SDSDXV5-128G-GNCINの性能、仕様
・種類SDXCメモリーカード、容量128GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class3)
・ビデオスピードクラス(V30)
・最大転送速度150MB/s、最大書き込み速度70MB/s。

■特徴
・容量が128GBのSDXCメモリーカード。
非常に容量が多く速度も早いのが特徴となっている。
またコストパフォーマンスも高いのが良い。

サンディスクExtreme 128GB【SDXCカードSDSDXV5-128G-GNCIN】最大R=150MB/s・V30・UHS-I U3・Class10・4K


感想(0件)


サンディスク SDSDXV6-064G-GNCIN 64GBの容量、高速

サンディスク SDSDXV6-064G-GNCINの性能、仕様
・種類SDXCメモリーカード、容量64GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class3)
・ビデオスピードクラス(V30)
・最大転送速度150MB/s、最大書き込み速度60MB/s。

■特徴
・容量が64GBのSDXCメモリーカード。
容量が多く速度も早いのが特徴となっている。
またコストパフォーマンスも高いのが良い。

サンディスクExtreme 64GB【SDXCカードSDSDXV6-064G-GNCIN】最大R=150MB/s・V30・UHS-I U3・Class10・4K


感想(0件)


ESSENCORE KLEVV NEO U064GUC1U18-DK 64GBの容量

ESSENCORE KLEVV NEO U064GUC1U18-DKの性能、仕様
・種類microSDXCメモリーカード、容量64GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class1)
・最大転送速度10MB/s以上。

■特徴
・容量が64GBのmicroSDXCメモリーカード。
大容量で転送速度はそれなりに早いのが特徴。
しかし耐久性が低いのが欠点となっている。

ESSENCORE KLEVV microSDXC 64GB UHS-1 U1 Class10 / 永久保証 / SD変換アダプター付属 U064GUC1U18-DK-JP


ADATA AUSDH32GCL4-RA1 32GBの容量

ADATA AUSDH32GCL4-RA1の性能、仕様
・種類microSDHCメモリーカード、容量32GB、スピードクラス(Class4)
・最大転送速度14MB/s、最大書込速度5MB/s。

■特徴
・容量が32GBのmicroSDHCメモリーカード。
容量が多く安価なのが特徴となっている。
しかし転送速度、書き込み速度が遅いのが欠点となっている。

ADATA microSDHCカード 32GB Class4 AUSDH32GCL4-RA1


ESSENCORE KLEVV NEO U032GUC1U18-DK 32GBの容量

ESSENCORE KLEVV NEO U032GUC1U18-DKの性能、仕様
・種類microSDHCメモリーカード、容量32GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class1)
・最大転送速度10MB/s以上。

■特徴
・容量が32GBのmicroSDHCメモリーカード。
大容量で転送速度はそれなりに早いのが特徴。
しかし耐久性が低いのが欠点となっている。

ESSENCORE KLEVV microSDHC 32GB UHS-1 U1 Class10 / 永久保証 / SD変換アダプター付属 U032GUC1U18-DK-JP


東芝 SD-LU256G 256GBの大容量、高速

東芝 SD-LU256Gの性能、仕様
・種類SDXCメモリーカード、容量256GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class1)
・最大転送速度100MB/s。

■特徴
・容量が256GBのSDXCメモリーカード。
非常に容量が多く転送速度も早いのが特徴となっている。

東芝 SDXCメモリーカード 256GB Class10 UHS-I SD-LU256G


東芝 SD-LU128G 128GBの大容量、高速

東芝 SD-LU128Gの性能、仕様
・種類SDXCメモリーカード、容量128GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class1)
・最大転送速度100MB/s。

■特徴
・容量が128GBのSDXCメモリーカード。
非常に容量が多く転送速度も早いのが特徴となっている。

東芝 SDXCメモリーカード 128GB Class10 UHS-I SD-LU128G


東芝 SD-LU064G 64GBの容量、高速

東芝 SD-LU064Gの性能、仕様
・種類SDXCメモリーカード、容量64GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class1)
・最大転送速度100MB/s。

■特徴
・容量が64GBのSDXCメモリーカード。
容量が多く転送速度も早いのが特徴となっている。

東芝 SDXCメモリーカード 64GB Class10 UHS-I SD-LU064G


WESTERN DIGITAL WD Blue SN500 NVMe WDS500G1B0Cの性能、仕様、特徴

WESTERN DIGITAL WD Blue SN500 NVMe WDS500G1B0Cの性能、仕様
・容量500GB、インターフェースM.2(Type2280、PCI-Express 3.0 x2)
・サイズ(幅22mm、奥行き80mm)、厚さ2.38mm。
・読み込み速度1700 MB/s、書き込み速度1450 MB/s、タイプ3D TLC NAND。
・消費電力(アイドル時0.0025W)、NVM Express規格。

■特徴
・インターフェースがM.2のSSD。
非常に早い読み込み、書き込み速度を持ち安価なのが特徴となっている。

Western Digital/WD Blue SN500 NVMe SSD / 500GB / ハイパフォーマンス PC向け / WDS500G1B0C


トランセンド TS256GMTE220Sの性能、仕様、特徴

トランセンド TS256GMTE220Sの性能、仕様
・容量256GB、インターフェースM.2(Type2280、PCI-Express 3.0 x4)
・サイズ(幅22mm、奥行き80mm)、厚さ3.58mm。
・読み込み速度3500 MB/s、書き込み速度2800 MB/s、タイプ3D TLC NAND。
・NVM Express規格。

■特徴
・インターフェースがM.2のSSD。
非常に読み込み、書き込み速度が早く安価なのが特徴となっている。

トランセンド TS256GMTE220S [256GB PCIe SSD 220S M.2(2280)、NVMe PCIe Gen3 x4、3D TLC、キャッシュ 256MB、5年保証]


感想(0件)


WESTERN DIGITAL WD Blue SN500 NVMe WDS250G1B0Cの性能、仕様、特徴

WESTERN DIGITAL WD Blue SN500 NVMe WDS250G1B0Cの性能、仕様
・容量250GB、インターフェースM.2(Type2280、PCI-Express 3.0 x2)
・サイズ(幅22mm、奥行き80mm)、厚さ2.38mm。
・読み込み速度1700 MB/s、書き込み速度1300 MB/s、タイプ3D TLC NAND。
・消費電力(アイドル時0.0025W)、NVM Express規格。

■特徴
・インターフェースがM.2のSSD。
非常に早い読み込み、書き込み速度を持ち安価なのが特徴となっている。

Western Digital/WD Blue SN500 NVMe SSD / 250GB / ハイパフォーマンス PC向け / WDS250G1B0C


CFD CSSD-S6B960CG3VXの性能、仕様、特徴

CFD CSSD-S6B960CG3VXの性能、仕様
・容量960GB、インターフェース(SATA 6GB/s)、サイズ2.5インチ。
・読み込み速度550 MB/s、書き込み速度510 MB/s、タイプ3D NAND TLC、厚さ7mm。
・Smart ZIP採用。

■特徴
・インターフェースがSATA 6GB/sの2.5インチSSD。
圧縮技術であるSmart ZIPを採用し書き込み処理の効率化と、
耐久性を向上しているのが特徴となっている。
また容量が多くコストパフォーマンスが高いのも良い。

CFD販売 SSD 内蔵2.5インチ SATA接続 CG3VX シリーズ 960GB CSSD-S6B960CG3VX


CFD CSSD-S6B480CG3VXの性能、仕様、特徴

CFD CSSD-S6B480CG3VXの性能、仕様
・容量480GB、インターフェース(SATA 6GB/s)、サイズ2.5インチ。
・読み込み速度550 MB/s、書き込み速度510 MB/s、タイプ3D NAND TLC、厚さ7mm。
・Smart ZIP採用。

■特徴
・インターフェースがSATA 6GB/sの2.5インチSSD。
圧縮技術であるSmart ZIPを採用し書き込み処理の効率化と、
耐久性を向上しているのが特徴となっている。
またコストパフォーマンスが高いのも良い。

CFD販売 SSD 内蔵2.5インチ SATA接続 CG3VX シリーズ 480GB CSSD-S6B480CG3VX


CFD CSSD-S6B240CG3VXの性能、仕様、特徴

CFD CSSD-S6B240CG3VXの性能、仕様
・容量240GB、インターフェース(SATA 6GB/s)、サイズ2.5インチ。
・読み込み速度550 MB/s、書き込み速度510 MB/s、タイプ3D NAND TLC、厚さ7mm。
・Smart ZIP採用。

■特徴
・インターフェースがSATA 6GB/sの2.5インチSSD。
圧縮技術であるSmart ZIPを採用し書き込み処理の効率化と、
耐久性を向上しているのが特徴となっている。
またコストパフォーマンスが高いのも良い。

CFD販売 SSD 内蔵2.5インチ SATA接続 CG3VX シリーズ 240GB CSSD-S6B240CG3VX


東芝 EXCERIA MUH-E256G 256GBの大容量、UHS-I Class3で高速

東芝 EXCERIA MUH-E256Gの性能、仕様
・種類microSDXCメモリーカード、容量256GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class3)
・ビデオスピードクラス(V30)
・最大転送速度98MB/s、最大書込速度65MB/s。

■特徴
・容量が256GBのmicroSDXCメモリーカード。
非常に大容量で転送速度が早いのが特徴となっている。
しかしコストパフォーマンスが低いのが欠点となっている。

東芝 256GB・UHS Speed Class3(Class10)対応 microSDXCカード「EXCERIA(エクセリア)」(SD変換アダプタ付) MUH-E256G


感想(0件)


東芝 EXCERIA MUH-E128G 128GBの大容量、UHS-I Class3で高速

東芝 EXCERIA MUH-E128Gの性能、仕様
・種類microSDXCメモリーカード、容量128GB、スピードクラス(Class10)
・UHSスピードクラス(UHS-I Class3)
・ビデオスピードクラス(V30)
・最大転送速度98MB/s、最大書込速度65MB/s。

■特徴
・容量が128GBのmicroSDXCメモリーカード。
大容量で転送速度が早いのが特徴となっている。
しかしコストパフォーマンスが低いのが欠点となっている。

東芝 128GB・UHS Speed Class3(Class10)対応 microSDXCカード「EXCERIA(エクセリア)」(SD変換アダプタ付) MUH-E128G


感想(0件)


最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(6/7現在)

人気PCパーツ2(6/11現在)

人気PCパーツ3(9/27現在)

人気アニメ(6/25現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報や、
レビュー等の情報を、
記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

スマートフォン版へ移動
メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
PCパーツ比較2019年版
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(4/27現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数