夏本番、スプラトゥーン2に向けてNintendo Switchの冷却、熱対策を考える

■ほぼ全国的に真夏日、Nintendo Switchにスプラトゥーン2が発売される
・2017年7月21日、ほぼ全国的に30度を超える真夏日で、
地方によっては35度の猛暑日となりまさに夏が本番となっている。
そして本日はNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で、
スプラトゥーン2が発売されたため快適に遊ぶための冷却、熱対策を説明する。

■電子製品、PC、ゲーム機等の熱暴走について
・熱対策を説明する前にまずは熱暴走について説明する。
電子製品(特にPCやゲーム機)等は複雑かつ様々な処理を重ねる関係上、
CPUやGPU、電源等の部品が熱を持ちやすいが電子機器には熱が大敵である。
PCやゲーム機等の内部温度が高くなりすぎると発熱を抑えるために、
処理能力を低下させるため処理の遅延が起こったりエラーが起こる、
さらに状態が悪くなると電源が勝手に落ちたりフリーズする等の不具合が起こりやすくなる。
この熱暴走を繰り返すと電子製品の部品ダメージが蓄積されていき、
最終的に故障の原因となるためそうなる前に対策を取ったほうが良いだろう。

■Nintendo Switchの熱による症状の原因について
・Nintendo Switchの熱による症状の原因は、
主に高温の場所やエアコンの冷房の温度を高めに設定している場合、
熱がこもりやすく密閉された場所または狭い場所に設置している事が原因となっている。
他にもNintendo Switchに採用されている「Tegra X1ベース」のGPUの発熱が多いことや、
ドックに差し込んだ場合にGPUクロックが高く性能が高いTVモードとなり、
発熱が多くなることに加えドックで本体が密閉され熱がこもることや、
バッテリーパックの充電による発熱で不具合が起こりやすくなる。
主な症状は「本体の発熱で曲がる」、「TVモード時の発熱でドックが曲がる」、
「ディスプレイが浮き出てくる」等となっている。
これらの症状を防ぐには「熱対策や冷却をしっかりとする」事が重要であり、
TVモード、テーブルモード、携帯モードにおいて本体が熱くなっていないかどうかを、
しっかりと確認しながらそれに応じた熱対策を行っていく事が重要である。
また熱による症状や発熱量については本体の個体差により変わってくるので、
症状や発熱が起こるかどうかは本体や使用環境次第となってくるだろう。

■電子機器の熱対策の方法について
・Nintendo Switchに限らず様々な電子機器にいえることだが、
熱がこもりやすく密閉された場所または狭い場所に設置せず「広い場所に設置」する、
吸気、排熱ファンをこまめに掃除し冷却性を保つ事が重要である。
また長時間の使用で本体が熱くなりファンの音も異様に大きい場合は、
「一旦電源を落として少し休憩を取る」事も重要である。
また放熱性の高いメタルラックの上に設置しても効果がある。

■電子機器の冷却の方法について
・基本的にはエアコンの冷房で「室温を下げる」方法であり、
室温が低ければ低いほど電子機器の冷却がしやすくなり熱暴走の可能性が減る。
他にも扇風機、USB扇風機等の風を電子機器に「直接当てる」ことによって、
排熱の手助けができ発熱量が多い機器に有効となっている。

■Nintendo Switchに出来るその他の冷却、熱対策の方法について
・スマートフォンやNintendo Switch等に対応した、
ファンが搭載されているクーラースタンド(タイムリー BIGFAN80U-STANDY等)を、
使用することによりテーブルモード時での冷却性を向上させる事ができ、
冷房と組み合わせればかなりの効果が期待できる。
またタイムリー BIGFAN80U-STANDY等のタイプの場合、
スイッチ本体が浮く形となるためテーブルモードでも充電可能となる。

・他にもNintendo Switchの純正ドックの基盤を流用し、
ドックを小型化する「Myriann ニンテンドースイッチドック」があり、
本体を覆う構造ではないため発熱を減らす事ができ、
さらにドック着脱時に画面を傷つける心配が無くなるといったメリットがある。
しかし「任天堂の保証」が外れたりドックから外す際にドックを抑えながら外す必要がある、
ドックの端子を傷つける可能性がある等のデメリットもあるため使うのは自己責任で行おう。

■Nintendo Switchの熱対策の例
・どのモードにおいても冷房の適温(27~28度)より低めとなる、
25~26度またはそれ以下にしておいたほうが良いだろう。
また狭く密閉された場所に置かず空気の流れが良い開けた場所に置く必要がある。

・TVモードの時はGPUクロックが上昇しバッテリーが充電される状態となり、
発熱が多くさらにドックで本体が密閉されるため熱がこもりやすい状態となってしまう。
そのため扇風機またはUSB扇風機で本体に直接風が当たるようにする必要がある。
もしそれでも本体が熱い場合は冷房の温度を下げる、扇風機の風を強くするなど対策をする。
また「Myriann ニンテンドースイッチドック」を使えば、
上記のデメリットはあるものの熱がこもらなくなるため熱対策が楽になる。

・テーブルモードの時はTVモードの問題が無く発熱が少ない。
そのため冷房(25~26度)を付けた状態で扇風機または、
USB扇風機で本体に直接風が当たる状態にすれば十分冷却できる。
また「タイムリー BIGFAN80U-STANDY」等のファン付きクーラースタンドを使えば、
扇風機を使わなくても冷却可能かつ充電も出来るようになるためお勧めできる。

・携帯モードの時はテーブルモードと同じく発熱が少ないが、
持ち運ぶため扇風機、USB扇風機による冷却方法を使えない。
そのため高温ではない(25度以下)の状況で使うのをお勧めする。

■一言
・電子機器の熱対策には様々な方法があるが基本的には室温を下げる、こまめな掃除、
狭い場所や密閉された場所に置かず広い場所に設置する事で大体対策出来る。
しかしそれでも発熱が多く熱暴走する機器に対しては扇風機やメタルラック、
その機器に応じた冷却グッズ等を活用することが重要となってくるだろう。

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー


Splatoon 2 (スプラトゥーン2)


タイムリー スマートホン / タブレット / スイッチ 用 クーラースタンド [ BIGFAN80U (80mm角USBファン) 搭載 ] BIGFAN80U-STANDY


Keynice USB扇風機 卓上 クリップ型 静音 USBケーブル1.5m ミニ扇風機 風量2段階調節 360度角度調整 4枚羽根 USBファン - ブラック


Myriann Nintendo Switch ニンテンドースイッチドック 置換ケース 代わりケース 外殻 小型 携帯便利



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新の記事

検索フォーム

 
ゲーム発売・予定リスト(説明)
|HOME| Wii| 3DS| DS| PS3| PS2| PSP| PSV| XB360| PC| 情報|

リンク

最新コメント

このブログについて

■注意事項
本ブログを利用しての損失、損害、トラブルなどは一切責任を負いません。
本ブログ内の会社の名称・各製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各製作・運営会社に属します。
その他本ブログで制作された内容、サイト構成(画像、文章)等の著作権につきましては本ブログに帰属します。

リンクについて

現在、相互リンク募集中です。
まず、当ブログにリンクをお願いいたします。
リンク後、リンクしたことを当ブログの掲示板かコメント欄にてお知らせください。
こちらも、確認でき次第リンクいたします。

※下記に該当する方は相互リンクをお断りする場合があります。
・更新頻度が少ないブログorホームページ等
・取り扱いジャンルが極端に違うブログorホームページ等
・その他こちらが不適切だと判断したブログorホームページ等

フリーエリア

人気PCパーツ1(3/3現在)

人気PCパーツ2(9/29現在)

人気PCパーツ3(6/17現在)

人気アニメ(6/25現在)

人気ホビー(12/2現在)

プロフィール

Author:ZEN
最新のゲーム、PC情報やレビューなどの情報を記載していくブログです。
一ヶ月に30以上の記事を書くように心がけています。

メインカテゴリ
PC情報・PCパーツ性能比較表
その他パーツの性能比較等
検索フォーム
最新の記事
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
人気ゲームランキング(6/25現在)
現行・最新ゲーム機
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総来場者数